🌸さらすな日記🌸

🎆🎆🎆🎆🎆🎆🎆🎆🎆🎆

自分ちでくつろぐ

2017年04月30日 | 日記(2016/11~2017/06)

はぁ〜、自分ちはいいやね〜。
かぁさーん、ビールとカニしたらば持ってきて〜

あ、ども皆さま。
平和な日本でまたお会いできて良かったっす。
コメント (24)

他人のブログなんて

2017年04月30日 | 日記(2016/11~2017/06)
他人のブログなんて本当につまらないわね!
なんでもかんでもブログ主が絶対権力を持っていてさ!
なによ!
昔のひ~さんのブログってこんな感じだったわよ?
確かリーマンさん批判だったと思うわ。

何の発言に対する批判かは忘れたけど、ちゃんとハクサンダー読者を意識した記事書いてたわ!
別にいいけどさ…。
やっぱり信頼できるのは自分だけ。
ゆったりできるのは自分ちだけ、ってことかしら。
コメント (2)

しばらくお休みいたします2

2017年04月25日 | 日記(2016/11~2017/06)
またここを読んで下さってる皆様と、笑ってお会いできますように〜💐
コメント

備蓄少なめダイエット

2017年04月23日 | 日記(2016/11~2017/06)
昨日から備蓄食料を買い集めてたんだけど、ふと、もし本当に流通が止まったら、それを機にちょっとダイエットしようかなぁと思って、沢山買っておくのをやめといた。
なきゃ食べないだろうし。
本当のところ飴が一袋あれば一週間くらいは大丈夫だろうし…。水さえあれば。
実際に有事の際には後悔するかなぁ、どうかしら…。
とは言え結構買ったのよ? クラッカーとか、せんべとか、あと私がいつも用意するのはコーンの缶詰。炭水化物だし、フタあけてスプーンでパクパク食べられるし。
野菜は青汁でいいよね。
でも一応明日は生鮮野菜の買い置きしとこかな…。
なんか野菜も煮炊きばっかりしてると酵素が足りなくなるからねー。
酵素が足りないとなんかモヤモヤするのよ。
酵素のサプリも買っておこうかなぁ…。
は~あ、何事もないといいわねぇ…。(´-﹏-`;)
コメント (10)

粉物はいいよね~

2017年04月22日 | 日記(2016/11~2017/06)

お好み焼きって言えば「じゃりんン子チエ」よね(^△^)
うちは粉や具を混ぜてから焼くタイプだったので、生地を引いてからキャベツを乗せる百合根のオッチャンの焼きかたに「へ~」と思ったものです。

でも基本は私はタコ焼き派~♪
しかも「外はカリッ、中はフワッ」派ではなく、外も中もダラ~ンとしたやつが好きなのー。

なので明石焼きも好き~(^∇^)

出汁をつけてさらにダラ~ン~
関西ではたまご焼きって言うらしいね~
私は大阪に行ったことないんだけど、一度本場のたこ焼きを食べてみたいな~o(^-^)o
コメント (8)

世界が闇すぎる〜

2017年04月20日 | 政治考︰日本と世界
英国王室はユダヤに乗っ取られた!?
実はダイアナ妃の父親はスペンサー卿ではなく、ユダヤ人富豪のジェームズ・ゴールドスミス!?

ロスチャイルド家との繋がりが深いジェームズ。
ダイアナはジェームズとユダヤ人母フランシスとの間に出来た不義の子!?
確かに彼の実子たちとダイアナ妃がそっくり!!
しかも嫁はどちらもロスチャイルド!


さらには、ウィリアム王子のケイト妃の母親の旧姓はゴールドスミス!

も〜、世界の闇が深過ぎてついていけない〜
コメント (2)

チエミはいいよね〜

2017年04月19日 | 日記(2016/11~2017/06)

江利チエミはいい歌うたうよねー。
テネシーワルツも大好きだけど、この2曲目もいいわよ。
「うちへおいでよ」っていうね。
♪カモナマイハウス マイハウス 
 マイハウス
 ララララ ララララ
 ランララン(←歌詞知らない)♪

そ~言えば昔聖子がポッキーのCMでカバーしてたなぁー(*´∀`)
♪あなたにあげましょ チョッコレイッ♪
コメント (6)

因果

2017年04月19日 | 日記(2016/11~2017/06)

皇室が藤原氏や外国の勢力による、内部からの乗っとり作戦にさらされるのは、それもまた、過去に自らがやったことの因果なのだろうか?
国譲りのために、縄文系国津の人々の祭祀長、シャーマンを少しずつ背乗りして行き、争いなく「国を譲渡させた」因果を、「同じことをやられ続ける」ことで浄化させているんだれうか?

国を譲る…。
国を、譲らせる…。
長い時をかけて、祭祀長の系譜に入り込むことで…。
コメント (3)

2017年04月18日 | 日記(2016/11~2017/06)



皇族の方々は、前世でどんな徳を積んだがゆえに、皇族としてお生まれになったり、皇族をお生みになる縁を授かったのだろう。
どれほどの徳を過去に積まれて、今世があるんだろうか?
例え他人のいろんな思惑があったにせよ、日本という国の皇族、天皇、皇后、皇太子、皇太子妃に実際になるということは、それでも凄まじい先徳があったからこそなのだろう。
そしてそんな桁違いの徳分を持つ魂は、一般人とは桁違いのお試しを受けるのだろうか?
どんな徳を積まれたんだろうか?
コメント (10)

伊勢神宮 番外編

2017年04月17日 | 日記(2016/11~2017/06)

外宮参道にある店の伊勢エビラーメン。
¥2,900+税也!


「つゆだく伊勢うどん」って…。
よしぎゅうか! 笑


ほとんどの店が「蘓民将来」の注連縄の中、笑門もいいね〜♪
コメント (5)

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?7

2017年04月16日 | さらすの日本探訪
名古屋に着くと、新幹線の発車時間まで約一時間ありました。
私は今までずっとしたかった、名古屋駅のデパートをウィンドウショッピングし、全国のご当地ラーメンのあるラーメン街を歩き、カフェでお茶をし、名古屋名物のお土産をじっくり選んで買うという、「遊び」を堪能しました。
今まで「霊線をつなげばければ!」とずっと我慢していたことを、初めてやれました。
デパ地下も見て回れました♡

東京にもあるけどそんなの関係ないのよ。笑
新幹線の中で、自分用に買ったお土産のお菓子を食べました。
幸せでした〜♪
これからも、スッキリと完了しない人生を、コツコツと続けていくのだけれど、「スッキリ完了させる!」という夢というか、ありえない欲が消えただけ、もしかしたらちょっと生きやすくなるんじゃないかと、そんな希望を抱いています。😊

翌日も休みだったので、近くの神社にお参りに行きました。
日の丸がはためいていました。

なんだか本当に「佳き日」でした…。

おしまい
コメント (9)

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?6

2017年04月16日 | さらすの日本探訪
列車の中で、私はまた近いうちに、伊雑宮のお札を買うために伊勢に来なければならないなぁと考えていました。
別に義務ではないのですが、やっぱり、災害をおさめるために感謝を毎日捧げたいし…。
そうすると、どうせなら今度は、これまたお札を祀ってから一年以上経っている白山神社と伊勢をククッてやろうかしら…、なんてことを考えているうちに、なんだかちょっと、ワクワクしてきました。
また、目的ができた、また、希望ができた、また、やることができた、また、またできる、だって完了しなかったから…。
そう思った時、私はずっと、自分が「完了させたがっていた」ことに気づきました。
お札や参拝のことだけでなく、仕事のことも私生活のことも、もっと大きく言えば、人生における悩みのことも、なにもかも、「完了させる」ことを望み、それを夢見ていながら、実は本心では、何かを完了させることを望んでいなかったことに気づきました。

いつも想像するたびに不思議だったのですが、私は作家になるのが夢だった頃も、自分の作品が世に出て人々に「面白い」と言われたり、評価されることが「完了する」ことに、ある種の拒否感を感じていました。
私は、「作家になって人々を楽しませ、人々に評価される」という望みを、なんだかんだいって、「完了」させたくなかったのです。
今までずっと、「完了させたい」という思いと、「完了させたくない」というジレンマの狭間で、常にモヤモヤとスッキリしない気持ちと、ある種の被害者意識と怒りを抱えていたような気がします。
でも、仕事も人生も私生活の悩みも、結局は、何も「スッキリ完了する」ことないのかもしれない…。
今回の参拝で三社のお札が買えても、一年たったら、また新しいお札を求めないとモヤモヤする時期を迎えてしまいます。
人生は、永遠に、完了することはないのだと…、そして、私の魂も、人生に「完了」なんて、求めていないのだと…。
私は気付きました。
コメント

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?5

2017年04月16日 | さらすの日本探訪
バスはどうやら鳥羽水族館行きのようでした。
それにしても、市街地を走るバスと違い、なかなかバス停に着きません。
さらに、焦って適当に次の停車場で降りて、帰りのバスが一時間後とかだと、さらに困ったことになります。
私は車内放送を聞きながら、JR二見浦駅そばのバス停で降りました。JRに近ければ、とりあえずなんとかなると思ったのです。
二見浦駅に行くと、ここから快速みえで名古屋に向えることがわかりました。

伊雑宮に行くのは、時間的にももう完全に無理です。
名古屋に戻って、新幹線のチケットを払い戻しをして、こうなったら名古屋に一泊し、また明日伊雑宮へ参拝するために伊勢に戻るか、それともこのまま新幹線で東京に戻るか…。
いろいろ考えました。
考えながら、私は本当に、伊雑宮の神様に参拝を拒否されたんだなあ〜って思いました。
思いましたが、駅から二見浦の景色を見ているうちに、なんだか可笑しくなってきて、妙に笑けてきました。
面白くなってしまいました。

そして思い出しました。
昨日まで、この参拝旅行を計画していた時、私はあくまで、「お札をとりに行く、というミッションを完了させること」と「遊び参拝して気分転換すること」の間で揺れていました。
そして、外宮→内宮→伊雑宮を参拝して東京へトンボ帰っても、名古屋に一泊して明日の朝、伊雑宮へ参拝して、さらには時間があるので、ずっと行きたいと思っていた熱田神宮に参拝しても、なんか、なんかこう、「気分転換できない、なんかそれでは、来週からまた心機一転して会社に行けない、なんか、違う、なんかスッキリしない…!」というモヤモヤ感が拭えませんでした。
でも、今こうして、伊雑宮に参拝してお札を買うことに「失敗」して、さらには「時間に追われずゆっくり遊び参拝する」という計画も「失敗」したことに、なんだか、すごく面白くて、なんだかすごく、気分転換出来てしまったのです。
不思議なことに、なにか心がスッキリしてしまったのです。

続く
コメント

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?4

2017年04月15日 | さらすの日本探訪

相変わらず美しい五十鈴川で禊をして、内宮を参拝しました。
普段は本殿だけを参拝するのですが、今回は荒神さまのお社も参拝しました。
神馬さんにも会えました。

外宮も内宮も参拝を終えたところで、今回は遊び参拝のため、おかげ横丁でゆったり美味しいものでも食ってやろうと思い、大好きな「たこ棒」を買って、普段は歩きながら食べて早々に次の神社に向かうのですが、今回はベンチに座ってのんびり食べました。
と、ふと気づけば、これから伊雑宮へ参拝することを考えると、すでに買ってある新幹線の時間までギリギリであることがわかりました。
それくらい、今回は本当にのんびり、のんびり、回っていのたです。
いつもと同じくらいの時間の新幹線を予約したのに、のんびりしたらこんなにも掛かる時間が違うとは思いもよりませんでした。
スマホで電車の乗り継ぎを計算すると、これから伊雑宮へ行って帰ってくると、名古屋での乗り継ぎの時間が6分しかないことがわかりました。
近鉄特急のホームから新幹線のホームまで6分まで行くのはかなりのダッシュ力が求められます。
正直、無理なのではないかと思い、呆然としました。

私は思いました。
「遊び気分で来たから、伊雑宮の神様から、拒まれた…? 呼ばれなかった…?」
私はとにかく、乗り継ぎの6分を死ぬ気で走ることに決め、バス停へ向かいました。とにかく五十鈴川駅から、伊雑宮のある上之郷へ向かおうと。
ところが、乗ったこのバスが、いきなり思いもよらぬ方向へと走り出します。
なんと私は今までやったこともない失敗をしてしまったのです。
違う方面行きのバスに乗ってしまったのでした。
「きゃああああ〜!(心の叫び)」
バスは市街地を抜け、なんかインターみたいなところへ入って行きます。

続く…

コメント (5)

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?3

2017年04月15日 | さらすの日本探訪
さて、私にとって今回は「遊びの参拝」です。
「真面目な参拝」と一番違うところは、御垣内参拝をしないこと=普段着で行くということです。
実は、私の参拝用スーツはサイズが小さめで、ウエストがキツイのです。なので私にとって真面目な伊勢参拝をする=御垣内参拝をするということは、キツいスーツに耐えるという苦行もくっついて来るのです。
今回は「遊びの参拝をしたい」と思ったのも、最近また太ってしまったため、スーツを着るのが怖かったからというものもあります。
それぐらい、このスーツは私にとって御垣内参拝をするにあたって障害になっているので、早くワンピース式のスーツを買おうと思っています。
とにかく今回は外宮でも御垣内参拝はせず、独り神官さんと御垣内に立つ緊張感とも無縁に、気楽に外宮を参拝しました。
それでも、やっぱり外宮には独特の神気があるように感じられ、最近「神ってなんなんだ?」と懐疑的になっていた心に、「それでも、なにかがおわしますな〜」という感慨を改めて呼び起こすことができました…。

そんなこんなで、今度は内宮へバスで向います。
ちなみに外宮の神馬さんはお留守でした。

駐車場の桜が綺麗です。

コメント