🌸さらすな日記🌸

人生いろいろあるけれど、あの世で後悔することなきよう、
やりきった感を達成して逝きたいなぁ~(*'‐'*)♪

信頼できない国

2017年10月23日 | 政治考︰さらすの生きる国
結局、今の日本は、子育て中の母親が子育てに集中したり、就職したての新入社員が仕事を覚えることに専念することが出来ない国なんだな…。

「私はこの子をいい子に育てるため頑張る!」「私は仕事を早く覚えて社会に貢献出来るよう頑張る!」「きっと政治家さんは日本のために政治を頑張ってくれているだろうから、それぞれがそれぞれの仕事を一生懸命頑張って、みんなが住みやすい国を作って行く!」という考えは通らない国になったんだなあ…。

マスコミは嘘をついているかもしれない。
マスコミの嘘を暴くネット有識者も嘘をついているかもしれない。
ネット有識者の嘘を暴くまた他の誰かも、嘘をついているかもしれない。
誰が嘘をついているかを知るためには、子育て中の母親も、戦闘機のロックオンの詳細を勉強しなくては、嘘つきや無知を見破ることは出来ない。

信じ合い、分業して他人に自分の専門ではない仕事を預けることは、もう出来ない国になったんだ…。
寂しいけれど、他人のすべての発言の裏付けをとっていかなけれぱ、日本は滅ぼされる、そんな国になったんだなあ…。
すべての人を疑って、監視し合う社会…。



なんだかバッカみたい。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっち、リラックス寿司 | トップ | 幸福と不幸について »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2017-10-23 20:06:41
さらち~、このページは早めに削除しといた方がいいなり☆
閲覧者が増えてるならば、なおさら~☆
Unknown (Sarasz)
2017-10-23 20:51:09
たまち〜、これならいいかな〜?
😔
Unknown (たま♪)
2017-10-23 22:05:16
よかよ~☆(たまちゃん風♪)
Unknown (たま♪)
2017-10-24 20:04:10
さらち~、ひ~ちゃんトコの消えちゃったページ読んだよ~。
私も実は後でコメントしたのよね。
ひーちゃんは日米安保条約のことはどう思ってる?って聞いてみたの。安保条約って、いまだに内容は非公開なのよね。
私は、日米安保条約は「アメリカ様に逆らったら容赦なく日本人を殺します」って書いてあるんだと思ってるの。
んで、改憲するのはアメリカ様のご機嫌伺いのためで、中国に攻め込まれるよりかはマシでしょ?って書いたんだ。
青山さんのことを否定されて、馬鹿呼ばわりされて大変だったね。サラスちゃんが気にしていないといいけど。まあ、あれは、ひ~ちゃんのキャラだからなあ。
これは私の個人的考えだけど。万人が満足できる政治方針なんて存在しない。絶対に誰かは嫌な思いをするのが政治。政治のリーダーは、できるだけ国民の損害を減らそうと、一番マシな方法を決断する重い任務を担っている。批判するだけならば、子供でも可能。
私は青山さんの動画をあまり見たことがないけれど、たとえ嘘があったとしても、日本が良い方向へ行くための嘘だと私は思うな。
本当のことでも言えないことはたくさんある。日米安保条約もその一つだと私は思ってる。
それに、結局は庶民ができるのって、投票することくらい。あとは、日常の感謝の磁気を貯めることだと本気で思ってるわ~。
最近~、仕事が嘘みたいに良い方向に動いてるの。
自分の力以外のところで。
感謝の磁気は裏切らないわ~☆と思う☆
Unknown (Sarasz)
2017-10-25 05:57:17
そうだね、たまちゃん…。
アメリカが、と言っていいのか悪いのか、ビミョーな部分は置いといて…。
とにかく、日本に完全な自治権があって、何でも自国の利益に基づいて自由にやれると思ってるおめでたい人達がうらやましいですね…。

あの中韓でさえ、「アメリカはまともな民主国家だから、多少反米したってあまりにご無体なことはしないだろう」とナメていると中韓専門家が言っていた。
「アホ〜! アメリカ(奥の院)はあるレベルから上は中国すらぶっ飛ぶほどのマジキチなんだよー!!」と言ってあげたいですよね。

Unknown (Sarasz)
2017-10-25 06:08:07
「多少の犠牲」の是非という問題になってしまうんだけど…。

第一次世界大戦の際、日本は同盟国のイギリスとかから、兵を出すことを求められた。
でもそれを拒否して、医療部隊だけを支援として派遣した。
それはそれで美談になったりはしているんだけど…。

でもその時に兵を送っていれば、その後の第二次世界大戦で、日本がイギリス・アメリカの連合軍と戦うはめにはならなかったという説もある。
あの時、戦死者という犠牲を払っても、イギリス軍に協力していれば…。

人間は一般人だって、何かが起きた時に「共に戦わない」人は、「仲間ではない」認定をされるからねぇ…。
信用もされないし、同じ犠牲を払わなかった人に、同じ利益を与えることはない。
日本の戦国時代にだってあった、当たり前のこと…。
Unknown (Sarasz)
2017-10-25 06:20:00
なんていうか、リベラルが社会に充満するのは、結局この世がリベラルとは正反対な社会だからなんだよね。

「つきあいケンカ」をしない奴はフルボッコ!の、男と男の世界なんだと思うわ。
ヤンキーのケンカ映画でも、ケンカに参戦して助太刀することが友情の証だもんね…。

世界は子供の世界のまんまなのよね。
ジャイアンはのび太のゲーム機を借りパクする。
スネ夫はジャイアンの手下となり、のび太をイジメてスパルタ教育を強いられているストレスを晴らす。
でものび太は、そんな状況を耐え忍んだり、「とんち(アイテム)」で解決したり、ズルい方法でやり返し、自業自得のヒドイ目にあったりする…。
状況に対応しながら、生きていく…。


Unknown (Sarasz)
2017-10-25 06:28:38
まぁ、湾岸戦争の時に、日本人は心底思い知ったと思うんですよ。
「あ〜、平和憲法があってよかった!」って…。
しかもそれを作ったのが当のアメリカだったから、アメリカが引き起こす面倒な戦争に、日本が絶対参戦できないようにしてくれていることに、「クックック(^_-)」って笑ってたと思うんですよ。

でもさすがにそれはムリな状況になってきたということなんですよね…。

基本的には、米中の紛争が戦争にならずに推移し、それでも中国が衰退し、ヨーロッパが衰退し、そしてアメリカが衰退し、民衆から金を巻き上げる寄生虫が衰退し、日本が太平洋の孤島として隠居出来たらいいなぁ…。
Unknown (たま♪)
2017-10-25 20:12:52
湾岸戦争の手法は、ある意味日本はお手のものかも。
唐の時代も、新羅とか百済の戦争の際に、両国に兵器とかの貢物だけして、兵隊は出さなかった。まあ、今と違って情報が行き届かない時代の島国だからできたことだろうけど。
湾岸戦争なんて大義は何もなかったものねえ。
奥の院(?)の経済行為に過ぎなかったわ。

でも、中国も似たようなものだと思うのよ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22406730Y7A011C1MM8000/

日本を攻めることなんて、なんとも思わない国だと思う。アメリカ様は中国よりマシってだけ。
今のアメリカ様との関係ならば、見捨てられることはあっても、向こうから皆殺しにやってくることはない。
中国はそれがあり得るから怖い。
Unknown (Sarasz)
2017-10-26 06:10:27
なんていうか、ヘンな国だよね〜。
落差が激しくて。

自分の国造りをおろそかにして、外国(領域)をギラギラ睨んでて…。
もっと自分自身のことを見なきゃね。

コメントを投稿

政治考︰さらすの生きる国」カテゴリの最新記事