🌸さらすな日記🌸

人生いろいろあるけれど、あの世で後悔することなきよう、
やりきった感を達成して逝きたいなぁ~(*'‐'*)♪

欲するもの

2017年06月26日 | 日記(2016/11~2017/06)
私は一体、何がどうなったら満足するのか…。
例えば私の前世が、映画「薔薇の名前」みたいに、喋っちゃいけない、笑っちゃいけない厳格な修道院で"修行"した修道僧だったとして、今度は日本の会社で他人と喋ったり、笑ったりする"修行"をしているんだろうか?
私は沈黙を守る修行僧から、コミュニケーションを取らなければいけない社会人修行を完遂できたら、今回の人生に満足して死んでいけるんだろうか?
「人と普通に喋れるようなったぞ! 喋ることを楽しいと思えるようなったぞ♪」的な感じで…。

私は作家を夢見るフリして、世間からひきこもりたいという望みを果たして来たのだろうか?
でも世間からひきこもり、家庭も持ちたくないと思って来たのには、世間や家庭の関わりの中でそれらを「楽しい」と思ったことがなかったという要素もある…。
そういう意味では私は「(快くない人間関係から)ひきこもりたい」という望みの裏に、「快い人間関係が欲しい!」という切望を隠して生きて来たのだろうか?
それは、そうなような気がする…。

でも問題は、私は本当に快い人間関係(実際に喋ったり、ともに生活するという"負荷"も含めた上で)を望んでいるのだろうか?ということだ。

誰かを概念的に愛すること、誰かを愛している自分に満足すること、私は人間を愛せないダメ人間ではないという安心感が欲しいだけではないのか?
一緒に暮らす苦労はやっぱりイヤなのでは?

私は、人間と一緒に暮らす我慢や苦労を苦労とも思わない人がこの世にはいると思ってる。
むしろ、世間一般の人はそうだと思ってる。
彼らは、独りの寂しさよりかは、他人との悲喜こもごもの苦労があった方がいいという、人間と共存する上で有利な感性を生まれ持っている人々なのだ。
そんな人々が羨ましい…。

私はきっと、今生では誰かと暮らす苦労に「慣れる」修行を積むことが出来ない。
だから来世もきっと独りだ…。

それに対し、暗鬱な気持ちが湧いて来るということは、やっぱり私は独りがイヤなのだろう。
来世では誰かとともにちゃんと生きていきたいのだ。
誰かとともにちゃんと生きていける精神性や能力を持って生まれてきたいのだ。
そのためにはどうすればいいのだろう…?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いたちごっこ | トップ | 「のほほん日記」/大槻ケンヂ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Sarasz)
2017-06-26 16:56:13
だから私にとって今一番最悪なこととは、「来世でも生涯独身で孤独癖のある人」になることなのよね。
それは言わば「今生ではもうそれでいい」と思っていることでもあるのよね。
「今生では、もう、それを覆すのは怖い」っていうのがさ…。

やっぱ人間、50過ぎて他人と初めて暮らしたりするのは、あまりにも怖いじゃない…?
だから今生ではもうどうにもならないの…。
というか、今生で一番最悪なことは、人生の最後の最後に血迷って誰かと生活をともにするようなことしちゃって、それにより地獄を味わうことなのよ…。
それはDVだの保険金殺人だのじゃなくて、相手がフツーの人でも、「やっぱり私にとっては他人と暮らすことはドストレスの地獄だった…!」ってなるのが怖いの…。

私、ネガティブだなぁ…。
もしくは慎重なんだろうか?
もしくは自分を知っている、または自分を信じられないのだろうか?

とにかくそんなこんなで、望みがパリッといかないの…。

どーだ、ウザイだろう〜?😄
Unknown (Sarasz)
2017-06-26 17:00:50
それに加えて、昨日書いたように、そもそも人間は自制するべきであって、「こうなったらいいのにな」みたいな望みを持たない方がいいのであって、そういう意味では、私は今生も来世も孤独癖のある独り者として生涯生きる、生きられることに感謝した方がいいのかもしれませんね。
「今の自分じゃなくなる」ことを望まない方がいいのかもしれませんね!💃
Unknown (たま♪)
2017-06-26 19:33:35
うーむ。わからなくもないなあ。
私も結婚願望全くなかったし。旦那君と私はそれぞれ自分の部屋を持ってるのよね。ま、夜勤と日勤で生活のペースが違うという理由もあるけど、さ。
それぞれ一人暮らしも経験してるので、自分だけの空間が欲しいって思ってしまって。お互い夜勤と日勤であるのもラクだと思ってる。そりゃ、さ。ハネムーンみたく、何にもしなくてもいい、食事も掃除もナイっていうのなら、一緒に居てもいいけど、さあ。それぞれ忙しいから、一緒に居る時間が短くても(週に2度くらいしか顔を合わさない)も、その方がいいやね、くらいのノリがある。
互いの親が「結婚せえせえ」ってうるさくなかったら、二人ともズルズル結婚しなかったタイプの人間なのよね。
だから、誰かと暮らすのは面倒臭いっていうのはわかるし、そういう人はサラスちゃんが思ってるよりかはたくさんいると思うよ?芸能人なんかには多いのではないかなあ。
それぞれの暮らしやすいルールっていうのは、人それぞれで、そういうのが合う人と暮らせばよいだけだと思う。
たとえば、なんだけど、ね。私の友達はすんごいキレイ好きで、散らかし屋の夫が威張りん坊で、そこも離婚原因の一つだったの。
私は、さ。逆に、片付いてない時に、やんやんうるさい男の人の方がよっぽど嫌で、そういう人だったら、1週間で離婚してると思う。
相手が普通だとかなんとかじゃなくって、自分の生活ルールを受け入れられる者同士で暮らせばOKなだけだと思う。
どんな人であっても上手く暮らせる なんて人間はいないわけですから☆
Unknown (たま♪)
2017-06-26 19:44:42
でも、さ。自宅で最期を迎えられれば幸せだけど、さ。
施設に入って、大部屋で寝食を共にすることになったらストレス半端ないだろうな~て私は思ってる。
老人介護施設でアルバイトしてた時、色々働かなくてもいい(テレビ見てたり、のんびりできる)のはいいけれど、窮屈だなあ、外に自由にも出られないし、可哀想って気持ちがけっこう強かった。一人部屋は高いし、大部屋の安いトコしか自分は入れないだろうな~みたいな。(いや、私が老人になっている頃は施設に入れたら、まだ幸せかもしれない)
でも、ね。すんごい笑顔のおばあちゃまが食事の時に皆に言ってたのが「まあ、私は防空壕の中で生き抜いてきた年代だから、こんな広いところで過ごせるのは幸せだわ」っていうセリフ。すんばらすぃ~って思った。でも、自分は厳しいわ。体壊して入院した時も、大部屋は本当に辛かったぁ。一人部屋の時はなんともなかったけど、ねえ。
Unknown (たま♪)
2017-06-26 19:50:02
大部屋で何が辛いかというと、私は、夜中に必ず咳が出るの。痰が絡んだりもする。鼻水もかんだりする。毎晩必ずなの。
子供の頃、母親にはうるさい!って言われて、寝る部屋を別にされちゃったくらい。
だから、大部屋で寝るのはとても気を使うので疲れるのよね。
あー、でも小学生の高学年から大学卒業までは、その症状が出なかったの。だから、修学旅行も大学生でのスキー旅行も普通に楽しめた☆
就職してから、一気に体が弱くなってさあ。ストレスからかしらんね。そういうわけで、今は、自分の自由にのんびりすることができない旅行は苦手なのよね。そうそう。旦那さんと一緒に旦那さんの実家に帰省した時も、それぞれホテルでシングル取っちゃった^^; 変わった夫婦だといわれるけれど、ツインよりかずっとラクなの。旦那様はいびきがうるさいし、私は咳と寝言がひどくてね~。
思うんだけど、私とサラスちゃんって、社会生活のやり方ってそんなに違いがないのに、私は「別にそれで問題ない^0^」って思ってて、サラスちゃんは「これではダメだ」って思いこんでるだけの違いな気がするわ☆
そう、難しく考えなくてもいいと思うのよ~。
Unknown (Sarasz)
2017-06-26 20:11:59
>私は「別にそれで問題ない」

そ~か〜、そう言われてみれば確かにたまちゃんは私が問題視していることを案外あっさり受け入れているよね。
私を慰めてくれてるだけかと思ってたけど…。

おぎやはぎのやはぎがさ、以前結婚しない理由として「人間と長時間いられないんで」って言ってて、私的にはまさに「やはぎ…、心の友…(*´∀`)」って思ってたの。
そしたら、「おぎよりも一緒にいたい人が見つかったので結婚します」っつって、私的には「ブルータス、お前までもが〜!(人間と長時間一緒にいられない病、治っちまったのか!?)ってショックだった…。
せめて「人間と長時間一緒にいられないボクの性格を認めてくれる人が見つかって…、というかむしろ、向こうも同じタイプの人で…」みたいなことなら、私のような人間も希望が持てるんだけどさ…。
「結婚」イコール「人間と長時間いられない病」が治った時に、治してくれた相手と出会えた暁に実現するもの、まさに奇跡…!みたいなハードルの高いイメージになっちゃってぇ…。

でもまぁ、いろいろなことをもう少し「まぁ、いいか」で受け入れちゃってみようかなぁ…。
だってどうしようもないことだしね…。

ありがと、たまちゃん…m(_ _)m
Unknown (たま♪)
2017-06-26 20:36:43
そうそう、数日前に「慰めてくれてありがと」って言われた時に、???と思って、違うんだけどなー、と思いつつ、どう説明して良いかわかんなかったの。
伝わってヨカッタ^0^
Unknown (たま♪)
2017-06-26 20:41:14
ちなみに、やはぎ君は、一人旅大好き芸人の回に出てたよ~。(アメトークね)
奥さんが やはぎ君の性格や生活スタイルを受け入れれるタイプなんだと思うわ^0^
Unknown (Sarasz)
2017-06-26 21:25:31
たまちゃんは何でもよく知ってるな~(^∇^)
そうよね、やはぎの奥さんはきっとそうよね…。
人間そんなに簡単に性質は変わらないわよね。(;^ω^)
やはぎさん、いい人に巡り会えてよかったね。
しかしどんな因を作っとくと、そういう果になるのかナァ…。
Unknown (たま♪)
2017-06-26 21:50:39
なんか、さ。
本家記事で「人間は自分の成長のために、一番欲しいものは与えられず、一番嫌だと思っていることは避けられず必ず起こる」みたいな話もあったんだけど。
その時は、そんなことないやい、と思ったけど、そういう面があるなあ、と最近思う。
「成長」の視点からすれば、一番効率の良い出来事が、一番嫌なことであり、本当に欲しいと(最初に)思ったものが手にはいらないことだと思う。
で。
一番欲しいと思う(最初に思う)ものを手放して、絶対に嫌だと避け続けた状況を受け入れることができたら、後は幸せがやってくるしかない って流れもあると思うんだー。
傍から見たら羨ましい果とかって、〇〇の善因があったからとかそういう流れで出来上がるものじゃないと思うし。
とにかく今の状況全てまるごと「自分にちょうど良い」と思って受け入れられたら、逆に良い風が吹くことが多いというか。果を意識したら、せっかくの良い風も吹かないと思うのよね。
目の前の事をタンタンと感謝して進むだけの方が、結果的に良い果をもたらすと思うの☆

コメントを投稿

日記(2016/11~2017/06)」カテゴリの最新記事