🌸さらすな日記🌸

あめつちのあいだで、人は生かされているのだなあ。
ありがたいことです。
今日も天と大地に感謝です。

なぜ伊勢神宮に参拝するのか?4

2017年04月15日 | さらすの日本探訪

相変わらず美しい五十鈴川で禊をして、内宮を参拝しました。
普段は本殿だけを参拝するのですが、今回は荒神さまのお社も参拝しました。
神馬さんにも会えました。

外宮も内宮も参拝を終えたところで、今回は遊び参拝のため、おかげ横丁でゆったり美味しいものでも食ってやろうと思い、大好きな「たこ棒」を買って、普段は歩きながら食べて早々に次の神社に向かうのですが、今回はベンチに座ってのんびり食べました。
と、ふと気づけば、これから伊雑宮へ参拝することを考えると、すでに買ってある新幹線の時間までギリギリであることがわかりました。
それくらい、今回は本当にのんびり、のんびり、回っていのたです。
いつもと同じくらいの時間の新幹線を予約したのに、のんびりしたらこんなにも掛かる時間が違うとは思いもよりませんでした。
スマホで電車の乗り継ぎを計算すると、これから伊雑宮へ行って帰ってくると、名古屋での乗り継ぎの時間が6分しかないことがわかりました。
近鉄特急のホームから新幹線のホームまで6分まで行くのはかなりのダッシュ力が求められます。
正直、無理なのではないかと思い、呆然としました。

私は思いました。
「遊び気分で来たから、伊雑宮の神様から、拒まれた…? 呼ばれなかった…?」
私はとにかく、乗り継ぎの6分を死ぬ気で走ることに決め、バス停へ向かいました。とにかく五十鈴川駅から、伊雑宮のある上之郷へ向かおうと。
ところが、乗ったこのバスが、いきなり思いもよらぬ方向へと走り出します。
なんと私は今までやったこともない失敗をしてしまったのです。
違う方面行きのバスに乗ってしまったのでした。
「きゃああああ〜!(心の叫び)」
バスは市街地を抜け、なんかインターみたいなところへ入って行きます。

続く…

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« なぜ伊勢神宮に参拝するのか?3 | トップ | なぜ伊勢神宮に参拝するのか?5 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2017-04-15 16:37:04
うにゃ☆ 
続きがめっちゃ気になってるんすけど☆
無事に伊雑宮に行けたのかしらん?

掃除、しなきゃと思いつつ、葛根湯を飲んでいる。
いやはや、仕事の集中力で掃除すれば、2時間で大分片付くはずなんだけど。身体、だるいし、と、のらりくらり^^;
なんだろ、お仕事だと、だるいとか、痛いとか、関係なしで時間を気にして頑張れるのだけど。
家事は、手をかけようと思えばどこまでもかけれるし、手を抜こうと思えば、どこまでも抜けちゃうから本人次第って面が大きいわあ。
てか、ゆっくり休んで休養することも、仕事のためって思っちゃうんだよな。私、絶対に専業主婦が向かない性格な気がする。。。
Unknown (Sarasz)
2017-04-15 19:22:12
グヒヒ(☆^〇^☆)、続きは明日なり~♪

掃除は奥が深いよね~。
専業主婦に向かないと思ってるたまちゃんが専業主婦じゃない生活をしているってことは、幸せっちゅうことですな~。(^-^)
Unknown (たま♪)
2017-04-15 19:50:46
続きは明日にゃのね=^_^=

仕事ではテキパキやれるのに、なんで家ではどんよりしてしまうのだろ???と考えて、ふと、「そーだ。仕事中はいつも心で”生かして~”を唱えてたわ」と思い出したのであった。アマテラス、よりか”生かして” の方が、私は仕事がはかどるのよね。最近、大きな仕事中に滅茶苦茶”生かして”を心で唱えてたから、本当は休日出勤になると予想されてた仕事が昨日の夜に終わらせることができたんだよなあと思い出して。
んで、家でも唱えてみたら、けっこう掃除がはかどるようになったわ^0^言霊の威力ってすごいなあ。
頭痛薬飲み続けたり、食事が冷凍食品ばっかりが続くと、専業主婦になって体に良い事したいなあ、って思うの。旦那さんにも、もう少しまともな食事をさせたいし。
でも、多分、専業主婦になったら、仕事をするほどは頑張らない気がするのよ。
死後のためには、今、専業主婦でないことは、ありがたいことなんだろーなー、と思う。
そーゆーいみでは、幸せなコトなんだろーね^0^
Unknown (たま♪)
2017-04-15 21:58:49
もう少し書いてもいいかなあ。

私、自分の中の仕事のストレスが臨界点を越えると、片づけられなくなるのよね^^;
物をあるべき場所へ返すのが億劫になるの。
だから、部屋の散らかり具合が、仕事の大変さと比例するのよ。
掃除は奥が深いとか言えるレベル以前の問題でね^^;
で、今日みたいに、普通にのんびりでも掃除できる日に片づけをすると、なんでこんな簡単なことができない(できなかった)んだ?って腹が立ってもくるの。で、返すべき場所に返せてないサプリとか、体温計とか様々なものを元の場所に返しながら、ああ、あの時はキツかったなあ、みたいな、元の場所に戻さなかった時の心境が蘇ってきて、また、うんざりするのよね^^;
で、「いやいや、大変だったよ、よしよし、片づけられなかったのも仕方ないよ」って過去の自分を励ましながら掃除するわけで。
サラスちゃんが前に記事に書いてたみたいに「頑張った、頑張った」って自分を励ますことって大事だよな~なんて思った1日でした☆
Unknown (Sarasz)
2017-04-16 12:29:39
そ〜か〜、ある意味それは「後片付け」というものが、物理的なものと、磁気的なものがあるということなのかもしれないねー。
散らかった部屋を片付けるのは、掃除とともに、散らかさずにはいられなかったら過去の自分の(大変さ)を、ねぎらってあげて、辛かった過去の自分の残留思念を昇華させてあげることなのかもね…。

私もね、最近自分の人生は、やっぱり辛いこともあったし、何より寂しかったなあって思う。
だから、せめて寂しかった自分に、「そうだね、寂しかったね、でも、頑張って生きてきたね」って認めてあげて、自分の悲しみや苦しみを祓ってあげたいなあって思うようになったよ。
昔はそういうの、胡散臭く感じていたけど…。
自分供養とか儀式ばったことじゃなくても、普段の生活の中でちょっとだけでも自分を思いやったり、ねぎたっらりするのもいいかもね。
しかも、頑張った自分をねぎらうのは比較的簡単かもしれないけど、ただ単に辛がっていた自分、辛いがゆえにろくなことしなかった自分をも、「そーか、そーか、そんなに辛かったか」って寛大な目で見てあげることも、大切かなあって気がしてきた。
とにもかくにも、生きてきたわけだしね…。
生きるために、生活費を稼いで働いてきたわけだしね…。
少しは、そういう部分もあっていいかなと思うようになったきたよ。😊

コメントを投稿

さらすの日本探訪」カテゴリの最新記事