はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

わたしの夏

2018-08-06 | ニュースから

広島に原爆が投下されてから、73回目の夏。

 

ノーモアヒロシマの夏、甲子園の夏、

哀しみと懺悔と祈り、そして球児の夏・・・

夏の思い出は、涙をともなってよみがえってくる。

 

小学校へ上がるころの記憶に

アメリカがビキニ環礁で行った

水爆実験で放射能に汚染された、第五福竜丸の事件がある。

たぶん、映画館で上映されたニュースを観たからだと思う。

 

雨が降ってくると、「頭がはげる!」「毛が抜ける!」と言って

濡れないように走って軒下に避難していた。

ほんとうに、雨が怖かった。

「今に、黒い雨が降ってくる」とも信じていた。

 

原爆の後、黒い雨が降ったという話は、誰から聞いたのか

それとも誰かから教わったのか、記憶は定かではない。

 

原発のある敦賀で暮らしながら、

幼いころの「黒い雨」の記憶を長い間、

封印してきたわたしの夏は、モノクローム・・・

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日、出会えたすべてのみな... | トップ | 福井モデル? 格差社会のモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュースから」カテゴリの最新記事