はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

推進、反対の立場を越え安全に廃炉措置を進めていくための提言

2018-07-11 | 脱原発

「もんじゅ廃炉措置に関する要請」が

原水爆禁止日本国民会議と

原子力発電に反対する福井県民会議および

新もんじゅ市民対策委員会から

敦賀市長、敦賀市議会議長、日本原子力研究開発機構と

原子力規制委員会に提出された。

 

市長と議長は、全原協議長会出席のためお留守・・・

秘書課に提出した後、記者クラブで会見。

 

11時から敦賀市議会へ。

議会では福谷副議長が対応してくださった。

 

午後からは機構と規制委員会・・・ということで

けっこうハードな日程だった。

 

推進、反対の立場を越え

安全に廃炉措置を進めていくための提言であり

未来の子どもたちへ、核のゴミという大きなツケを

背負わさないための要請だ。

 

今後は、推進派も反対派も同じテーブルにつき

もんじゅの廃炉措置について、協議する場が増えることを願っている。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 脳が老化してる? | トップ | 今日は、もう何もいたしま宣言! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

脱原発」カテゴリの最新記事