はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

朕思ふに、こうそこそ・・・

2018-10-05 | ニュースから

「朕思ふに、こうそこそ・・・しかおぼえとらん」

と、言うタミヨさん。

 

女学校時代、朝礼で校長先生が教育勅語を

読み上げるんだけれど

校長先生、どういうわけかちゃんと教育勅語を

読んだためしがなかったんだとか・・・

 

だから「こうそこそ・・・もごもご・・・ごにょごにょ」

で終わってたらしい。

 

音楽さんと女生徒たちから呼ばれていた音楽の先生は、

オペラ歌手だったらしく、授業で

洋楽のレコードをかけまくっていたとも・・・

戦時中にである。

 

なんでこんな話になったかといえば

柴山文科相のニュースのせいである。

 

「アベもアベなら、下っ端もアホばっかや」と顔を見るなり

まくしたてだしたタミヨさんである。

で、書きだしの「こうそこそ・・・」しかしか知らん話と

あいなったのである。

 

実はこの話、子どものころから耳にタコが何百匹も

つらさがるほど、聞かされてきた。

国際交流の拠点だった敦賀ならではの出来事だったのかもしれない。

 

教育勅語の現代語訳をつぶやいて、大きな反響になっている

高橋源一郎さんの現代語訳、コピーして持っていくね。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 病気を呼び込む機能つき | トップ | 新たな発見! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュースから」カテゴリの最新記事