はるみのちょっとTea-time

日々の暮らしのなかで感じたこと、市民運動のことなどわたしのことばで、つづります。

春もはるみも眠い・・・花粉症の季節である

2018-03-07 | 医療と健康関連

本会議中、クシャミが止まらなくて焦った。

 

暖かくなってきたと思ったら、とたんに花粉症なのである。

マスクをしててよかった・・・

 

家にいるときだと、フェ~ックショオオ~ン!

と、思いっきりどでかいクシャミもできるが、

静かな議場じゃあ、迷惑以外のなにもんでもない。

必死でマスクの上から、鼻を抑えた。

 

目もかゆい・・・

で、花粉症の薬を飲むと眠くなる・・・

いちおう、薬は持ってきたけれど飲まずに我慢した。

 

なのに・・・なぜか・・・眠気が忍び寄ってくる。

静かな議場・・・質問と答弁の淡々としたやりとり・・・

まるで魔法にかけられたように、眠りの世界が手招きをする。

 

言葉のドッチボール・・・ドッジボール?

ドッチ? ドッジ? どっちなんだ?

などと、余計なことまが脳内を支配する。

春もはるみも眠い・・・花粉症の季節である。

 

 

 

 

コメント