ひみちゅ

ウハウハの秘密

まったくいやになる・・・・・

2017-12-08 01:55:06 | Weblog
あぜんです
本日、どういう訳か、・・・カードの解散の責任を取って、商・・の予算が10万円の予算組みになった。
 部会長を引き受けたときに、「商・・での事業執行を任されていた」とどうも勘違いしていた私がいけなかったのでしょう。
 思い起こせば、会・の判断により、執行しようとしていた、事業方針に反対をするのは、私だけというのが、数件有った。第一番めには、津久・・・山公園、指定管理者に立候補について、猛反対した。商・・の事業として、公園管理は「そぐわない」という理由から一人で反対した。
 仕方なく受け入れて、自分では何もしなかったが、一人だけで反対していた。
次に、い・・・た工房冷蔵庫事件で、予算にもなかった補助金を払う羽目になった。県有の財産であった観・・・ターの冷凍庫が故障、当の代表である方が県知事に、県会議員らと直談判、百万円の内観・・会と商・・で三十万円ずつ出金した。ありえない話である。だったら、「うちの自動車古くなって故障したから補助金出してよ!!」ということではないか。
 これも真っ向から反対したが、婦人部との関係性から執行された。
その三、津久・・・・ンドである。どこの部署で決まったかしらない間に、決まったらしく、後に県・の事業ということだったが、このときも、版権やブランドロゴもいつのまにか決まっていて、商・・で運用することなり、運用を続けている。
 どこの誰が発案決定したのか?
そういった、天から沸いて出た事業が山ほどある。どういうことなのか理解に苦しむ毎日である。

壮大な計画の下、全額の半分のための運用費を使い果たし、「来年度は予算がないので」という理由から、継続事業やそのほか、必要最小限の予算をもバッサリカットなので、どうも「私の事業の評価」良いほうの評価が一切なくて、「これは、潰し」だと思わざるを得ません。

ならば、さまざまな支援事業も、私は手を引きますので、勝手に考えてくださいと致します。


以上

コメント   この記事についてブログを書く
« buu | トップ | あんれまー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事