goo

三つ巴の謎。


 多くの神社は三つ巴を神紋としている。宇佐神宮をはじめとする八幡宮、住吉神社、志賀海神社などの綿津見系神社、大神神社、籠神社、豊受大神社、蛭子(えびす)系神社、そして鹿島神宮や香取神宮など、海人系の信仰を中心に、全国の半数近い神社が三つ巴を神紋にするといわれる。

 古代の信仰は「三」に拘わるものは多く、住吉三神、綿津見三神などは海人の信仰、三位一体の思想ともされ、大神神社や宗像大社などは三所祭祀とされる。

 住吉三神は航海神。神話では伊弉諾尊が禊をしたときに生まれ、元宮は筑紫あたりとされる。「筒」とは星のこと。三つ星の神格化とされ、三つ星といえばオリオン座の三つ星を思い起こすが、海人の三つ星は北極星を示す上台、中台、下台の「三台星」。北斗七星の外側にある三つ星で「三筒」と呼ばれる。

 大陸の江南、東シナ海に面した浙江省に天台山がある。天台山は、古く、大陸の神仙思想の原初。古来、神仙の道士が多く住み、三台星の思想はここで生まれた。
 天台山は天帝の星、紫微星(北極星)を支える三台星の真下に在るとされる三つの峰をもつ霊山。三つ星を宗紋とするのちの天台宗もここで生まれている。
 江南の海人にとって三台星は大切な星。夜、渡海する船は北極星を目印にして、三台星がそれを示す。ゆえに、北を示す三台星は航海神とされた。そして、天台山の三台星を奉斎する江南の海人は、北方の漢人に追われて列島に渡っている。

 綿津見三神は住吉神と共に生まれた神。北部九州の海人、安曇氏の祖霊ともされる。摂津国一宮、住吉大社の奉祭氏族、津守氏の氏神が大海(おおわたつみ)神社。綿津見神と住吉神との関係を暗示させる。
 綿津見の「ワタ」は、古代朝鮮語の海「パタ」であるという。綿津見三神は半島との拘わりの中で、住吉神の信仰から生まれている。

 三つ巴は江南海人の三台星信仰に由来するようである。 が、松浦の海人、波多氏(佐志氏)の家紋などは、丸が三つの「三つ星」であった。本来、海人のシンボルは三つ巴ではなく、三つ星であった。

 「巴」は不思議なかたち。「巴」の由来には諸説あり、勾玉のかたちからきているとも、武神である八幡神に拘わり、弓矢の鞆の造形とも。また、水渦からきているとも、道教の陰陽魚に拘わるともいわれる。

 勾玉は魔除けなど呪術的な霊力をもった装飾具。縄文期からみられ、弥生、古墳期を通じて重用された。その原初は獣の牙とする説や、胎児のかたち、月のかたちとする説、魂を象徴するという説などがある。
 また、三種の神器のひとつとして八尺瓊勾玉があることで、その霊力は縄文よりの列島本来の思考に基づくともされる。また、勾玉は沖縄など南西諸島においてノロ(祝女、巫女)の祭具として今も使われている。

 そして、巴型銅器の存在がある。巴形銅器は盾に取付けた伏敵の呪具とされ、弥生後期から古墳期にかけて九州で用いられている。巴型銅器のかたちは、半球体から数本の巴が出るもので、南海のスイジ貝を模したともされる。
 スイジ貝は南西諸島において、魔除けの霊具として家の入口などに掛けられる。「巴」のかたちとは南西諸島など南域に由来するとも思わせる。

 台湾南域原住のパイワン族の長(おさ)の肩帯にイモ貝を輪切りにしたものが象徴的な章としてつけられ、それが巴のかたちであった。そして、巴は南海より伝播したとする説がある。パイワン族はインドネシア由来とされる。

 南西諸島あたりには多様な海人の痕跡がある。黒潮の流路に連なる南西諸島は海人の坩堝。三つ巴とは南海の民の霊力、「巴」と江南の海人の信仰、三つ星が融合したもの。琉球王家の尚氏の紋が三つ巴であることも象徴的。やがて、三つ巴は列島の神々の象徴となっている。(了)

 

「古代妄想。油獏の歴史異聞」Kindle版 電子書籍

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 宗像三女神の... 鯰の信仰。 »