goo

那珂川古譚。

 

 筑前の那珂川(なかがわ)は脊振山系に源を発し、筑紫郡那珂川郷から福博の街を貫流する。源流域は五ヵ山と呼ばれる山峡。筑前と肥前の国境いである。脊振山稜の山々が屏風の如く連なり、網取、桑河内、小河内、倉谷、大野といった小集落が散在する佳境であった。が、2017年に完成予定の五ヵ山ダム建設のため、源流域のすべての集落が廃村となり、今は荒涼とした風景が広がる。

 五ヵ山の山峡を抜けた那珂川は南畑の険難を下り、山々が重畳と重なる四箇畑の谷に入る。市ノ瀬、成竹、埋金、不入道の集落を抜け、やがて谷はひらけ、岩戸の河内に出る。那珂川郷に広がる水田地帯を南北に貫いた那珂川は、福博の街を貫流し、那ノ津から博多湾に注いでいる。


 那珂川が貫流する福岡平野は列島開闢(かいびゃく)の地とされる。大陸や韓半島から稲作をはじめとする文化が、わが国で最も早く齎された地。その起源は日本最古級の水田跡「板付遺跡」や「野多目遺跡」などが縄文晩期に派生することに始まる。

 那珂川流域のもうひとつの起源譚、3世紀の様子を記した魏志倭人伝にいう奴国の中枢とされる弥生王墓「須玖岡本遺跡」の存在は、列島で最も早く繁栄した国家の痕跡を見せる。そして、古墳期の那珂川は畿内、淀川と拘わり、河内や大和王権との繋がりをみせる。

 また、那珂川下流域には古く、「那ノ津(なのつ)」の入り江が深く彎入していたとされる。この入り江には那津官家(みやけ)が置かれ、大陸や韓半島との外交、軍事の舞台とされ、中世には自治都市、博多の中枢となる。多くの歴史ストーリーに彩られた、那珂川流域には太古からの日本の歴史が凝縮されている。


 那珂川流域は私にとって、まるで宝箱。神話、伝説の類に富み、太古の遺跡や中世、戦国の史跡が散在して、次は何が出るのかと退屈させない。

 中流域、四箇畑の谷がひらけるところ、南面里の里の上方の高地に「戸板」の集落がある。ここは那珂川流域を見下ろす天空の集落。集落のはずれには神さびた社(やしろ)が在り、天の岩戸と呼ばれる岩盤を神体としている。大日如来の座像が彫られたこの大岩は、天照大神が籠もった岩戸の片戸とされ、岩戸郷の名の起源となった。麓(ふもと)の山田に鎮座する「伏見神社」では毎年、7月に岩戸神楽が演じられる。

 そして、貝原益軒につづく福岡藩の国学者、青柳種信は伊邪那岐命が禊ぎをした「筑紫の日向の橘の小戸の檍原」とは、この那珂川流域の岩戸河内であろうと述べ、日本の国はこの地から始まるとした。

 岩戸河内の下手に「現人神社(あらひと)」がある。由緒によると「伊邪那岐の大神、筑紫の日向の橘の小戸の檍原にて、禊はらい給ひし時に生まれし、住吉大神を祭祀した最も古い社」として元住吉といわれ、博多の住吉神社の元宮であるとする。

 青柳種信は太古の那ノ津はこの地まで彎入して、底筒男命、中筒男命、表筒男命の住吉大神はこの地の洲に生まれたとする。また、現人神社は岩戸郷23村の総社、由緒に「神殿に水を引かむと山田の一の井堰を築き、裂田の溝(さくたのうなで)を通水して五穀豊穣の誠を捧げられる」と述べ、日本最古の灌漑施設とされる「裂田の溝」に纏わる宮であるとする。

 現人(あらひと)とは神功皇后の軍船の舳先に現われし、住吉神。神の如き働きをした武内宿禰に神代(くましろ)の名を与えられた話が重なる。そして、その武内宿禰が造ったとされる裂田の溝(さくたのうなで)は日本書紀に記された全長5.6kmの灌漑用水路。日本最古の農業水路とされ、那珂川中流域の水田を潤す。前述の山田の伏見神社の前、一の井堰で取水され、水路は山裾を回り、安徳台脇の地峡を抜けて、仲の平野を潤し、現人神社付近で那珂川に合流する。

 日本書紀は「神功皇后が那珂川の水を神田に入れようと溝を掘らせたところ、迹驚崗(とどろきのおか)で大岩に塞がれた。そこで武内宿禰が神祇を祈ると、雷が大岩を砕いて水を通した。故に裂田の溝と呼ぶ。」と記述する。その地には落雷によって裂けたという大岩が残り、裂田神社が祀られている。

 こういった逸話は各地にみられ、「蹴裂(けさく)伝説」と呼ばれる。古代の土木工事での鉄器による岩盤掘削を示すとされ、製鉄に由来する渡来人が拘わる話ともされる。阿蘇神話においても、阿蘇の主神、健磐龍命が外輪山を蹴破り、満々と水をたたえた阿蘇の湖水を流して、田畑を開拓した逸話や菊池川流域の湖水を、山鹿の古鍋田の岩を蹴破って海へと流す逸話などがみえる。付近からは鉄斧などの鉄器が出土し、製鉄に纏わる氏族の伝承が残される。

 厳密にいえば、岩盤を掘削するには、鍛治技術による鋼(はがね)の鑿(のみ、たがね)を使う石工技術が必要であるとされ、4、5世紀の刳抜式の石棺がその石工技術であろうとされる。裂田の溝はその時代のものという。記紀の応神記には武内宿禰が渡来人を使って灌漑を行った事象や韓鍛(からかぬち、鍛治工)の記事がある。

 安徳台の脇の林の中に「風早神社」が在る。寂びた小さな祠であるが、その名から風の神が祀られるとされる。風の神とは級長津彦命(しなつひこ)。級長津彦命は農耕に纏わり、暴風を司る神。が、同時に古代製鉄における風の神ともされる。古代製鉄では鞴(ふいご)とともに、季節風を利用して火を燃やし続けたとされる。風早神社の社地は地峡、安徳台で塞がれた風が南に抜ける風の通り道。そして、安徳台上からは日本最古級の製鉄工房跡が発掘されている。


 「安徳台(あんとく)」は阿蘇火山堆積物の侵食台地。周囲は10数米の高さで切り立ち、山田の小平野の前面を塞ぐ。台上には400m四方ほどの平坦地が広がっている。台地に上る通路は北側の一ヶ所のみである。のちの時代、平家都落ちの際に岩戸少卿、原田種直が安徳天皇をこの台地に迎えたため安徳台の名を纏う。

 安徳台は「奇跡の崗」とも称される。今は蜜柑畑ともなっているこの小さな台地は弥生時代から飛鳥、平安、戦国の世に至る逸話に彩られ、そして常に歴史の表舞台にあった。台上からは多彩な弥生遺跡群、飛鳥期の建物群遺構、そして、平安から室町期に至る館の跡が出土している。

 安徳台弥生遺跡は130を超える竪穴式住居からなる弥生中期の大集落跡、住居は径10mほどの大型のものばかり。日本最古級の製鉄工房跡や径14mの弥生最大級の建物も出土している。大きな墓穴に2個並べて埋葬された首長墓とみられる弥生中期の甕棺墓からは、大型の鉄剣、鉄弋、玉類が検出。のちの弥生王墓の性格をみせる。

 さらに7世紀の大型建物の遺構がこの台上から出土した。柱間が1mを超える郡衙(ぐんが)以上の大型建物4棟と列柵が確認され、出土した古瓦は奈良期以前のもの。この遺構が伝承の「磐瀬行宮(いわせのみや)」とする説がある。磐瀬行宮とは661年に斉明天皇が白村江の戦いに臨むために筑紫に構えた宮で、その場所は確認されていない。

 日本書紀は斉明天皇を「興事を好む」と評している。灌漑や造作など大規模な工事を飛鳥で行い、酒船石などの石造遺構で知られる。この台地に斉明天皇が在ったとしたら「裂田の溝」はこの女帝の仕業としていかにも相応しい。そしてこの女帝をモデルにして、神功皇后の伝承が作られたとする説がある。


 裂田の溝の取水口、一ノ井堰に纏わる伏見神社には「鯰」の伝承が残る。この社では「鯰」は神使とされ、社前のなまず淵の鯰は平時、姿を見せぬが天下の変事に現れるという。大阪夏の陣や島原の乱、日清戦争、日露戦争などの折に現れたという。また、ここの鯰は神功皇后の三韓征伐の折、群をなして船を抱き、水先案内として戦勝に導いたという。社殿には鯰の絵馬が奉納されている。

 この社の祭神は「淀姫命(よどひめ)」とされる。由緒によると神功皇后が那珂川の守り神として、肥前の河上大明神と京都伏見の御香宮を合祀、伏見大明神として祀ったという。肥前国一宮、與止日女神社(河上神社)に祀られる嘉瀬川の神、「與止日女(よどひめ)」は背振山地を越え、那珂川の守り神となっている。與止日女神社でも鯰は神使とされ、嘉瀬川流域の民は鯰を崇めるという。

 前述の阿蘇の健磐龍命の「蹴破り神話」にも鯰の逸話がみられる。健磐龍命は外輪山を蹴破って、阿蘇の湖水を流すが大鯰が横たわり水の流れを止める。健磐龍命はこの大鯰を退治して湖の水を流す。この大鯰の霊は阿蘇神社の元宮とされる「国造神社」に祀られる。そして国造神社に纏わる人々はやはり鯰を眷属として崇めるという。

 阿蘇ではこの鯰の逸話は、中央から派遣された氏族に鯰をトーテムとする先住氏族が征服される図式を示すとされ、阿蘇の古い民が鯰をトーテムにするという。そして、阿蘇の神々の母とされる地祇神「蒲池比売(かまち)」が鯰をトーテムとして、川上の與止日女に習合したともされる。

 前項「鯰の話。」では鯰をトーテムとする民は、句呉の太伯を祖とする春秋期の呉人の裔、「狗呉」とされた。この族はのちに韓半島勢力に連従して王権を支え、神功皇后の三韓征伐に際しては、狗呉の兵が「御手長」として武内宿禰に従っている。鯰と狗呉と武内宿禰は切り離せない。

 阿蘇の古い氏族は阿蘇祖神の「草部吉見神(くさかべよしみ)」を氏神とし、阿蘇神社の神祇氏族となる。阿蘇神社の権大宮司は20社家より選ばれて「日下部(くさかべ、草部)」姓を名乗る。鯰をトーテムとする阿蘇の祖族は日下部氏族であった。そして、裂田の溝に纏わり、那珂川で一ノ井堰を管理する氏族も日下部氏である。鯰や蹴裂伝説を通して阿蘇の氏族と那珂川の氏族が二重、三重に繋がる不思議。

 安徳台の下手に「隈(くま)」と呼ばれる域がある。今も西隈、東隈の地名を残す。隈とはすみ、端のほうの意とも、曲がった角(すみ)の意ともされる。が、古層の隈(くま)地名を「熊襲(くまそ)」や「狗奴国(くな)」と結びつける説がある。阿は「くま」とも読み「阿蘇」は熊襲ともされる。


 岩戸河内の下流域、警弥郷に「警固(けご)神社」が在る。警固大神として祓戸神の神直日神、大直日神、八十禍津日神の三神を祀る。この祓戸神は現人神社の住吉神と同じく、伊邪那岐命が禊ぎをした時に生まれた神である。祓戸神は葦原中国のあらゆる罪、穢を祓い去る神であり、そして「瀬織津比売(せおりつひめ)」が禍事、罪、穢れを川から海へと流す神として、同神とされる。

 糸島の「桜井神社」も祓戸神を祀る。筑前国続風土記には「昔、この井の側に大木桜有。その株の内より水出しかば桜井と云う。」とあり、桜木神、湧水神の性格をも併せ持つ、瀬織津比売に纏わると述べる。が、桜井神社は古く「與止日女(よどひめ)宮」であった。楼門には「與止妃大明神」の扁額が掲げられ、社殿には「鯰」の絵馬が奉納される。この宮では肥前の川神、與止日女神に瀬織津比売が習合している。

 那珂川の守り神、與止日女神は中流域の「伏見神社」に在りながら、河口域の「警固(けご)神社」に祀られる祓戸神、瀬織津比売とも拘わる。

 摂津、西宮の「廣田(ひろた)神社」は天照大神荒魂を祭神としているが、古くは、瀬織津比売を祀るとされる。この宮を奉祭する摂津の廣田連は神功皇后の三韓征伐に拘わる氏族。そして、那珂川流域で警固神社を奉斎する氏族がやはり廣田(ひろた)氏であった。摂津と那珂川流域で、同じ氏族が祓戸神、瀬織津比売を祭祀することで繋がっている。

 また、廣田神社の神宴歌や住吉大社神代記に、「廣田大神と住吉大神が睦みを成した」とあり、摂津の廣田神社と住吉大社が淀川を挟んで対の関係にあった。那珂川でも警弥郷の警固神社と住吉神を祀る現人(あらひと)神社が同じ構図を見せている。


 琵琶湖から流れ出た瀬田川は宇治川、淀川と名前を変え、大阪湾に注ぐ。淀川流域は古来より政治、文化、経済の中心としてこの国の重要な位置を占めてきた。そして、度々、氾濫を起こす淀川に対し、民は川の祓い神、瀬織津比売を瀬田川の「佐久奈度(さくなど)神社」に祀っている。また、淀川の名は肥前の川神、與止日女(よどひめ)に由来するという。

 那珂川流域と畿内の淀川流域が同じ構図をみせ、瀬織津比売や與止日女の存在がその拘わりを示している。また、那珂川の現人神社の社伝は、博多の住吉神社は当社の分霊であり、摂津国一宮の住吉大社はその和魂であるとして、那珂川流域から畿内への祭祀の流れを示している。

 弥生中期の「安徳台」に在った王は、1世紀頃の那珂川下流域に「奴国」の王権を興し、その中枢とされる弥生王墓、須玖岡本遺跡の存在が、列島で最も早く繁栄した国家の痕跡を見せる。やがて、3世紀の邪馬台国の時代を経て、畿内の河内王権へとその覇権は引き継がれるのではないか、などと、那珂川と淀川の拘わりが妄想を誘う。(了)

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 亀の話。 神仏分離令の話。 »