しがない焙煎師のクソ日記

コーヒー豆焙煎の記録をうだうだ書きます

色々なペルー

2018-01-11 18:11:23 | 焙煎の記録
フェイスブック上のやり取りで突如ペルーのオーダーローストをいただきましたw

お客様の要望をがっしり鷲掴みデスヨ!

実はペルーといっても幾つかの種類がありますのよ。
有名なのは チャンチャマイヨ。
谷の名前から取ってるらしいです。

生豆はこんな感じ

クズ豆が多くて粒も揃ってない感じ。異物とかはないけれど、良い豆とは言い難い^ ^;
ウォッシュトなのでか、焙煎自体は難しくなく綺麗に焙煎できます。が、写真を撮り忘れましたorz

コーヒーの味は、草原の様な緑っぽさを感じます。青臭いのでなく、ややウッティ。甘みも程よくあり、飲みやすく個性も光る良い豆ですね。

もう一個はアルト・アマゾン。
アマゾンの奥地でぇ出逢ったぁ的な。
アマゾナス県の60軒の農家の合作らしい。

合作だけあってやっぱし揃ってはいないよね。
ただ、高地栽培らしく粒は大きいのが多い。
焙煎の進み方も素直で焙煎しやすい豆でした。


リュミヌー珈琲安定の中煎り。
甘く香ばしい香りが店内に広がりました。

味わいは最初に優しくサッパリ。ウッティな温もりがあります。
温度が下がるにつれて、オレンジの様な甘酸っぱさとカカオの様な香りを楽しめます。
ボディ感はあるのに引っかかりなく素直に飲めるコーヒーに仕上がりました。

さすがに生豆に在庫のある珈琲じゃないと、瞬時の対応は難しいですが、仕入れからのオーダーも承っております故。
こんな国のコーヒーを!何卒!!という意見ありましたら、ドウゾ。




おまけ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ナチュラルの豆の焙煎など | トップ | 中焙煎の絶妙なトコロ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

焙煎の記録」カテゴリの最新記事