荒川家具 店主のブログ

ほとんどが私事、たまに仕事、素直な気持ちを書きます

店主のひとり言

2021-11-23 | 店主のひとり言

数年前にお届けしたダイニングテーブルの補修が必要になり、それを制作した木工所にテーブルを送り補修してもらうことにした。仕上がったと木工所の奥さんから電話があり、「テーブルの裏にお子さんが書いたかわいい落書きがあったねー(笑)。オイルを塗っときましたよー」と連絡をくれた。
なんか自分たちの作ったものに愛を感じるなぁ。補修とかって割と手間がかかるんだけど、それ以上の仕上がりで返してくれる。

かたや大きな事務器メーカーの椅子の座面の張替えをそのメーカーにできるか問い合わせたところ、「その商品は廃盤なんですよね。もう十年前の商品なんで(笑)」と鼻で笑われた。だいたい十年ぐらいで椅子の座面とか破れてくるんですけどね。そんな面倒なことはしないし新しく買い替えてくれとでもいう感じかな。

自分の扱っている商品を長く愛をもって販売できるって素晴らしいと思う。当店も扱う商品にこれからも愛をこめてお客様にお届けしていこうと思った出来事でした。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 納品例 | トップ | 納品例 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿