荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

「ハト屋パン店」の閉店

2018年03月04日 | 散文
下町人情キラキラ橘商店街へやって来ました。


数ヶ月振りです。


お馴染みのパン屋の様子がいつもと違います。


例の、TVの散歩番組とかでよく取り上げられていた、あの「コッペパンの店」です。

昔はカステラなんてのも作っていたんですね。

最近は老夫婦が少しだけ、この売上げで喰っていけるのかと思うほど少量の、しかもコッペパンだけ製造販売していました。


店頭の貼り紙を見ます。
とうとう閉店するんですね。

こうして街の風景が変わって行きます。
残念ですが、屋号は「ハト屋パン店」だったのを初めて知りました。


(在りし日のハト屋パン店を偲んで)






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 小村井香取神社の梅/2018年 | トップ | 太田道灌の「山吹の里」碑 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして ()
2018-03-04 18:19:47
時々お邪魔させていただいております、ハト屋さんの件
本当に驚きました、残念と思いますが美味しいこっぺぱんの味は忘れられません。
わざわざ訪ね歩いて一度、次はもう分かったのでさっさとお店に。
私と同じお歳らしく、もういつ辞めるか分からないと云われていました。
もう一度食べたかったなと思います。他の用で上京したついでにリックに10個いれてそんな時がありました。
玲さん (荒川三歩)
2018-03-05 04:23:25
訪問とコメントをありがとうございます。
そうですか!
あのコッペパンを購入されたのですか!
残念ながら私は食べていません。
いつでも食べられると思っていたらこんな事になってしまいました。
芸能人の写真とサインを店内に一杯貼り出した店でした。下町の名店が消えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事