荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

静かな路地の景色が突然変わる街

2018年04月25日 | 散文
西巣鴨から滝野川界隈は古い建物が多くあります。




長閑で静かな街です。


静かといっても、始終下町らしい音が聞こえます。


雀の鳴き声だったり、漏れて来るテレビの音だったり、街に根付いた下町の音です。


踏切です。


「カンカン」と警報機が鳴って、都電の登場を知らせます。
街に馴染んだ耳障りしない音です。


静かな路地の景色が突然変わります。
落ち着いた路地に鮮やかな幕が下ります。


この路地でも・・・。




この景色が好きです。


舞台の変化を求めて次の路地へ向かいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アルゼンチン大使館と氷川神... | トップ | 南青山の花屋 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ベルウッド)
2018-04-25 13:29:18
 とっても東京都は思えませんね。
 来月から東京へ出張しますので、一度時間を見つけて当地を訪問してみたいと思います。
 また、楽しみにブログを訪問させて戴きます。
ベルウッドさん (荒川三歩)
2018-04-25 17:53:04
訪問とコメントをありがとうございます。

高層ビルも良いけど、下町も好いでしょう?
ゴールデンウイークに出張ですか?
大変ですね。頑張って我々退職暇人を養ってください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事