荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

プーシキン美術館展 旅するフランス風景画

2018年04月23日 | 散文
夏の陽射しの東京都美術館です。


展覧会は開催直後ではない早いタイミングで行くことにしています。
けっこう空いていることが多いです。


残念ながら、今回は展示絵画の撮影コーナーはありませんでした。
出口の記念撮影コーナーのみです。


風景画は好いですね。
心が和みます。


美術館の2階から見る公園は、絵画に多くあった、緑溢れる光景です。


退館後、階段を上がりながら仰ぎ見た緑です。
風が緑をそよがせています。


風景画の中に入り込んだ感覚になります。




奏楽堂への道です。


風と陽射しが気持ち良いです。


奏楽堂への道は東京都美術館の裏の道です。




印象派が好きそうな道です。


木漏れ日溢れる午後です。


空を見上げます。
もう夏です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 根津の藤屋敷 | トップ | 絵画館前の新緑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事