荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

2018年5月場所/入り待ち風景

2018年05月18日 | 散文
国技館にやって来ました。


櫓の下に当日の取り組みが張り出されるのですね。
初めて知りました。


さて、「入り待ち」風景です。
沢山のファンが力士の登場を待っています。

入場できないのなら、せめて近くで顔だけでも・・・。
一声掛けて応援できたら・・・。
そんな気持ちでしょう。

力士の登場風景を羅列します。
貴景勝の登場です。


荒鷲ですね。


この後、貴景勝が荒鷲に勝ちました。


幕尻の安美錦です。
昨日初日が出ました。
頑張ってほしい。


正代が付け人と登場です。
すぐ近くの部屋から歩いて来ます。
昨日は良い相撲で全勝です。


宝富士です。
嘉風に負けたけど、まだ勝ち星が上回っています。


取り組み終えて、帰って行く下位力士もいます。
彼らにも名前を呼んで声援を送るファンがいます。
よく知っていますねぇ。


登場毎に拍手と声援が起こります。






一段と喚声が上がって栃ノ心の登場です。
昨日もプレッシャーの中で、力強く勝ちました。
大関イケますね。

関脇が元気な場所は面白いと言います。
彼と逸ノ城、それに昨日その逸ノ城に勝った新三役の遠藤が場所を盛り上げています。
「技の遠藤」に、日本人は期待です。

一方、帰りに覗いたこの部屋が元気ありません。
宝富士が頑張っているけど、日馬富士が引退して、元大関照の富士が十両で休場して幕下に落ちそうだし、安美錦もまた十両陥落しそうだし・・・。

ここは我慢ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「不動通り会」を行くと、 | トップ | 東京大学/2018年5月祭の準備中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事