荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

ザンビア共和国大使公邸に行き当たる。

2018年08月11日 | 散文
千川通りと音羽通りの間は、大塚から小日向に続く丘です。
この丘は、やがて平地に下りて、小石川後楽園に到ります。
そんな丘の中央の、陽射しが眩しい路に居ます。


振り返ると「跡見学園前」のT字路です。
信号の向こうはお茶の水女子大学という文京地区です。


坂を下っていたら、国旗が見えました。




「ザンビア共和国大使公邸」の表札があります。

こんな所に?

その場所を振り返ります。
坂の上には跡見学園女子大学があります。






向かい側には、拓殖大学国際教育会館があります。






大使公邸は高級住宅街にあることが多いので、ここにザンビア共和国大使公邸があることに違和感はありませんが、所在地に違和感があります。
大使館は、品川区荏原にあるのです。
下町でもあります。




直線距離で15km位離れています。
道路を行くと、随分遠いと思います。
大きなお世話でしょうが、下町だけど「住職接近」が宜しいのでは?


大使館や公邸を変更する国は結構多いです。
開発途上国や小規模の国にその傾向があります。
国民の目が届かないのを良いことに、大使が代わる度に、大使の好みによって代えているように勘繰ってしまいます。
もっとも、大国は既に贅を尽くした建物を所有してはいますが・・・。
日本国大使はそんなことしてないですよね?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「なりゆき任せのほうが人生は... | トップ | 自転車が戻った相撲部屋/201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事