荒川三歩

東京下町を自転車で散策しています。

江戸川球場/2017年(青春の隣に居る)

2017年07月14日 | 散文
平日の江戸川球場は高校野球の季節です。
どこのチームを応援する訳ではないけど、とにかく高校野球が好きな、この観客の一人として観戦しています。


グランドは伯仲した試合展開です。


ホームランを打ちます。
「カキーン」という音が白球に乗って青空に吸収されます。
ホームランを打ったらスコアボードの表示が変わります。


デッドボールで倒れます。




ガッツポーズで生還します。


声を限りに応援します。


試合終了です。
負けたチームはきちんと整列できません。


健闘を讃え合います。


勝ったチームが勝利の報告です。




スタンドと歓喜を共有します。


敗れたチームの選手が泣き崩れます。
逆転負けだけに尚更悔しいです。


一生懸命頑張った人だけに泣く権利があります。


いつまでも席を立てません。

私たち観客は、青春の隣に居ます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佃煮を買いに。 | トップ | 長屋と根津教会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散文」カテゴリの最新記事