コメント
 
 
 
やはり中狂 (toorisugari)
2006-01-24 09:37:01
いや,まったくそのとおりですよ.煽ってあげないと!

庶民から娯楽を奪って滅んだ国は沢山ありますから.

まして,それが最高の娯楽とくれば...



まあ,中国女優を日本を題材とした映画に使うところが,そもそもの間違いなんで日本はとばっちりもいいところです.

さすがにハリウッドは責任転嫁はしないでしょうが,最近勘繰りすぎるのも一種の韓流かな~.



それはともかく,映画をみたら,是非良し悪しを教えてください.

純粋に映画の内容には興味があります.

単純な日本文化の紹介か,それとも日本人とは違った視点で深く切り込んでいるか...

ラストサムライは,結構良い視点を持っていたと思いますが,今回はどうでしょう.
 
 
 
文革モード全開! (閑話休題)
2006-01-24 10:17:04
テレビでは反日抗日愛国妄想映画を垂れ流しておいて,いまさらSAYURIもないだろうと思いますがねえ。わざわざ中国人を起用しながら大陸では上映禁止,ついでに日本でもコケたら「ざまあみろアメリカ人」ということで,私の溜飲も下がります。我ながら心の狭さを恥じるのですが。笑



中共の狼狽ぶりは崖っぷち独裁者の常としても,世論の脊髄反射を見るにつけ,中国人民は文革当時の「つるし上げ」モードから未だ脱していないのかと。趙薇の日章旗ファッション事件もそうでした。中国の犬は日本の総人口よりも多いそうですが,それが全て「パブロフの犬」だと笑えます。
 
 
 
時間があれば水曜に見ますが (aquarellisute)
2006-01-25 01:12:59
>toorisugariさん

どこかの中国人が反日は娯楽ですから心配ありません、って言ってましたね。巻き込むんじゃねえ。反上海デモやってろと。



細かい点は気にせず楽しみながら観賞したいのですが、あいにくこちらでは上映はたったの1週間。見られないかも。



>閑話休題さん

あの手の抗日ドラマを見ると、キモい戦争映画を作ってる北朝鮮と同系列の国だと気付かされます。「昔は中国も北朝鮮みたいだったんですよ。懐かしいですね」とホザいていたのは、我が大学にいた中国人教員。今もじゃないか。



チャン・ツィイーに加えて、コン・リー、ミシェル・ヨーと、華人女優をフルに使ったのにもったいない。あとはルーシー・リューくらいしか浮かびません。中国で稼げるかどうか疑問なのに、この布陣は謎です。案の定上映が怪しい。それだけ日本人にいい役者がいないのかなあ。



結論としては、工藤夕貴はちゃんと役を勝ち取れってことで。
 
 
 
Unknown (xiaoxiognmao)
2006-01-25 22:15:01
>>昨年にニセエロ写真

アイコラみたなもんが出回ったんですか?詳細きぼ・・・希望です。ぜひとも見てみたい!

まあ、SAYURI、DVDでみれるでしょうし(笑)
 
 
 
Unknown (aquarellisute)
2006-01-25 23:31:10
xiaoxiongmaoさん、追記しておきましたので、そちらをご覧下さい。これも反日教育の一種なんでしょうね。
 
 
 
Unknown (夢屋時次郎)
2006-04-08 23:12:12
あの~、おそらくご存知だと思うのですが、この偽エロ写真はどう考えても、深作欣二監督の「火宅の人」の1シーンです。



写っている男女は、緒形拳さんと松坂慶子さんです。参考までに・・・。



 私事ですが、上海で学生をやっているのでいつも興味深く拝見しております。今後も期待しております。

 
 
 
Unknown (aquarellisute)
2006-04-09 23:29:06
中国反日情報では松坂慶子と役所公司ペア@『道頓堀川』だろうという結論でした。そうなんですか。



私は映画に疎いのでどっちなのかは分かりませんが、エントリに書いたとおり、公開のかなり前なのにキャプチャ丸出しな画面をどこから引っ張ってきたのか不思議で不思議で。もっと不思議なのは、それを誰も指摘しない中国人です。
 
 
 
Unknown (夢屋時次郎)
2006-04-10 14:44:53
度々、失礼します。



「道頓堀川」も同様に深作欣二監督で松坂慶子が出演している作品ですが、映画の中で彼女とラブシーンを演じているのは、真田広之です。



よって、どう考えてもこの写真は「火宅の人」の1シーンだと思われます。因みに、この緒形拳が演じているのは檀一雄(役名は桂一雄)です。



ちょっとした深作ファンからの情報でした。



 「火宅の人」は上海でも何度か海賊版を見かけたことがあります。ですので、それを利用したのだと思われます。



それにしても、この手の才能に関して、中国人はズバ抜けてますよね。不可解な民族です。
 
 
 
Unknown (aquarellisute)
2006-04-11 20:14:04
そうでした、真田広之でした。深作ファンにケンカを売るようなマネをしてしまいました。



よくネタを見つけてくるもんです。病んでいるからこそそっちの方面は発達するのかもしれません。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。