スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

姥捨て山 再考

2018年10月02日 | インチョの酒

姥捨て山が気になって色々調べてみると

インドでも同じことがあり もしかしたら ヘナの話はインドの事だったのかな?と

なんとなく思っております。

 

ネットには 姥捨て山は作り話だ 的な書き込みが多くて なんだか弱い。

弱い。 

 

何が弱いと思うのかは。。。今の時代で物事を捉えるな。です。

社会福祉もある程度充実し、人間の尊厳や権利も守られている時代と

当時を同列にとらえては 何かが曲がるし

人間の営みの中でそういう事もあるかもしれないという事を

「嘘でした」で 終了させるのも なんだか違う。

 

元気で清潔で生活に不自由がない人間の綺麗ごとの世界だけではないから。

 

 

前世を見せていただいていると ここには書けない 

今から見ると「非人道的」または「人権無視」の様な事はたくさんあります。

そして何故それが 「本当にあった事だろうな」と納得できるかと言えば

 

行動へ至る 動機や周囲の歴史、時代が すんなりと無理が無いからです。

 

むしろ 現代の社会の方が 行動と動機と結果に意味がわからないことだらけ。

人の心というものが見えにくいです。

 

子供の間引き、コケシの話、お産婆さんの技術 に関して。。。。。等も。

 

現代ではもっともっと子供が生きられる環境にあるのに
色々と事件がある度に心が痛みます。

 

 年老いた老人を山へ捨てるという史実が

無かった事として思いたいのか否かはわかりませんが

今現在は姿を変えてあるじゃない。

良い悪いではありませんし そこが不幸とも思いません。が

訪問診療へ行っていた時の実際の様子なども見ると

現場は大変です。介護職の方がたの頑張りには頭が下がります。

 

綺麗ごとだけではない現実、人間の生活があります。

 

だから姥捨て山の事も  ナシ としたい人達の書き込みは

 

弱い。

 

と感じてしまうのです。

魂の話を見ていくと こちらの世の中で起きる様々なことを 

感情的ではなく ありのままで解釈する事が必要になってきます。

 

人は優しいけれど、大きなルールや社会の仕組みの中ではとても弱い。

その現実も見ながら 色々な視点をいただいていくことが
大切なのかなと思っております。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 不思議な事はツール | トップ | 金山の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インチョの酒」カテゴリの最新記事