スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

鬼と除霊と

2018年12月31日 | スピリチュアル

今年も色々ありました。変化の年だったと思います。

大殺界に入ったということで、あまり新しい事などをしてはいけないようなのですが

きっと古いものを壊す。ということなのかなと思っております。

かつての古い自分とやり方がガラっと変化しました。

 

来年も色々と大難を小難に。無事に過ごせますように。

 

 

youtubeである番組をなんとなく見ていました。

仕事中につけていたらそのままず~っと次のものになって

EHさんの番組。興味深くみていました。そこで 憑依した女性が暴れているものがありました。

「大変だよね~」と思いながら見ていたら、やはりその人はなかなか抜けないので

Eさんが「あんまり 抜けないと鬼に連れて行ってもらうよ」と言っていました。

ほんの一瞬の言葉でしたが、物凄く聞こえました。 もう一度聞き直した事。

 

私も以前Sさんに憑いた 貧乏神みたいな歌丸師匠のような(失敬)男性が駄々をこねたので

「鬼に連れて行ってもらおうか ヒソヒソ」と言った事があります。

 

強硬手段です。 大概の霊は話を聞いたり、思いを汲むとす~っと軽くなります。

生きてる人間と同じ。

 

私は自分自身で意識して霊の世界に入ったわけではなく

その時 その時でヒラメキのような感じで「こうしたらいい」という事が 手順も含めて見えてくるのです。

その道の仕事を専門でしているわけでもないですし、だからどうってことでもないですが

原因究明と対処法のような事。  病気と治療のようなものです。これは普段の仕事。

 

そこへ関わってくるのは 人間という器と魂の営み。

これは生きてる人でも亡くなっている人でも同じです。性格は変わりません。 視点と俯瞰してみる事ができる視野を

亡くなると得るだけです。

 

やはりそうか~と思いました。2018年の大晦日でした♪まる。

 

良いお年をお迎えくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大殺界 天中殺の時期 | トップ | 明けましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアル」カテゴリの最新記事