スピリチュアルな体験談

自分で体験した事を書いていきます。不思議な出来事など。
軽口だけれど自然に対しては敬虔な気持ちでいます。

金山の話

2018年10月02日 | スピリチュアル

人権や社会等の話から思い出したこと

 

そのやり取りもなんだか不思議なパターンだったのですが

(いまではその当人も本当にいたのかすら疑問に思えてきます。。。)

夏の怖い話

 

金山でふんどし姿で坑道を掘っている男性が見えました。

その男性は 犯罪集団の一人で(強盗 人殺し。一家惨殺)

「金持ちは悪い事をしてお金を稼いでいるんだから奪ってもいいだろ と思っていた」

という感覚&言葉が、、、中間世でも言っていました。

 

「金山で働いたら、逆に金を盗まれたらこまるんじゃないの?」と聞くと

 

「この島からは生きて抜け出せないからだよ」

 

とニヤリと笑われたのが ぞっとしました。おそらくあの島だと思います。

 

人権というものがかなり重要視されて手厚くなってきたのはここ最近。

それまではかなり ナンデモアリ だった世界のようです。

私が生まれてからは それなりに人権重視へシフトしてきている時代だったので

身近に見聞きする機会は それぞれの家庭内で言い伝えのように

おばあちゃん、おじいちゃんから聞くような時でした。

 

よそ様へは言わないこと。 家では言われている事。注意するべきこと。

家訓とまではいいませんが、何かしらの 世間体や

ネガティブ(サバイバル術)と思われるようなことは表へは出にくかったようです。

 

前世を見ると色々と教えてもらえます。。。。まる。

 

夏の夜の・・・・ の後日談

 

あちらから「伝えろ!」と言われた後、

相談者の本人からは支払いはありませんでしたが

 

他で補填以上の大きなお礼をいただいたことはいうまでもありません。

 

結構そうなんです。何かをお伝えし解決すると 

別の処から棚ぼた的お礼がある。

ありがとうございます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 姥捨て山 再考 | トップ | Por una Cabeza »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スピリチュアル」カテゴリの最新記事