「アクア通信」

指圧室市営地下鉄『東山田駅』

一帯一路で天に唾した中国、海外に初の“鬼城”を輸出する羽目に

2018年08月31日 16時44分55秒 | 癒し・心身の指圧治療

ついに頓挫か、中国人100万人マレーシア移住計画

一帯一路で天に唾した中国、海外に初の“鬼城”を輸出する羽目に

2018.8.31(金)  末永 恵
  • 1ついに頓挫か、中国人100万人マレーシア移住計画 
    [末永 恵]2018.8.31
  • 2日本の大学教師はなぜダメなのか 
    [池田 信夫]2018.8.31
  • 3米国の覇権に赤信号、ロシア製最新鋭ミサイルの威力 
    [堀田 佳男]2018.8.31
  • 4【特別公開中】マハティール元首相、日本の政治にも… 
    [川嶋 諭]2012.5.19
  • 5ついに日の目見た世界最高水準の国産ジェットエンジ… 
    [渡邊 光太郎]2018.7.13
  • 6サウジアラビアはなぜアラムコのIPOを中止したのか 
    [藤 和彦]2018.8.31
  • 7「我々は台湾ではない」中華民国を悩ませる離島の現… 
    [安田 峰俊]2018.8.30
  • 8中国大富豪苦戦、”東洋のモナコ”の一帯一路開発 
    [末永 恵]2018.8.1
  • 9陸自が地対艦ミサイルで米海軍戦車揚陸艦を撃沈 
    [北村 淳]2018.7.26
  • 10アップル、iPhoneの後継となる新たな製品を開発か 
    [小久保 重信]2018.8.31
 
マレーシア・イスカンダル計画の最大プロジェクト、中国主導の「フォレスト・シティ(中国名:森林都市)」。中国・華人100万人をマレーシアに移民させる一帯一路計画の模範プロジェクトだ。

 日本人の「海外不動産投資ブーム」を牽引したのが東南アジアのマレーシアだ。

 東日本大震災以降、マレーシア政府は早々に、マレーシアでのロングステイ、セカンドホーム「MM2H」やコンドミニアム(マンション)購入投資の多様な商品を並べ、ジャパンマネーの取り込みを行った。

 特に 、マレーシアでは不動産取得において、最低購入価格制限以外に外資規制がほとんどなく、シンガポールなど他の東南アジア諸国と比較し、外国人に開放されていて、その結果、MM2Hのビザで永住する日本人も多い。

 とりわけ人気だったのが、第2の都市、マレー半島最南端のジョホールバル(ジョホール州首都、最大都市)だった。<iframe frameborder="0" width="300" height="250"></iframe>

 温暖な気候に整ったインフラ、英語圏で安価な物価、さらには親日国というのが売りで、投資や資産逃避に加え、子供の留学の教育移住先としても日本人の受け皿になった。

 中でもジョホールバルは、シンガポールに隣接し、香港と隣り合わせの深圳を髣髴させる好立地。

 この地に、マレーシアとシンガポールが共同出資する人口300万人を目指す巨大都市開発構想「イスカンダル経済特区」に伴うコンドミニアムなどの不動産開発ラッシュが起き、日本人の爆買いが注目された。

 マレーシアの場合、「プレビルド」という、数年後に完成予定の物件を更地の状態のときに予約購入する不動産購入方式が主流。

 しかし、供給過剰で大量に建設された結果、完成したものの住むこともままならない状態に陥っている。商業施設も住民が少なく、続々と撤退した。

 「売れない、貸せない」状況が発生し、空き家だらけで、未来開発都市・ジョホールバルは「廃虚化したマンション都市」との汚名が着せられる不測の事態となった。

 そんな辛酸を嘗めた日本人バイヤーが淘汰される一方で、地元不動産を爆買いし始めたのが、急速な経済成長で中間富裕層拡大の中国からの華人だった。

コメント

体操協会・具志堅幸司副会長会見、ネットで称賛…

2018年08月31日 10時51分16秒 | 癒し・心身の指圧治療

体操協会・具志堅幸司副会長会見、ネットで称賛…危機管理専門家も絶賛

日本体操協会の緊急対策会議に出席した具志堅幸司副会長(右)。左は二木英徳会長 

写真拡大

 体操女子で2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が「日本協会にパワハラを受けた」と逆告発した問題で、協会側の立場で30日に会見を行った具志堅幸司副会長(61)がネットを中心に称賛を浴びている。SNSなどでは「スポーツ協会関係者で久し振りにまともな人を見た」などの声が続出。危機管理広報会社・エイレックスの江良俊郎社長は「感情的にならず、合理的な受け答えで世の中の人に納得感をもたらした」と評価した。

 記者の目をきちんと見つめながら、投げかけられた質問には冷静に「その通りです」「それはわかりません」とハッキリ答える姿。具志堅副会長の記者会見は、見ている人たちに、好印象を植え付けたようだ。会見終了後、ネット上には称賛の声。ヤフーのリアルタイム検索で話題のキーワードでも「具志堅副会長」がトップ10に入るなど、大きな注目を集めた。

 具志堅副会長の会見は、何が良かったのだろうか。危機管理広報会社・エイレックスの江良俊郎社長は「まず記者の目をきちんと見て話したことが良かった」と振る舞いに合格点。「我々の(会見などの)トレーニングの基本も『目を見る』ことなんです。信頼感が出ますからね」と説明した。「外見は本当に大事。それだけで、画面を通じた人々の見方が変わる」と服装の清潔感も評価。

 さらに臆測や決めつけで話したり、中途半端な回答がなかったことにも注目し「冷静で合理的に言葉をつなごうとしていたことで、多くの人に好感を持たれたんじゃないでしょうか。(あいまいな言葉に終始した)29日の(山本宜史専務理事の)会見より格段に良かった」と称賛した。

 対照的に、塚原光男副会長がこの日朝、取材を受けて宮川の会見内容を「全部ウソ」とした発言を「最悪の例」として挙げた。「感情的になって全否定したことで、常に『選手のクセに…』と見下している印象を持たれた」とした。「具志堅さんは、身内をかばうのではなく、たしなめる発言をしたことで公平感も出した。この点も素晴らしかった」とした。

 今年に入ってさまざまな問題が噴出したアマスポーツ界。日大アメフト部、日本ボクシング連盟、日本体操協会は対応のまずさで批判を浴び、傷口を広げた。具志堅氏の登場が、事態を良い方向に導くことができるのか、注目だ。

 ◆具志堅幸司という男 具志堅さんの会見がテレビで生中継されると、ネットでは「懐かしい」などの声もあがった。

 体操選手だった具志堅さんが脚光を浴びたのは84年ロス五輪。個人総合と、最も得意だったつり輪で金メダルを獲得。さらに跳馬では脚力に自信がなかったにもかかわらず銀メダル、団体総合と鉄棒で銅メダル。合計5個のメダルを獲得。平行棒の技の名前には「グシケン」の名が付けられた。

 ロス五輪では演技の前には、目を閉じて自分に言い聞かせるように「突破突破…」と唱える姿が注目された。世界選手権では81年から85年までの間で金2個、銀2個、銅4個のメダルを獲得している。

 体操の名門・清風高(大阪)を卒業後、日体大に進んだ。アキレスけん断裂や足首を骨折する大けがをしたが、1980年のモスクワ五輪(日本は不参加)で日本代表に選ばれた。17年には講演でこどもたちに「ピンチはチャンスだ」と語りかけ、諦めずに努力を続けることの大切さを説いていた。引退後は、指導者を目指してドイツ留学。帰国後は日体大の監督、男子日本代表の監督などを歴任し、17年には日体大学長に就任した。

 ◆最近のアマスポーツ界の会見

 ▽ピンクのネクタイ 5月19日、日大アメフト部の悪質タックル問題で、内田正人監督(当時)が謝罪し、辞意を示したが、ピンクのネクタイが「謝罪にふさわしくない」と批判された。また相手大学の「かんせい」を何度も「かんさい」と間違えた。

 ▽司会者がキレる 同23日、内田前監督、井上コーチの会見の司会をした日大広報部の男性が、何度も会見を打ち切ろうとした。記者から「あなたの発言で、日大のブランドが落ちてしまうかもしれない」と言われ「落ちません!」などと回答。

 ▽読み上げただけ 8月8日、日本ボクシング連盟の山根明会長(当時)が大阪市内で辞任表明。しかし声明を読み上げただけで質問を一切受け付けずに5分あまりで退席。

 ▽ささやき会見 同29日、日本体操協会の山本宜史専務理事は、隣の弁護士から耳打ちをされ発言した。
コメント

トイレに設置されたハンドドライヤーで乾かすと、せっかく洗った手に菌が付着し、ばらまかれる恐れがある

2018年08月30日 17時47分20秒 | 癒し・心身の指圧治療

ハンドドライヤーの風であなたの手は菌まみれ

<トイレ中に飛散する細菌を吸い込んで吹き付ける......「衛生的」なイメージとは程遠い実態が明らかに>

手に付いた細菌をばらまかないために、トイレの後は手を洗おう――。そんな「常識」が実は逆効果かもしれない。

最新の研究によれば、オフィスビルなどのトイレに設置されたハンドドライヤーで乾かすと、せっかく洗った手に菌が付着し、ビル全体にばらまかれる恐れがあるという。

4月に米科学誌「応用・環境微生物学」(オンライン版)に発表された研究では、米コネティカット大学の研究者チームが大学内にある36カ所のトイレのさまざまな位置に培養皿を置いて細菌の数を調べた。その結果、ハンドドライヤーから吹き出される温風には、トイレ内の空気中よりもはるかに多くの細菌が含まれていることが分かったという。

「特にふたのないトイレの場合、水を流す際に、排便に含まれる細菌がいくらか空気中に飛散する」と、論文の著者であるコネティカット大学のピーター・セトロー教授(分子生物学・生物物理学)は本誌に語った。トイレには大勢の人間が出入りすることも事態を悪化させるという。ハンドドライヤーはトイレの空気を取り込み、高速で吹き出すからだ。

今回の研究では、本来は研究室にしか存在しないはずのPS533(遺伝子操作によって無害化した枯草菌)がどのトイレでも見つかった。恐らく研究室から研究棟全体に菌の胞子が飛散したのだろうと、セトローは言う。研究チームによれば「大きな建物の中で、病原菌の胞子が部屋から部屋へ飛散する可能性がある」。ハンドドライヤーもその飛散原因の一部になりかねないという。

理屈の上では、ドライヤーにHEPA(高効率微粒子除去)フィルターを取り付ければ、洗ったばかりの手に細菌が吹き付けられるのを防げるはずだ。しかし今回の研究では、HEPAフィルターを取り付けたハンドドライヤーでも、菌の付着を防げたのは約75%。かなり高い割合だが100%ではない。

「フィルターが正常に機能していなかったか、ハンドドライヤーの周囲のろ過されていない空気中から菌が入り込んだのかもしれない」と、セトローは言う。例えばハンドドライヤーの周囲に対流が生じ、トイレ内のろ過されていない空気をドライヤーの風が巻き込んだ可能性もある。

今回の研究以外にも、ハンドドライヤーが細菌(無害なものも有害なものも含めて)の飛散にひと役買っている可能性を示す証拠が増えている。そのため、セトロー自身は使い捨てペーパータオルを愛用。今回の調査対象となった大学内の36カ所のトイレにも置かれるようになったという。

[2018.8.28号掲載]

キャサリン・ハイネット

コメント

カシオ、スマートウオッチ「PRO TREK Smart」新モデルを披露

2018年08月30日 08時42分19秒 | 癒し・心身の指圧治療

カシオ、スマートウオッチ「PRO TREK Smart」新モデルを披露 - IFA 2018

画像提供:マイナビニュース 

写真拡大

カシオ計算機は8月29日(現地時間)、ドイツのベルリンで開催中のIFA2018にて、プレスカンファレンスを開催。OSにGoogleのWear OSを採用したスマートウオッチの新製品「PRO TREK Smart WSD-F30」(以下、WSD-F30)を発表した。

WSD-F30は、現行モデル「WSD-F20」に加わるラインナップだ(WSD-F20も継続販売)。欧州での価格は549ユーロ、発売は2019年1月ごろの予定となっている。カラーバリエーションは、オレンジ、ブルー、ブラックの3色だ。

現行モデルのWSD-F20とのおもな違いは、フェイスサイズが小さくなったこと(縦横とも3.9mmも小さくなった)、ディスプレイサイズが1.32インチから1.2インチになったこと、厚さが0.4mm薄くなったことなど。

機能面での進化も大きい。新しい動作モード「エクステンドモード」では、GPS機能とオフライン地図機能だけを有効にすることで、1日8時間の使用において丸3日間のバッテリー駆動時間を実現した。ほかにも、2層構造のモノクロディスプレイ部分に、時刻や日付だけでなく、高度、気圧、方位をまとめて表示するようになった。またひとつ、アウトドアウオッチ「PRO TREK」のファクターを身に付けたといえるだろう。このモノクロ表示だけなら、約1カ月間のバッテリー寿命だ。

カンファレンスでスピーチしたカシオ計算機の山下和之氏は、WSDシリーズの歴史や特徴を簡単にまとめたのち、WSD-F30が備える「3つのアドバンテージと価値」を強調。すなわち、上述した「デザイン」「2層構造のディスプレイとモノクロ表示の進化」「エクステンドモードによる3日間のバッテリー駆動」だ。WSD-F20ユーザーからの要望としてもっとも大きかったのが、小型化とバッテリーの持ちだったという。

また、従来と変わらぬ「バリュー(価値)」として、米国国防総省の調達基準「MIL-SPEC準拠、ウェアラブルMAP(スマホと連携せずにWSD-F30だけで地図を利用可能)、多彩なアプリを紹介。カシオが誇る耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の技術をフィードバックしたタフネス性能などもからめつつ、「WSD-F30によってPRO TREK Smartはネクストステップへと進む」と、オーディエンスに向かって強く語った。
コメント

ジャニー喜多川氏の慧眼明かす 演出意図を説明なしで理解し「わかる人にはわかる」

2018年08月30日 08時39分05秒 | 癒し・心身の指圧治療

堂本光一、ジャニー喜多川氏の慧眼明かす 演出意図を説明なしで理解し「わかる人にはわかる」

ジャニー氏の慧眼に舌を巻いた堂本光一 (C)ORICON NewS inc. 

写真拡大

 人気デュオ・KinKi Kids堂本光一が29日、東京・日比谷の帝国劇場でミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』の千秋楽公演に出演。囲み取材で光一はジャニーズ事務所の社長を務めるジャニー喜多川氏が舞台を観劇し、感激したことを明かした。

【全身ショット】息の合ったトークを繰り広げた”プリンス”堂本光一&井上芳雄

 同ミュージカルは世界的演出家のジョン・ケアードがシェイクスピア最後の作品として知られる『二人の貴公子』(共作・ジョン・フレッチャー)を新たな脚本・音楽・振り付け・演出で製作。今回が世界初演となった。

 プレッシャーも大きく、初タッグとなった井上芳雄によると光一が「止めとけばよかった」とボヤいたこともあったという。それでも公演を見事にやりきった。井上との仲も深まった。井上は「隣にずっといさせてもらって日々、光一くんの愛おしさが増す。なんてかわいらしい生き物なんだろう。愛さずにはいられない1ヶ月だった」とデレデレだった。

 本番を通して新たな発見もあったという。共に“プリンス”と呼ばれる2人は主演で舞台に上がることが多い。光一は「(井上は)常に先頭に立ってきた人。そうするとカーテンコールとかで気づくと、どセンターにいる(笑)」と回想。井上が「病気なんです」と照れると、光一も「俺も、たまにあって『ヤベッ』ってなる。これはもう、しょうがない」と同意し、笑わせた。

 一方、井上は光一の優しさあふれるエピソードを披露。「疲れてたら、いい錠剤をくれた。見たことない錠剤。『これ、スゴい効くから』って」と明かし、「『SHOCK』やってる人が言うんだから効くだろうと飲みました。効きました」とにっこり。怪しいエピソードにも思え、光一は「ただのビタミン剤」と慌てて説明していた。

 また、ジャニー氏も『ナイツ・テイル』を鑑賞した。光一は「ジャニーさんはおもちゃ箱をひっくり返したような作品が好きな人。こういった作品は、どうだろうと思う部分もあった」という。それが、観劇を終えると同ミュージカルを褒めちぎったそう。「何度も『ジョンが演出でやる』って話したのに、ジャニーさんは『素晴らしい! 演出は誰?』って」とやり取りをものまねしながら回想。コミカルな動きに会場は大爆笑だった。

 さらに、ジョン氏の意向で和訳しても英語のリズムを崩さないような台本になっていたという。光一は「ジャニーさんに、そんな説明を全くしてなかったのに『せりふが全部、英語のようなリズムだったから気持ちいいよ』って。ジャニーさんが芝居のことを言ったのは初めて。わかる人にはわかるんだなって」とジャニー氏の慧眼に舌を巻いた。

 それだけの作品となり、再演の期待も高まっている。光一は「芳雄くん次第…」と笑わせつつ「再演できたらいいな」と力を込めた。

 同ミュージカルは9月18日から10月15日まで大阪公演として梅田芸術劇場で上演される。
コメント

日本の戸建住宅を襲う「ガラパゴス化」の懸念

2018年08月30日 08時36分15秒 | 癒し・心身の指圧治療

日本の戸建住宅を襲う「ガラパゴス化」の懸念


日本の戸建住宅市場に構造変化の兆しが出ています(写真:dwph/iStock)

新設住宅着工戸数で約45%を占める戸建住宅市場に構造変化の兆しが出ている。パナソニック ホームズ、トヨタホームなどの大手プレハブメーカーが木造住宅事業に続々と参入する一方、地方発のパワービルダーや工務店が勢力を伸ばしているのだ。この流れは、2019年10月に予定されている消費税率引き上げ後に一段と加速するとの見方が出ている。いま、住宅市場で何が起きているのか。前後編にわたってリポートする。

存在感を増すパワービルダー

戸建住宅(除くアパート)の販売棟数で、積水ハウスとトップ争いしている浜松市発祥の一条工務店(東京都江東区)をご存じだろうか。

戸建住宅の市場調査を行っている住宅産業研究所に聞くと、ブランド別の戸建住宅販売棟数では長年、積水ハウスがトップに君臨してきた。しかし、2015年度調査で一条工務店が積水ハウスを抜き、2016年度実績でも年間1万2500棟で1位となったという。

不思議なことに住宅業界でこの話題を聞くことはほとんどない。積水ハウスの広報資料(2018年3月作成)では、積水ハウスの2016年度実績は1万2570棟でトップを守っており、一条工務店のホームページでも僅差で積水ハウスにトップを譲っている。ブランドイメージにもかかわるだけにデリケートな話題なのだろうが、いずれにしても一条工務店が、積水ハウスと肩を並べる位置にいるのは確かなようだ。

ただ、実際に住宅展示場に足を運ぶ機会でもなければ、一条工務店を知らないという消費者は少なくないだろう。同社は2017年3月期の売上高が3946億円と、ミサワホームに肩を並べる大手住宅メーカーだ。ところが、株式上場していないうえに、新聞・テレビでの広告宣伝をほとんど行わない。メディアの取材を受けないことでも有名で、同社のニュース記事を見掛けることもない。

客を装って住宅展示場の営業マンに話を聞くと、一条工務店は設計・生産拠点をフィリピンに置いている。北米で普及している2×6(ツーバイシックス)工法を採用し、屋根一体型の太陽光発電、システムキッチン、サッシ、外壁タイルなどを自社で生産。これらの部材を工場で組み立ててパネル化し、日本に輸送して組み立てる。木造住宅の徹底した工業化で、高性能な住宅をリーズナブルな価格で提供して販売を伸ばしてきた。

分譲戸建住宅市場で約3割の圧倒的シェアを持つ飯田グループホールディングス(以降、飯田GHD)も、好調に販売棟数を伸ばしている。住宅産業研究所のブランド別調査ではグループ6社が個別計上されているのでトップになっていないが、一建設、飯田産業、アーネストワンなどグループ6社合計の分譲戸建の販売棟数は、2018年3月期で前期比8.7%増の4万4275棟(土地売り含む)と断トツだ。

2013年11月に経営統合したあと、国内最大級に集成材製造・プレカット会社のファーストウッド(福井県)を2014年に子会社化した。今年3月には青森県に単板積層材(LVL)の新工場を建設するなど、木造在来工法の部材生産能力を着々と強化。今年度の分譲戸建の販売目標は4万8000棟以上で、注文住宅を加えると年間5万棟を突破する可能性もある。

木造在来工法の注文住宅を得意とするタマホームも、2期連続で受注を伸ばした。九州を地盤に急成長し、2013年に東証一部に上場したあと業績が落ち込んだ時期もあったが、ベーシックラインと呼ぶ低価格住宅の投入で復活。2018年5月期の受注棟数は前期比5.7%増の9386棟と、3位グループに浮上してきた。一時期のような派手なTVコマーシャルは見掛けなくなったが、地域ごとにきめ細かく顧客ニーズに対応して受注拡大につなげている。

変化する戸建住宅の業界地図

戸建住宅市場は、1970~1980年代から積水ハウス、大和ハウス工業、ミサワホーム、旭化成ホームズなどプレハブ住宅を得意とする大手ハウスメーカーが業界をリードしてきた。住宅関係10団体を統合して1992年に発足した住宅生産団体連合会(住団連)に加盟する企業会員27社には、大手ハウスメーカーのほか、LIXIL、TOTO、大成建設などの名前が並ぶ。

その戸建住宅の業界地図に明らかに変化が現れている。2017年1月にトヨタホームがミサワホームを、10月にパナソニックがパナホーム(現・パナソニックホームズ)を子会社化し、今年8月には三井不動産が三井ホームの株式公開買い付け実施を公表。大手ハウスメーカーで企業再編が進行し始めている。

一方で、2000年代以降に勢力を伸ばしてきた一条工務店、飯田GHD、タマホーム、賃貸住宅最大手となった大東建託は、いずれも木造住宅メーカーである。4社とも住団連の企業会員には加盟しておらず、いまだにアウトサイダー的な存在だが、大手をしのぐ販売実績を上げるようになった。

戦後、プレハブ住宅が登場する前に殖産住宅相互や太平住宅などの大手木造住宅メーカーが活躍した時代があった。しかし、その後は淘汰され、木材供給会社でもある住友林業くらいしか残らなかった。

木造住宅は、中小工務店が多く手掛けており、プレハブ住宅に比べて工業化・IT化が大幅に遅れていた。プレハブ住宅メーカーのように、生産性や品質・性能の向上のために巨額の設備投資を行うような企業がなかなか出現しなかった。ようやく2000年代に入って木造住宅でも工業化・IT化が進みだし、一条工務店や飯田GHDのように生産体制を整える企業が登場してきた。

もともと木造住宅は、プレハブ住宅に比べて価格競争力で勝っていた。工業化・IT化が進むことで、品質・性能、デザイン面でも競争力が高まれば、じわじわとプレハブ住宅のシェアを侵食する可能性もある。プレハブ住宅メーカーが木造住宅分野に参入し始めた背景にはそうした強い危機感があるのだろう。

オープン工法とクローズド工法

戸建住宅の建て方には、大きく3つの工法がある。「木造軸組・在来工法」「ツーバイフォー(2×4)工法」「プレハブ工法」の3種類で、消費者が住宅を購入するときに必要な基礎知識なので、ご存じの方は多いだろう。

木造在来は、「木造軸組工法」とも呼ばれ、工務店の多くが手掛けている日本ではおなじみの建て方だ。北米などで最もポピュラーな木造住宅の建て方がツーバイフォーで、2×4インチ(実際の規格寸法は38ミリ×89ミリ)や2×6インチの角材を使用する。1974年に日本でも標準的な工法として認可され、三井ホーム、東急ホームのほかに、賃貸住宅の大東建託なども採用。木造在来とツーバイフォーは、国土交通省が定めた「技術基準」が公開され、建設会社ならどこでも対応可能な「オープン工法」だ。

一方、1959年に大和ハウス工業が初めて商品化したプレハブ住宅は、各メーカーが独自に開発した工法で、開発元しか対応できない「クローズド工法」である。プレハブ工法には、積水ハウス、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、パナソニックホームズなどが採用する鉄骨系、ミサワホームの木質系、積水化学工業(セキスイハイム)のユニット系、コンクリート系の4種類があり、同じ鉄骨系でもメーカーによって部材や建て方はバラバラだ。

戦後の住宅政策は、品質・性能の向上と低コスト化を図るため、住宅生産の工業化を積極的に推進してきた。それによって製造業や素材業からも住宅産業に参入する大手企業が相次ぎ、将来的には自動車や家電製品などと同様に大手メーカーによる市場の寡占化が進むと予想されていたが、結果はそうならなかった。

国交省の建築着工統計をみると、新設住宅全体に占めるプレハブのシェアは、1992年度の17.8%をピークに伸び悩み、その後も15~16%で横ばい状態が続いている。2017年度には15%を割り込んで14.4%に低下し、今年度の第1四半期(4~6月)には12.9%まで落ち込んだ。2000年代前半にも12%台まで低下したことがあったが、それ以来の落ち込みである。

一方、木造住宅のシェアは、2008年度までは40%台半ばで推移していたが、リーマンショックの影響でマンションなどの着工が大きく落ち込んだ2009年度に50%を突破。その後も50%台半ばで推移し、2017年度は57.3%まで高まっている。北米から導入したツーバイフォー工法が木造住宅に占める比率も、1990年代前半までは10%以下だったが、2008年度には20%を超えて、この10年間は22%前後で推移している状況だ。

直近の統計数字を見るかぎり、「オープン工法」の木造住宅のシェアが高まる一方で、「クローズド工法」のプレハブ住宅が苦戦を強いられている構図が浮かび上がってくる。かつてデジタル革命の進展で、コンピュータや携帯電話などの市場では、日本だけで進化してきた「ガラパゴス」製品が淘汰された歴史がある。住宅市場においても「クローズド工法」のプレハブ住宅が「ガラパゴス化」してしまう懸念はないのか。今後、市場縮小が予測されるなかで、注意深く見ていく必要がある。

コメント

今話題のアニサキス、見つけた時の対処法?魚のプロに聞いた

2018年08月30日 08時31分46秒 | 癒し・心身の指圧治療

 

今話題のアニサキス、見つけた時の対処法は?魚のプロに聞いてみた

18時22分 

 スーパーで購入した鮭の切り身から線虫(アニサキス)が出てきたという衝撃映像がSNSを通じ話題となり、人々の関心を集めています。このアニサキス、度々ニュースなどでも紹介されていますが、もし見かけてしまったらどう対処したらいいのか、築地市場で魚屋を営んでいる魚のプロ中のプロに聞きました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

■ まずアニサキスって何?

 アニサキスについての基礎知識。アニサキスとは魚介類に寄生する寄生虫。しばしば「アニサキス症」という食中毒を引き起こします。この「アニサキス症」は、魚介類に寄生している幼虫を生の状態で摂取する事により、激しい腹痛や嘔吐などの症状を引き起こします。生きた寄生虫が胃や腸の粘膜に食いついて、時には腸閉塞や穿孔(穴が開く事)を引き起こす事も。処置としては、胃内視鏡で除去したり、穿孔が疑われるなど重症な状態では開腹手術で除去し、処置を行う事もあります。

 このアニサキスの多くは第3幼虫という状態で魚介類に寄生しています。稀に加熱したアニサキスを食べてしまった後にアレルギーを発症する事もありますが、青魚のアレルギーと併発する事も多く、その鑑別は難しいとされています。

【図.魚に寄生するアニサキス幼虫】
左上: スケトウダラの肝臓に寄生するアニサキスの幼虫(リング状のもの)
左下: スケトウダラから取り出したアニサキスの幼虫。体長は2~3cmで、肉眼でも十分に見える。活発に運動する(が写真では動きは分からない)。
右上: サバの身に寄生するアニサキスの幼虫。矢印の先端が虫体を示すが、肉眼で確認するのは容易ではない。
右下: 右上写真の矢印部分のサバの身を切り出し、顕微鏡下にアニサキスの幼虫を確認した。
(「国立感染症研究所 アニサキス症とは」より)

■ アニサキスから身を守る為に。魚のプロに聞く

 ではこのアニサキスから身を守る為にはどうすればよいのか。「株式会社阿部水産」社長の阿部智朗さんに伺いました。

 「アニサキスは魚の種類にもよりますが、多くの魚種に寄生の可能性があります。流通する未冷凍の魚介類に存在している可能性があります。」魚の種類によって異なるという事ですが、全ての魚介類にアニサキスは存在している可能性が高いと考えた方が良い様です。

 特に、サバ、タラ、スルメイカなどで見る事が多く、サバではハラワタから目視される事も多いという話。アニサキスは目で確認する事ができる大きさなので、阿部さんは見つけ次第包丁で切って処分し、寄生していた周辺部位は取り除いているそうです。

 アニサキスはマイナス20度で24時間冷凍するか、60度以上の温度で1分以上加熱する事で死滅させる事ができます。この為、「刺身用」として流通しているものは一度冷凍したものか加工したものになるそうです。阿部さんも、「サーモンは入荷の段階でフィレになって刺身用という商品では、アニサキスは見たことはないです。」との事。この事から、話題となった鮭の切り身は加熱用として冷凍処理が施されていないものという事が分かります。

 阿部さんのお店では「刺身用」として売られているものでもアニサキスなど異常がないかをダブルチェックで確認し、切り分けたものはその日のうちに食べる様にと購入客に話しているそうで、やはり鮮度は大事という話。また、魚を酢やわさびなどに漬けてもアニサキスに対しては効果はないそうです。

■ 「生」ブームの落とし穴と、魚の美味しい食べ方

 昨今、「生○○」がブームで、魚も何でも刺身にして食べたがる風潮があると阿部さんは言います。しかし、全ての魚が刺身に向いている訳ではありません。テレビ番組で釣った魚をその場でさばいて刺身にして食べるシーンもありますが、それが生ブームを生む一方、アニサキスを見落とす落とし穴にも繋がります。

 魚の調理法には刺身の他に、煮る、焼く、干して食べるなど多彩な食べ方があります。「干物は取れてすぐに腹をとって開いたりしますし、調理は加熱になるので、かなり安全、そして旨味が増してますから、なんでも刺身でというのではなく、干物など昔ながらがとても美味しいということを多くの方に知ってもらえれば、より安全にお魚を感じてもらえるかと思います。」と阿部さんが話している様に、生よりももっと魚の旨味を感じる食べ方を、魚の種類によって使い分ける事が大事と言えます。

 今はスーパーなどで手軽に切り身を買う事ができる一方で、鮮魚担当の人や魚屋さんといった、いわゆるプロの目を持つ人から直接話を聞く事ができる機会が少なくなっています。野菜も種類によって食べ方を変えます。魚も、種類ごとに美味しい食べ方ができるのです。機会があったら、鮮魚のプロに話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

<引用・参考>
国立感染症研究所 アニサキス症とは

<記事化協力>
株式会社阿部水産(Twitter:@abehiro13/HP:http://abe-suisan.com/company)
東京都中央区築地6-27-1 築地魚河岸N-19
※一般小売りは場外店のみ。

※初出時より生食用の流通説明についてつぎのように変更いたしました「一度冷凍したものか加工したもの」。

(梓川みいな)

コメント

「吐き気がしそう」 百田尚樹氏が「24時間テレビ」を批判

2018年08月30日 08時29分35秒 | 癒し・心身の指圧治療

「吐き気がしそう」 百田尚樹氏が「24時間テレビ」を批判する理由

2018年8月30日 6時20分 

「“絵になる障碍者を探せ”でいいのか」と百田尚樹氏 

写真拡大 (全2枚)

 日本テレビの夏の恒例行事は「24時間テレビ」。放送の度に賛否両論が沸き起こるのもまたすでに恒例となっている。今年は史上最も過酷なミッション(遠泳+自転車+マラソン)を与えられた芸人のみやぞんが見事それをクリアしたのだが、そのことに対しても「そもそも何の意味が?」というツッコミ、疑問がネット上を中心に提起されていた。

 ベストセラー作家百田尚樹氏もまた、同番組に対して厳しい見方を示す一人だ。百田氏はツイッター上で次のようにコメントを寄せている(8月26日)。

「24時間テレビ、今年もやってるのか。
 莫大なギャラを貰ったタレントが、子供たちに一生懸命にためたお小遣いを持って来させるクソ番組。
 この日はテレビ局も大儲け。
 誰が見るねん、こんな番組!と思ってたら、ようけ見てるんや、これが。
 感覚がおかしいのは私の方なのか……」

「“絵になる障碍者を探せ”でいいのか」と百田尚樹氏

「24時間テレビの障碍者ドキュメンタリーを担当する某テレビ局の企画内容を聞いたことて(※原文のママ)吐き気がしそうになったことがある。
 プロデューサーの『絵になる障碍者を探してこい』という指令でブレーンが障碍者を探すところから始まる。
『絵になる』とは、映像的に効果がある、という意味のテレビ業界用語」

 何とも辛辣だが、実はこの一件について百田氏は、著書『大放言』の中で、さらに詳しく論じている。以下、『大放言』の中の「チャリティー番組は誰のため?」から、一部を抜粋して引用してみよう。

『大放言』百田尚樹[著]

 ***

絵になる障碍者

 私が一番嫌なのが、系列局が作った「障碍者ドキュメンタリー」が挿入されるところだ。私もテレビ業界の端くれにいる人間なので、そのドキュメンタリーの制作の内側をある程度知っている。

 まずリサーチャーが集められ、プロデューサーから「ドキュメンタリーになりそうな障碍者を探してこい」と命じられる。リサーチャーたちが方々駆けずり回り、「障碍を持ちながら、頑張って何かに取り組んでいる人たち」を見つけてきて、会議に出す。プロデューサーやディレクターや構成作家たちがそのリストを見ながら、撮影対象者を選ぶ(中略)

 ここからはあまり詳しくは書けないので、読者に推し量ってもらいたいのだが、要するに映像を見てすぐにどんな障碍を持っているかがわかるのがベストということだ。あと、軽い障碍よりも重い障碍(ただしあまりに重いと深刻すぎてだめ)、大人よりもこども、男性よりも女性のほうが「絵になりやすい」と考えられている。そこに周辺の家族のドラマがあればよりいい。そして障碍者が取り組んでいるものは、ただの日常生活ではだめ、できればスポーツや音楽や芸術関係が望ましい。他にもいくつかポイントがあるが、皆で意見を出し合って、最終的にはプロデューサーとディレクターが「絵になる」障碍者を選ぶというわけだ。

 本来、ドキュメンタリーとは、「『ハンデを背負って生きている障碍者』の存在を知った番組関係者が、彼あるいは彼女が懸命に頑張っている姿に感動して、その生き様を多くの人に知ってもらいたいため」に作るというのが形のはずだ。しかし某番組はそうではない。「チャリティー番組」として放送するために障碍者を探すという本末転倒な作り方をしているのだ。そのためにリサーチャーに何人もの候補者を探させ、それを「絵になる」という基準で取捨選択するという姿勢は、私にはとても受け入れられない。

 その番組は全国の系列テレビ局の多くが制作に参加する。ここだけの話、構成作家のギャラも通常よりはかなりいい。実は私も過去に系列局から何度か声をかけられたが、すべて断ってきた。チャリティー番組をやるなら構成作家はギャラを受け取ってはならないと思っていたからだ。「もらったギャラを寄付すればよかったのでは?」と言われればそうなのだが、そこまでしてやりたい仕事ではなかった。

偽善は堂々とやってほしい

 もっとも、視聴率の高い番組内で放送されることによって多くの人が障碍者の実態を知り、彼らを支援していこうという輪が社会全体に広がるのは間違いない。ボランティアや寄付は多かれ少なかれ偽善だという極論もある。何より大事なのは結果である、と。

 番組全体を見ても、多額の寄付が集まるのはたしかだ。それらは実際に貧しい人たちや恵まれない人たちを助けることになる。ふだん寄付なんかあまり行なわないようなスポンサー企業も、この日ばかりは企業イメージアップのために多額の寄付をする。だから番組の社会貢献度は非常に高いと言えるし、放送する意義も意味もあるいい番組だと思っている。もしテレビ局がこの日1日の収益(CM料金)から経費を差し引いた分のすべてを寄付に回していたら、私は両手を上げて番組を絶賛していただろう。

 地上波の電波は総務省の認可を受けているとはいえ、実質的には数局の独占事業である。民放キー局は収益から見ればタダに近い電波利用料で「公共の電波」を自由に使い、莫大な利益を得ている(電波利用料の約500~800倍!)。キー局および準キー局の局員の給与はあらゆる業種の中でも群を抜いて高いし、有名タレントの高額ギャラは庶民感覚を超えている。その恩恵のお返しの意味でも、1年に1日くらいは採算を度外視したチャリティー番組を放送してもいいのではないか、というのが私の素直な気持ちである。逆に儲けてどうするのだ。番組そのものは素晴らしいだけに、惜しいと思う。

杉良太郎氏に痺れた

 慈善を訴えるなら、まず自らがそれを行なってほしい。

 それで思い出すのは杉良太郎氏の行動だ。人気俳優である杉氏は若い頃から慈善活動をしているのはよく知られている。毎年、私財を何千万円もなげうって恵まれないこどもたちや障碍を持った人たちに寄付をしている。親のないベトナムの孤児を70人以上も養子にしている。

 先の東日本大震災でも、杉氏は妻(伍代夏子氏)や事務所のスタッフらを引き連れて被災地を訪れ、車両12台(20トントラック2台、タンクローリー車1台、冷蔵・冷凍車2台、その他の車7台)で、多くの救援物資を届け、杉氏自身が味付けしたカレーライス5千食、豚汁5千食、野菜サラダ3千食を被災者に提供した。さらに水2トン、男女下着類4千枚、歯みがきセット1万セットなども持ち込んだという。はたしてこれがどれくらいの費用になるかはわからないが、1億円は優に超えるだろう。

 杉氏がこれまでに慈善活動に費やした金額は数十億円と言われる。驚くべき額である。簡単にできることではない。そんな杉氏に、「偽善だろう」という言葉を投げつける人が少なくない。あるインタビューでそう聞かれたときの杉氏の答えがふるっている。

「ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億円を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうにおっしゃる方々も、ぜひ自腹で数十億円を出して名前を売ったらいいですよ」

 痺れるくらいかっこいいセリフである。

 ***

 表現はキツいが、よく読めば百田氏は決して番組を全否定しているわけではないようだ。おそらく来年もまた放送されることになるだろうが、こうした声は考慮されているだろうか。

デイリー新潮編集部

2018年8月30日 掲載

コメント

関東 あすから猛暑再び!

2018年08月29日 19時10分40秒 | 癒し・心身の指圧治療

関東 あすから猛暑再び!

「もう~またかよ~。」と言わんばかりですが、またです。関東地方では、あす30日(木)~31日(金)にかけては晴れて、猛暑が戻ってきそうです。熱中症に警戒して下さい。

強い日差し カムバック

きょう29日(水)は、日本海から延びる前線が北陸~関東にかかっています。
きょうの関東地方は前線の影響を受け、雲が多く、各地で日差しが控えめです。東寄りの風もあって気温の上昇が抑えられ、30度を超えている所はほとんどありません。東京都心のこれまでの最高気温は28度7分と、9日ぶりに30度以上の真夏日にならず、暑さが和らいでいます。
一方、前線から離れている九州から近畿、東海では、晴れて、猛暑となっています。この時期はまだ日差しが強く、晴れると気温は35度くらいまで上がって、厳しい残暑になります。名古屋の最高気温は35度6分と、今年34回目の猛暑日となり、過去最多の記録を更新中です。
西日本と東海で猛暑が続くなか、あすは前線が東北北部まで北上し、あさってにかけて停滞する見込みです。このため、前線が離れる関東でも強い日差しが戻ってきそうです。

暑い南風 加わる

あすの関東地方は、強い日差しに加えて、南寄りの暑い空気が流れ込んできそうです。
朝から気温は高く、すでに30度くらいの所があるでしょう。暑い時間帯が長くなりそうです。
最高気温はきょうよりも高く、多くの所で30度以上。内陸では35度以上の猛暑日になる所があるでしょう。あさっては東京都心などを含め、さらに暑くなる可能性があります。8月も終わりになりますが、各地で厳しい残暑になりそうです。熱中症には厳重に警戒をして下さい。

コメント

「爆食い疑惑」を否定した高橋真麻アナウンサーに「摂食障害なのでは?」

2018年08月29日 19時02分06秒 | 癒し・心身の指圧治療

高橋真麻、爆食い疑惑を否定も「いじらないであげて」「情緒不安定では」と心配の声

「爆食い疑惑」を否定した高橋真麻アナウンサーに「摂食障害なのでは?」と不安の声も。

 2018/08/29 17:00

高橋真麻

29日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。『女性自身』で報じられた「爆食い報道」に反論したものの、一部で不安の声が寄せられている。

 ■「爆食い疑惑」を否定

報道によれば、メキシコ料理屋でご飯を平らげた後、弁当や総菜を買い、近所のスーパーではお菓子や果物などを購入。帰り道では買ったばかりの総菜を手づかみで食べながら歩くなど「爆食い」っぷりが話題に。

これについて、高橋は「事実っちゃ事実ですね」とあっさり認めたものの、あくまでも弁当や惣菜は翌日用のもので、帰り道に食べ歩きしたものはゆでたまごだったと話す。

さらに、「爆食い疑惑」についても、その日一緒にいた友人たちがたまたま小食だっただけと説明。「すみませんね、こんなネタしか提供できなくて」とカメラに謝罪していた。

 ■「吐いてないといいけど…」「いじらないで」と不安視

疑惑が晴れたのは喜ばしいことだが、一部では高橋の体調を不安視する人も。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では「過食気味だと思う」「摂食障害なのでは?」との声が寄せられている。

・別に悪い事じゃないのに、わざわざ写真撮らなくてよくない? 高橋さん過食嘔吐っぽいし、精神的にも不安定そうだから報道によって悪化しないか余計なお世話だけど心配

 ・この人は何でこんなに情緒不安定な感じなの?

 ・ネタなのかと思ってたけど、隠し撮りで一人で店何件もハシゴして大概の量食べてたよ。吐いてないといいけど…

 ・太ってたり激やせしたりあったんだからあまりいじらないであげて欲しい

 ■食べすぎで嘔吐した経験は…

「たくさん食べて吐いているのでは…?」と心配の声があがる高橋。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,328名に「食べすぎ」について調査したところ、およそ3人に1人が「食べすぎで嘔吐したことがある」と回答した。

男女別・年代別で比較すると、50代を除いて男性のほうが吐いた経験が多い。

 「食べすぎ」「不健康」のイメージもある高橋だが、はたしてこの疑惑を払拭できるのだろうか。

・合わせて読みたい→酒離れの若者の嘔吐経験率は? 酔い潰れた先輩に「情けない」の声も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

コメント