「アクア通信」

指圧室市営地下鉄『東山田駅』

辛淑玉さん、「ニュース女子」制作会社と長谷川幸洋氏を提訴

2018年07月31日 20時17分06秒 | 癒し・心身の指圧治療

 どちらが正しいのか裁判の結審を見ないとと思いま。OBPも民間放送局の合議制なのでDHCテレビについて公で記者会見はやはりおかしい。沖縄の基地問題は、日本国民と沖縄県民の問題なのであります。何故辛淑玉が係わるのですか。どうか正しい判決を期待いたします。

アクア通信 主宰 

辛淑玉さん、「ニュース女子」制作会社と長谷川幸洋氏を提訴「人間の尊厳取り戻したい」

関連画像 

写真拡大

沖縄の米軍基地反対運動をとりあげた情報番組「ニュース女子」で、名誉を傷つけられたとして、市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉さんが7月31日、制作会社のDHCテレビジョンと司会者だった長谷川幸洋さん(当時・東京新聞論説副主幹)を相手取り、損害賠償1100万円、ネットからの番組削除、謝罪広告をもとめて、東京地裁に提訴した。

訴状などによると、DHCテレビジョンは化粧品大手DHCの子会社で、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放送されていた「ニュース女子」を制作していた。2017年1月2日と1月9日にTOKYO MXで放送された回と、3月13日にネットで放送された回では、沖縄の米軍基地反対運動をとりあげた。

原告側は、この番組の中で、DHCテレビジョンが「なぜ、犯罪行為を犯すのだろうか」「沖縄・高江ヘリパッド問題」「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」といったテロップを表示しながら、辛さんが、過激集団の活動を煽ったり、経済的に支援しているという内容を事実として制作したと主張。長谷川さんはこの内容を否定も批判もせず、司会者として進行させたとして、共同不法行為を負うとしている。

BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送人権委員会は2018年3月、辛さんに対する名誉毀損の成立するなどとして、TOKYO MXに対して、再発防止の努力をするよう勧告。これを受けて、同社の後藤亘会長と伊達寛社長は7月20日、辛さんに対して正式な謝罪をおこなった。辛さんの代理人によると、MXとは、和解に向けた話し合いで合意に至らなかったが、謝罪を受け入れたという。

「ニュース女子」は2018年3月で、TOKYO MXの放送は打ち切られているが、DHCテレビジョンによって、インターネット放送がつづいている。辛さんの代理人によると、DHCテレビジョンについては謝罪がなく誠意ある解決が見込まれないとして、長谷川さんについては司会者としての責任が重いと考えて、今回の提訴に踏み切ったという。

●辛さん「それでも人間としての尊厳を取り戻したいと思いました」

辛さんと代理人は提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた。辛さんは冒頭、次のように思いを語った。

「MXの『ニュース女子』を最初にみたとき、ふるえました。びっくりしてしまって、どうしたものか、と思いました。そのあと、たくさんの人から連絡があって、ゆっくり見て、きっちりと反論しようと思ったけれど、1人で見ることができませんでした。彼らはみんな笑っていた。笑いながら、事実に基づかないことで、私と、沖縄でその人生をかけて『戦争が嫌だ』と声をあげている人たちを侮辱しました。

いつでも、どこでも、ひどいことをする人たちは笑いながらやります。それがどれだけ人を傷つけるか、どれほど大きな力となって扇動の源になるか。少なくともBPO、MXにおいて『間違っていた』と言われたあとも、インターネットを通じても放送が流されている。デマは止めないといけない。デマは社会を壊します。デマを受けた人を深く傷つけるだけでなく、デマを発した人も壊れていくと思います。今回はそのような思いを込めて、裁判所にきっちりと判断していただきたいと思いました。

BPOの勧告は、放送人の良心だと思います。あらゆる放送局がみずからの力をもって、政治の介入を防ぐために、自分たちで倫理を正そうと考えてつくった機関です。その決定について、自分たちは向き合わず、まだ放送(ネット配信)をつづけていることは、簡単にいうと、ダメなんだと思います。デマを流したらダメいけないし、傷つけたら謝らなければならない。そして、どこが間違っているのか伝えないといけない。再発防止をすることも含めて、裁判にのぞみます。

声をあげることで、生活が変わり、声をあげればあげるほど、叩かれます。今回提訴するにあたって、葛藤がなかったわけでありません。たくさんの葛藤を抱えて、それでも人間としての尊厳を取り戻したいと思いました。デマはダメです。番組の中で、笑いながら侮辱された沖縄の人たちのその思いをバトンとして託されて、この裁判にのぞみたいと思います。負けるわけにはいかない裁判になりました。自分にとっては厳しい裁判です。だけれど、たたかい抜きたいと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

コメント

うつ病になる女性が男性の2倍も多い理由とは?

2018年07月30日 16時37分37秒 | 癒し・心身の指圧治療

うつ病になる女性が男性の2倍も多い理由とは?心の病の男女差

ノーイメージ

【お話を伺った人】渡部 真弓先生

(編集・制作 (株)法研

うつ病になる女性は男性の2倍。性差における心の病気を理解して、メンタルヘルスの向上をはかりましょう。

心の病気にみられる男女差

うつ病は、誰もがかかりうることから「心の風邪」と呼ばれていますが、うつ病の患者は男性より女性の方が多いといわれていることをご存知ですか?
男性の自殺の頻度は女性の約2倍といわれていますが、WHO(世界保健機関)の報告によると、世界十数カ国のうつ病の患者は、女性が男性の約2倍に上っています。また、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の発症率も男性の約2倍、摂食障害の患者数も圧倒的に女性の方が多くなっています。

このような男女差はいったいどこから生じるのでしょうか。

うつ病になる女性が男性の2倍も多い理由とは?心の病の男女差

女性の一生は、ホルモンの変動が大きい

うつ病などの心の病はホルモン系と強く関連しています。
特に女性ホルモンは、月経周期をはじめ、妊娠・出産、更年期などのライフステージに応じて大きく変化します。この女性ホルモンの変動がうつ病などの心の病気の発症に関係していると考えられています。

実際、女性の場合、性周期(月経、妊娠・出産、更年期)と一致してうつ病が悪化することが知られていますし、性周期に関連して生じる、女性ならではの心の病気があります。
たとえば、月経前不快気分障害。これは、月経前に抑うつ気分や不安、情緒不安定、無気力が生じ、仕事や学業に悪影響が出る状態をいいます。
この他、閉経前後の更年期にはうつ状態になったり、不安障害になったりと心の病にかかる人が増えますし、出産直後の女性に見られる産後うつ病というものもあります。

“がんばりすぎ”に気をつけよう

女性に心の病気が多いワケは、性ホルモンの影響ばかりではありません。女性をとりまく環境も大いに影響します。
たとえば、過重労働や仕事上のストレスが原因でうつ病などを発症する女性たち。がんばりすぎることにより、精神のバランスを崩してしまうこともあります。
さらに、家庭を持つ女性の場合、家での家事協力が得られない、帰宅してからも育児の負担が大きいなど、自分のおかれた社会環境からのストレスも少なくありません。
「期待されている」と思うと、誰しもはりきってしまうものですが、私達の体は機械ではありません。“がんばりすぎ”は、心身両面に負担をかけがちです。とりわけ、毎月ホルモンバランスが変化する女性の場合、自分のリミットを心得ておくことも大事です。自分の体調、心の様子と相談しながら、無理をせず仕事をしていきたいですね。

また、女性のほうが医療機関にかかっている頻度が高いといわれています。それは女性のほうが男性よりも助けを求める行動をとりやすい傾向があるからかもしれません。
これはとても大事なことで、男性より女性の方が適切な対処行動を行っているといえます。
心の病はホルモンが関係していても適切な治療により改善します。
ストレスで体調を崩したりしたときには、早めに医療機関に相談をしてみてください。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

※この記事は2006年11月に配信された記事です
コメント

蚊が人間に寄ってくる“3大要素”とは?

2018年07月30日 08時58分52秒 | 癒し・心身の指圧治療

1つは「ニオイ」…蚊が人間に寄ってくる“3大要素”とは?

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。東京慈恵会医科大学教授の嘉糠洋陸さんが番組に登場し、「なぜ、蚊は血を吸うのか」をテーマに蚊の基礎知識を教えていただきました。

嘉糠さんの専門は衛生動物学と寄生虫学。特にマラリアやジカ熱、デング熱などの感染源となる蚊の研究を長年続けており、研究室では万単位の蚊を飼育する、言わば蚊のスペシャリストです。

※写真はイメージです



日本に生息している蚊は約100種類。大きく分けるとヤブカ、イエカ、ハマダラカの3種類で、動物や人間の血を吸い、その血を元に1匹につき約100~200個ぐらいの卵を作ると言われています。ちなみに、血を吸うのはメスだけで、オスは花の蜜などを吸って生きているのだそうです
嘉糠さん曰く、蚊やマダニだけでなく、ハエ、カメムシなどの中にも血を吸うものがいるそうです。これらの虫にとって、この“吸血する”という行為は、進化していく過程で何かしらの大きなメリットがあったのだと考えられていますが、その理由についてはまだ解明するまでには至っておらず「僕もぜひ知りたい」と嘉糠さんはさらなる探求心を覗かせます。

夏は特に季節柄、海や山などのレジャーで自然に触れ合う機会も増え、虫刺されに悩まされている人も多いと思います。そこで気になるのがメスの蚊が一体どのようにして動物や人間を見付け出し近づいてくるのかというメカニズム。
食べ物を得ることは生物が生きていく上でとても大事なことであり、蚊は血の供給元である動物や人間を的確に見付ける能力に極めて長け、「この感知する能力こそが蚊の繁栄を支えているといっても過言ではない」と嘉糠さんは言います。

嘉糠さんによると、蚊が獲物を認識するのには3大要素と呼ばれるものがあり、それは動物や人間が出す二酸化炭素、ニオイ、熱なのだとか。

一番はじめに感知するのは二酸化炭素。なんと蚊は10メートル先でも呼気として出てきた二酸化炭素を認識するのだそうです。とはいえ、この段階では頭にある触覚で認識しただけにすぎず、「どこかに人間がいるぞ……」というレベルで、まだ獲物がどこにいるのかまでは分かりません。
二酸化炭素を認識した蚊が次に感知するのはニオイ。約100種類ぐらいあると言われる汗や体臭などのニオイを辿りながら、ニオイの濃くなる方向へとどんどん移動します。
そして、ニオイを頼りに獲物のそばまでやってきたら、最後にそれが生き物だと判断する材料が熱。蚊は人の体温を認識して、皮膚の上に取り付き血を吸います。このように「蚊は段階的に要素を辿って動物や人間の皮膚まで辿り着くんです」と嘉糠さんは解説してくれました。

嘉糠さんの著書「なぜ蚊は人を襲うのか」によると、蚊は視覚や聴覚があり、中には聴覚で生き物の鳴き声を聴き分ける種類もいるのだそうです。蚊のほとんどは体長が15ミリ以下と、人間とは雲泥の差ですが、これほど感知能力に長けているとは驚きです。

【番組概要】
番組名:未来授業
放送日時:毎週月~木曜19:52~20:00
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/podcasts/future/
コメント

攻めるセブンイレブンに「死角」。新レイアウトに見逃せぬ問題点

2018年07月30日 08時54分49秒 | 癒し・心身の指圧治療

攻めるセブンイレブンに「死角」。新レイアウトに見逃せぬ問題点

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「ローソンスマホペイ」の将来性に続いて、今回取り上げるのは、セブンイレブンの新フォーマット(大型店の新レイアウト)について。北海道へコンビニ視察に出かけたという日比谷さんが、そこで見たセブンイレブンの強さと、新しい大型店舗の中に見えた「見逃せない問題点」について、業界のプロならではの視点で分析しています。セブン新フォーマットに見えた「死角」とは何だったのでしょうか?

北海道もセブンが勝利か? 追い詰められる地域密着型コンビニ「セコマ」の苦悩

先日、北海道のコンビニ店舗をいくつか確認してきました。北海道は以前も書いたように北海道地区の地域密着型コンビニ「セイコーマート」の本拠地です。

● 北海道発ローカルコンビニ「セイコーマート」は本州で成功するか

札幌市の中心地よりも少しだけ郊外のエリアや、札幌市以外の市町村に行くと、セイコーマートが「こんな場所にも?」と驚くような地域に出店していました。改めて、本気の地域密着コンビニの本質を垣間見ることができました。

いったいどうやって商品を配送しているのか? 近くの別の店まで20-30キロは離れてたなぁ、などなどいろいろな感想を抱きました。

そして、北海道の中を移動しながら感じたことは、ローソン・ファミマの店舗がセイコーマート・セブンと比較して圧倒的に目に入ってこない点です。

出店数比較グラフ

北海道のコンビニ出店数を各社で比較すると、なんとセブンイレブンがセイコーマートに肉薄してきています。店舗数比較だけで見るとこれだけしか見えてきませんが、実際の店舗を現地で確認してきた感想としては「セコマがセブンに抜かれるのも時間の問題だろう」という感じです。

 

セブンイレブンの新店舗レイアウトにある問題点

今回、札幌市、帯広市、千歳市を現地確認してきましたが、だいたいの傾向としては、市中心街にはセブンイレブンが出店し、中心地から少し離れた地域にセイコーマートが出店していました。

地域によっては、ロードサイドにセコマ、セブン、セコマ、セブンと連続して出店しているところもありました。しかし、店舗サイズや駐車場台数などを比較するとセブンイレブンは「新型フォーマット(大型店)」で出店してきており、集客力も高いようです。セイコーマートは比較的、設備の古い(店歴が古い)お店が多いように思いました。設備投資が滞っているのかもしれません。

さて、このセブンイレブンの新フォーマットですが、印象は「大きい」「広い」「カウンター商品充実」「アイス・冷凍食品が多い」などと好意的な感想が多いのですが、実際にコンビニ業界関係のプロとして店内を確認しますと、どうしても譲れない(妥協できない)問題点があります。

それは、商品購入の連続性が途切れてしまう点です。一般的なコンビニですと、入口から雑誌を立ち読みして、飲料ケース前で飲み物やビール類を購入してついでにおつまみも買って、パン・乳飲料・弁当・パスタを購入してレジで精算というお客さんの購買行動に合わせたレイアウトになっています。消費者として買い物をしていると、逆回りや店内をウロウロする必要がなく、欲しいものが素早く見つけられる、まさに「コンビニエンス(便利な)」買い物ができました。

しかし、セブンイレブンの新フォーマットは、弁当ケースと飲料・酒類ケースが店内の逆側に設置されているため、右奥・左奥にそれぞれ歩き回らないと欲しい商品が揃うことができません。

店舗面積が広く、消費者が「利便性」よりも「快適性・品揃えの豊富さ(ミニスーパー)」的な要素を求めている立地・地域であれば成り立つフォーマットなのでしょうが、都心部の過密・消費者の買い物時間短縮要望が強いエリアでは成り立ちにくいモデルであると感じました。今後の改善に期待したいと思います。

image by: Byjeng / Shutterstock.com

コメント

「三角食べ」、食後血糖値や調理の簡便化で絶滅の危機

2018年07月29日 23時29分50秒 | 癒し・心身の指圧治療

「三角食べ」、食後血糖値や調理の簡便化で絶滅の危機

「三角食べ」、食後血糖値や調理の簡便化で絶滅の危機 

写真拡大

 食後血糖値との関係で、学校給食や食育の場面で従来奨励されてきた「三角食べ」の食事法が揺らいできている。食後血糖値を上げないために、最初に野菜から食べ始め、最後に炭水化物を食べる順番を重視した食べ方が人気となり、小中学校の給食でも「三角食べ」を積極的に指導していない学校も出てきた。

【こちらも】よく噛んで食べると、食後のエネルギー消費量が増加する―ダイエット法の開発に期待=東工大・林直亨氏ら

 また仕事を持つ主婦や個食の増加で、調理の簡便化が進み、1皿完結型メニュー(主食・主菜・副菜が1皿で提供されるメニュー)が多く食卓に上ることによって、「三角食べ」が出来ないことも後押ししている。

 

■「三角食べ」と「ばっかり食べ」

 1970年代から学校給食において「三角食べ」の指導が行われ、パンやご飯などの主食からおかずへ、そして飲みもの・汁物へいう順番で繰り返し食べていくもので、自然と日本の伝統的な食べ方である「口中調味」(白飯と汁やお菜を交互に食べ、口の中に残る汁やお菜の味で白飯を味付けしておいしく食べること)ができ、順番にたべる事で、偏食や好き嫌いをなくす効果もあった。

 

 「口中調味」は室町時代から始まる日本の伝統的食べ方であり、また2016年の厚生労働省・農林水産省の第3次食育推進基本計画の中でも、「食事の作法等、伝統的な食文化に関する国民の関心と理解を深める」ことが盛り込まれている。

 これに対して「ばっかり食べ」とは、ある1品のみを食べ続け、食べ終えるとまた次の1品に進み、これを繰り返すことで、好きなものばかりを食べる、おかずばかりを食べると言う、偏食や好き嫌いを象徴する食べ方。学校や家庭ではこれなくすため、「三角食べ」を熱心に指導していた。

 ところが最近では様子が違うようだ。例えば、横浜市立小は「三角食べ」を積極的に指導していなかったり、東京都足立区では、2017年度から全小中学校の給食で「ひと口目は野菜から」と指導(毎日新聞2018年7月18日)など、最近の学校給食では「三角食べ」の指導に積極的ではなくなっているようだ。

 

■家庭で増えていく「1皿完結型メニュー」

 働く女性の増加で、家庭の食卓にも変化が起きている。調理の時短・簡便化が更に進み、シチューなどをご飯にかけて、主食とおかずを1皿で食べることも増加。日本能率協会総合研究所によれば、忙しい時のお助けメニューとして「カレー」「チャーハン・ピラフ・焼き飯」「焼きそば」「丼もの」などの1皿完結型メニューも増えているという。調理も1回で済み、1皿で食事を済ませ、洗う食器や鍋の数も省ける究極の時短・簡便メニューである。

 

 

■絶滅の危機か?「三角食べ」

 食後血糖値への配慮や、個食の増加、働く女性の拡大による調理の時短・簡便化で、従来あれだけ推奨されてきた「三角食べ」に大きな変化が起きている。

 

 薄味が増えたことで「口中調味」が必要なくなって来ていることや、家庭でごはんを食べる機会そのものが減って来ているという食の基本的な変化もある。

 このままだと、外食における洋食コース料理の経験やラーメン・焼きそば・丼・お好み焼きなどの1皿メニューの流行も影響して、日本の伝統的な食べ方である「三角食べ」が消えてしまうのではないかと危惧される。

コメント

顔がパンパンに腫れているのに「突然死」扱い…繰り返される「保育事故」

2018年07月28日 19時13分55秒 | 癒し・心身の指圧治療

顔がパンパンに腫れているのに「突然死」扱い…繰り返される「保育事故」検証が必要

関連画像 

写真拡大

朝には元気だった我が子が、預けた保育施設で冷たくなって帰ってくる。想像するだけでも悪夢だろう。しかも、その死因すら隠ぺいされたとしたら?

長年、保育事故の問題に取り組んできた寺町東子弁護士は、施設で死亡した子どもの遺族に寄り添い、再発防止のために活動してきた。しかし、現在も保育事故は絶えず、2004年から2017年にかけ、14年間で198人もの子どもが保育施設で死亡している。

寺町弁護士は、ジャーナリストの猪熊弘子さんとともに今年5月、「子どもがすくすく育つ幼稚園・保育園」(http://www.naigai-shop.com/SHOP/731806.html)(内外出版社)を上梓、重大な死亡事故がどのように起きたかリポートした。その中で、虐待による死亡事件を起こした保育施設をはじめ、多くの施設で「SIDS(乳幼児突然死症候群)」の可能性を指摘して、責任を免れようとしていた。類似事故が繰り返される背景には、重大事故の報告と検証が不十分なことがあると、寺町弁護士は指摘する。

では、繰り返される保育事故の再発防止には何が必要なのだろうか。寺町弁護士に聞いた。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

【前編:ネットにあふれる「素晴らしい保育情報」の闇、基準に満たない「危険施設」を見抜くために https://www.bengo4.com/other/n_8263/】

●「死因」に拘泥するあまり、放置されてきた保育事故

——なぜ、保育施設の事故は繰り返されるのでしょうか?

「これまで事故の報告と検証が行われてこなかったことが背景にあります。事故が起きた際、法的責任ばかりがクローズアップされます。しかし、法的責任はずさんな保育と死亡結果の間に因果関係、つまり死因がクリアにならなければ問えません。そのため、法的責任が立証されない場合は誰も検証せずに放置されてきたという長い歴史があります。

たとえば、睡眠中の死亡事故の典型はうつぶせ寝ですが、死亡原因がクリアになりにくいためになんら解明されていませんでした。トイズの事件(編集部注:宇都宮市の認可外保育施設で起きた虐待死事件。前編参照)であったように、虐待死であっても施設は『病死』にしたいわけです。

このブラックボックスをなんとかしようと、遺族の方を中心とした『赤ちゃんの急死を考える会』では、重大事故の調査・検証をして保育施設の最低基準に反映するよう政府に申し入れるなど働きかけをしてきました。

そうしてやっと2016年から検証委員会が始まりました。事故のプロセスを検証して、保育の中でセオリーとされていることに反していれば、それを改善策として提言しましょうという制度です。

しかし、これも全ての施設に義務付けられているものではなく、事故の報告をするかどうかは施設の良心に任されていますし、検証委員会を設置するかどうかも自治体に委ねられています。本来は法的な裏付けを持たせ、確実にすべての幼稚園・保育施設・事業に報告義務を課し、すべての死亡事案や意識不明事案で実施すべきでしょう」

●床に叩きつけられ、顔がパンパンに腫れた赤ちゃん…園長は「SIDS」と嘘

——死亡した子どもの事故状況を調べる「チャイルド・デス・レビュー」(CDR)の制度化も訴えていらっしゃいますね。

「CDRのことを考える時、どうしても思い出さなければならない事件があります。香川県高松市(旧香川町)の認可外保育施設、小鳩幼児園で2002年に起きた虐待死事件です。1歳2カ月の赤ちゃんが園長によって床の布団に叩きつけられ、さらに頭を平手やこぶしで5回も殴打されて亡くなりました。

園長は意識のない赤ちゃんを放置、救急車も呼びませんでした。午睡明けの時間まで放置してから、お母さんに電話をして聞いたかかりつけの病院に連れていき、そこで死亡が確認されましたが、園長は『この子は家にいたら家で死んでいた。園でこんなことがあると迷惑だ』と言いました。

赤ちゃんの顔はアザだらけで頭もパンパンに腫れ上がっていたのに、翌日出された死体検案書には『SIDSの疑い』と書かれていたのです。

SIDSと言っておけば闇に葬ることができると思ったのでしょう。しかし、遺体の状況からSIDSはありえない。そこで、家族から赤ちゃんの急死を考える会に相談があり、メディアに赤ちゃんの写真を公開して刑事告訴をして裁判になり、園長は殺人罪などで懲役10年の実刑判決を受けました」

——なぜ、SIDSなどと嘘をつくのでしょうか?

「司法解剖にしても行政解剖にしても、赤ちゃんの死亡について、身体的に明らかな原因が認められない場合、亡くなった時の状況調査とあわせてその原因を探ることになります。でも、赤ちゃんの死亡状況調査に警察官は慣れていないので、何をチェックすればよいのかわからない。発見時の状況についての十分な情報が法医にまで伝えられず、解剖結果だけで判断しようとすると、窒息死の場合もSIDSの場合も、急死の症状が共通していることから、死因は『不詳』にとどまります。

だから、施設側が『SIDS』の可能性を指摘すれば、刑事的にも民事的にも責任が問われない、という状況はなくならないわけです。これまで虐待によって子どもを死なせた施設の多くが、『SIDSで亡くなった』と言っています。虐待の隠れみのになってきたのです」

●欧米で法制度化されている「チャイルド・デス・レビュー」とは?

——CDRは欧米でも制度化されています。日本で始まった検証制度とどのように違うのでしょう?

「CDRは法医などの医療関係者、救急、検察、警察、児童相談所、かかりつけの医療機関・小児科医など、その亡くなった子どもに関する情報を持っている関係者が集まり、その死亡に至った原因を解明して再発防止につなげますが、日本で始まった教育・保育施設の重大事故の検証制度は射程範囲が保育プロセスの検証だけなので、他の機関が持っている医療記録が手に入りません。そこをきちんと、法制化する必要があります」

——裁判などで法的に責任を問うことは、事故予防や再発防止はつながらないのでしょうか?

「ご家族にとって、また被害者である子ども自身にとって、加害者が責任をとるということは気持ちに区切りをつけて、前に進むためにとても大事なことだと思います。なので、法的責任をないがしろにしていいとは思っていませんが、他方で、法的責任で問われるのは『直近過失』なんです。

『直近過失』とは、事件が起こったことに対して、最後にここでこうしていたら避けられたはずだという過失のことです。スピード違反と信号無視、前方不注視が三つ重なって衝突する事故があったら、一番事故原因に近い過失は前方不注視である、というような考え方です。

たとえば、2005年に埼玉県の上尾市立上尾保育所で、4歳の男の子が本棚の引き戸の中に入り込み、熱中症で亡くなりました。最後に男の子が本棚に入るところを保育者が見ていなかったことが、子どもの動静を把握する義務に対する違反となり、これが直近過失となります。

でも、そもそも子供が中に入りこめるようなつくりの本棚を置いていなければ。せめて、本棚のふたが外されていたら、本棚が廊下の死角ではなく人が見える場所に置かれていれば、本棚に物を詰めて子どもが入らないようにしていれば…。この事故を予防できたはずのポイントはたくさんあります。予防の観点からは、多角的に要因を把握し、改善する必要があります。それを知るために、CDRが大切なのです」

●結愛ちゃんが書いた「あそぶってあほみたいなこと」が投げかけるもの

——確かに、保育施設に限らず、子どもが死亡する事件をみても、虐待したり殺害したりといった犯罪の背景まで見なければ、再発防止にはなりません。

「先月も、東京で25歳のお母さんがネットカフェで赤ちゃんを産んで、窒息死させてコインロッカーに死体を遺棄した事件がありました。そのお母さんは産む前にすごく困っていたはずです。その時に『助けて』といえる場所があったら、知識があったら、赤ちゃんはちゃんと病院で生まれて、別の親御さんのところに養子に出せた可能性があったわけです。

でも、お母さんはそれができなかった。どうして妊娠して、たった1人でネットカフェにいたのか。望まない妊娠ですよね。じゃあ、どうして望まない妊娠してしまったのか。原因は性暴力かもしれないし、貧困かもしれない。改善しなければならない問題はいっぱいあります」

——今年3月、東京都目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが両親から虐待を受けて亡くなりました。ショックな事件で、つい両親の責任は大きいと考えてしまいます。

「あの事件は、継父だったから起きたと言われていますが、本当にそれだけなのかなあと思います。あのお父さんは33歳、お母さんは25歳で年齢が離れている夫婦です。そこに支配的な関係性がなかったのか。お母さんは女の子を20歳で産んでいて、若いお母さんですよね。望んで妊娠したのか、お母さんに経済力はあったのか。早すぎる妊娠は、女性が貧困化する原因の一つですから。

私は、結愛ちゃんが『これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか あそぶってあほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいぜったいやくそくします』と書いていたことにすごくショックを受けました。

この両親は朝4時から起きて字を書かせるという間違った努力をしていて、未就学児は遊びの中で色々なことを学び、育つということを知らなかった。

目黒区の虐待死事件を法的な観点でみたら、思うところはありますが、子どもの育ちという観点からすると、『あそぶってあほみたいなことやめる』という言葉と、朝4時から字を教えていたということが、今の社会が教育脅迫ビジネスにどれだけ毒されていることかと感じさせます。この本が必要だったとあらためて感じました。

本当に豊かで幸せな人生はどういうものなのか、この本をきっかけにぜひ考えてほしいです。私が保育園を大好きなところは、『一人ひとり』という言葉が色々な場面で出てくるところです。一人ひとりを大事にする社会には、虐待もハラスメントもありませんから」

(おわり)

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
寺町 東子(てらまち・とうこ)弁護士
社会福祉士、保育士。教育・保育施設での重大事故防止のために活動。子どもの権利保護の観点から、夫婦・家族の法律問題にも取り組む。著書に「保育現場の『深刻事故』対応ハンドブック」(ぎょうせい、共著)、「弁護士って おもしろい!」(日本評論社、編著)、「司法の現場で働きたい! 弁護士・裁判官・検察官」(岩波ジュニア新書、共著)など。

コメント

台風に備え小河内ダム放流へ 多摩川に注意呼びかけ

2018年07月28日 16時31分31秒 | 癒し・心身の指圧治療

台風に備え小河内ダム放流へ 多摩川に注意呼びかけ

 東京都水道局は台風12号の接近に伴い、この後に大雨が予想されるため、東京・奥多摩町の小河内ダムの放流を決めました。多摩川の水位が上昇する恐れがあるため、近付かないよう呼び掛けています。小河内ダムの貯水率は現在、89%で大雨が降ると水位が警戒水域を超える恐れがあり、余水吐からの放流を28日午後3時から行う予定です。東京都水道局は少しずつ水を放流する予定ですが、多摩川の水位が上昇する恐れがあるため、近付かないよう呼び掛けています。水道局では多摩川の両岸の安全を確認するとともに、小河内の貯水池から羽村の取水所までの22地点でサイレンを鳴らすなどして注意を呼び掛けます。

「台風12号(2018)」をもっと詳しく

  • 台風12号、あまり前例のない地域で災害も 日光や箱根で豪雨の恐れ
  • 台風12号、東海に上陸の恐れ 息苦しくなるような圧迫感ある雨に
  • 強い台風12号は異例のコース 通過後も大雨や突風が続く恐れ
コメント

梅干しの注文殺到 熱中症対策、テレビで紹介

2018年07月28日 12時48分23秒 | 癒し・心身の指圧治療

梅干しの注文殺到 熱中症対策、テレビで紹介

梅干しの注文殺到 熱中症対策、テレビで紹介

【梅干しのパック詰めに追われる作業員(26日、和歌山県田辺市中芳養で)】

(AGARA 紀伊民報)

 和歌山県紀南地方のJAや梅干し加工会社に全国の卸売業者や量販店から梅干しの注文が殺到している。テレビ番組で機能性が紹介されたほか、連日「熱中症対策に良い」と報道されているため。メーカーによっては例年の2倍以上生産しても追い付かないという。

 きっかけは、予備校講師が司会する教養バラエティー番組。7月3日に梅干しに高血圧や熱中症の予防効果があるなどと紹介した。過去にもテレビ放送を機に、注文が急増したことはあるが、1週間から10日間ほどで収束していた。ところが、今夏は猛暑が続き、連日テレビで「熱中症対策に梅干し」と放送されることで、注文が途切れていないという。

 JA紀南(本所・田辺市朝日ケ丘)加工部は加工場の人員を増やし、夜間や休日の稼働時間も増やすなどして対応しているが、「調味するには時間がかかるため、生産が追い付いていない部分がある。できたらすぐに出荷する自転車操業」という。

 田辺市内の梅加工販売会社は生産が追い付かないため、他部署の社員が通常勤務を終えた後、加工場に応援に回っているという。

 JA紀南や梅加工会社によると、100グラムや200グラムのパックがよく売れており、ネット販売でもしばらく注文のなかった顧客から再度注文が来るようになった。贈答用もあるが、自家消費が多いとみられる。
コメント

嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法

2018年07月28日 12時04分12秒 | 癒し・心身の指圧治療

これができたら一流人間?嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 –株式会社からだにいいこと

社会生活を送る上で欠かせない人間関係。誰しも一人は嫌いな相手がいるのでは? そんな嫌いな人の取り扱い方をご紹介します。

あなたが嫌いな人は「自分を映す鏡」

職場、親戚、近所づき合い、学校など、どこの環境でも人づき合いは必須。そしてどこにでも、嫌いな人、苦手な人はいるものです。世界の心理学の三代巨頭とされている、アドラーによると、人のすべての悩みは「対人関係」からきていると考えられるのだそう。アドラー心理学とは、アルフレッド・アドラーというオーストリア出身の精神科医がはじめ、その後継者が広めた心理学。『嫌われる勇気』というアドラー心理学の本は、ベストセラーにもなりました。

さて、人が人を嫌いになるのは、どのような理由があるのでしょうか。嫌いな人を思い浮かべた時、下記のようなことが当てはまるのではないですか?

・ 考えが合わない
・ 価値観を押しつけてくる
・ 威圧的な態度で接してくる
・ 自己主張が強すぎる
・ 相手も自分のことを嫌いだと思う

アドラー心理学では、嫌いな人は「自分を映す鏡」と表現されています。相手の何が嫌いなのか見極めることで、自分自身の嫌いな部分が浮き彫りになるというのです。この自分の嫌いな部分を、自分なりに受け入れ消化することで、嫌いな人も、さほど気にならなくなると、アドラー心理学では説かれています。

これができたら一流人間?嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法

<嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法>

さらにアドラー心理学では、対人関係の悩みをなくす方法として、以下のような思考法を提唱しています。

1) 好きになろうとしない

嫌いな人を無理にどうにかしようと思わずに、潔くあきらめること。嫌いな人のことを考えると、よりその人の嫌な部分が見え、さらに嫌いになるというループにハマります。潔く嫌いな感情を認めることで、その人のことを考える時間が減り、その人自体がさほど気にならなくなってきます。

2) 距離を置く

嫌いな人とは、できるだけ接触を少なくしましょう。距離を置くことで「イライラする」感情が減り、気持ちが楽になります。アドラー心理学では「どんな相手でもリスペクトし、共同体に貢献するためにつきあう」と考えるべきとされています。職場や学校など、環境を変えたくても変えられない場合は、その組織に貢献するための最低限の関わりだけをし、礼儀を持ってつき合えば、関係が悪化することはないとしています。

3) 自分だけに目を向ける

対人関係の悩みは、人の課題に踏み込んでいる場合か、自分の課題に踏み込まれている場合に生まれます。「人の課題に踏み込んでいる」とは、「あの人は“こうすべき”なのに、やらないからうまくいかない」といった考えで、相手を否定すること。たとえば、母親が子供に「勉強しなさい」と言うのも、子どもの課題に母親が踏み込んでいる状態です。人の課題には手を出さず、自分のやるべきことに集中すれば、相手を否定する気持ちが消えていきます。
また、相手があなたに何かを強要してきて「自分の課題に踏み込まれている」場合は、本のタイトルにあるように「嫌われる勇気」を持って。相手が言ってくることを無視するのです。ただし戦うのでなく、笑顔で接しておけば、必要以上に関係が悪化することはないでしょう。

嫌いな人を離れた視点で見たり、どうしてこの人が嫌いなのかと深く掘り下げることで、自分自身への理解にもつながります。一流の人が取り入れているアドラー心理学で、あなたも一流の人に一歩近づきましょう。

コメント

意外と知らない耳そうじの豆知識

2018年07月28日 12時02分08秒 | 癒し・心身の指圧治療

意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?

ノーイメージ

【お話を伺った人】古屋 信彦先生

群馬大学大学院教授・医学博士 群馬大学医学部卒業。日本医科大学医学部助手、東京大学医学部付属病院助手、帝京大学医学部教授などを経て、現職。カリフォルニア大学医学部に留学。著書に『めまい・耳鳴り』(…

もっとみる

(編集・制作 (株)法研

耳あかはドライ? それともウェット? 耳あかの正体から、耳かきの方法、最新耳かきグッズまで、小耳にはさんでトクをする、耳にまつわる情報集。

耳そうじ、どんなふうにしてますか?

日頃の習慣として、何気なく行なっている耳そうじ。といっても、そのやり方は人によって千差万別。耳かきでポリポリ耳そうじをする人もいれば、綿棒で耳そうじをする人。あるいは、毎日こまめに耳そうじをする人もいれば、気がついたときにチョチョっとする人もいます。
耳そうじのし方は人様々、個人の自由といってしまうと、それまでですが、やり方によっては耳のトラブルにつながりかねないのでご用心を。

人はなぜ耳そうじをするのでしょう。なかには、「耳そうじが快感だから」という人もいるでしょうが、本来の目的はたまった耳あかを取り除くことにあります。では、その耳あかとは、一体、どんなものなのでしょうか。

耳あかは、外耳道の皮膚にある皮脂腺、耳垢腺というところから出る分泌物と古くなった表皮、外から入ったほこりなどが混ざり合ったものです。
汚いと思われている耳あかですが、実は重要な働きを担っています。まず、耳あかは酸性で蛋白分解酵素が含まれているため、殺菌作用を持っています。そして耳の中に適度な潤いをあたえ傷つきにくくする皮脂がでており、皮膚を保護します。

ところで耳あかには、粉状になったドライタイプと湿り気のあるウェットタイプの2つがあります。これは遺伝によるもので、日本人にはドライタイプ、欧米人にはウェットタイプが多いといわれています。また、ユーラシア大陸を南下してきた縄文人はウェットタイプ、シベリアなどに長く留まった弥生人は、ドライタイプが多かったといわれています。

意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?

耳そうじは2~3週間に1度!

では本題の耳そうじのやり方についてお話ししましょう。耳あかは、自浄作用によって自然に外耳道の入り口へに排出されるようになっています。あまり頻繁に耳そうじを行うと、外耳道の薄い皮膚を傷つけ、皮膚のびらん、水様性の耳だれ、さらにはカビが生えてかゆみが増すなど、慢性の湿疹性外耳道炎を起こす可能性もあります。ですから、耳そうじの頻度は2~3週間に1度くらいが適当です。

耳そうじをするフォームは、中指で耳かきの背を押さえ、親指と人差し指をあわせた3本の指で構えます。そして、耳あかをかき出すときに、薬指をそっと頬にあてます。また、耳あかは入口から1cmくらいのところにたまるので、耳かきを深く押し込む必要はありません。注意したいのは耳そうじ中子供がぶつかって、鼓膜を破る事故。耳そうじをするときは、必ず子供やペットのいないところで行いましょう。また子供が大人のまねをして、自分であるいは子供同士で耳かきを使用して事故になった例も多いため、小さな子供の見ているところでは耳かきはしないでください。

“内視鏡タイプ”の耳かきも登場!でも・・・

用いる道具に関していうと、ドライタイプの耳あかには、へら状になった耳かきの方が便利ですが、ウェットタイプでは綿棒の方がよく使われます。ですから、ウェットタイプの人が多い欧米では、綿棒の利用が圧倒的のようです。

日本人はドライタイプの人が多いので、耳かきを愛用している方も多いでしょうが、耳かきにはいろんな種類があることをご存知でしたか?
日本では、へら形をしたタイプが耳かきの主流で、材質も竹をはじめ、金属、プラスチックなど、さまざまなものが市販されていますが、先端の形にも新しいタイプが生まれ、金属のスパイラル型、円盤を数枚重ねた型、細いワイヤーを3連に束ねたものなどが出ています。
ちなみに、耳かき棒の先についているフサフサの毛は梵天(ぼんてん)と呼ばれ、アヒルの羽毛を用いることが多いそうです。

さらに最近では、ファイバースコープ(内視鏡)型の耳かきも登場しました!イヤースコープを耳の中に入れ、手元のファインダーに映し出される、自分の耳の中を見ながら、そうじをするというものです。

しかし、内視鏡で耳の中をキレイにするのは耳あかの除去という点では、一見良い方法といえそうですが、そこまでやる必要はないかもしれません。
日本人はむやみに耳そうじする習慣がありますが、医学的にはあまり薦められませんし、特に小児に対しては危険を伴うことから控えたほうが良いでしょう。

※この記事は2006年8月に配信された記事です
コメント