「アクア通信」

指圧室市営地下鉄『東山田駅』

メガバンクの「大リストラ」で余った人材・店舗網が縮小余った人材を取引先に押しつける

2018年05月30日 17時57分43秒 | 癒し・心身の指圧治療

メガバンクの「大リストラ計画」で余った人材はどこへ行くのか 銀行以外でも他人事ではない

Photo by GettyImages 

写真拡大

メガバンクが前例のない規模でリストラ計画を進めている。メガバンクが直面している課題は、あらゆる日本企業に共通したものであり、たまたま銀行業界で早期に問題が顕在化したに過ぎない。メガバンクの現在は、すべての日本企業における5年後の姿とみてよいだろう。

以下では、銀行が直面する課題を取り上げ、他の日本企業にどう波及するのか考えてみたいと思う。

 

課題1:人材のミスマッチ

メガバンク各行は昨年、大規模なリストラ計画を発表した。三菱UFJフィナンシャル・グループは9500人分の業務量削減、三井住友フィナンシャルグループは4000人分の業務量削減、みずほフィナンシャルグループは1万9000人の人員削減となっている。

みずほ以外の銀行は人員削減ではなく、業務量の削減となっているが、業界ではそのようには受け止められていない。各行とも、大規模な人員削減を狙っているのは明らかである。

これだけ人手不足が叫ばれている中、なぜ人員削減に踏み切る必要があるのか不思議に思った人も多いかもしれない。だが一連の人員削減の背後には構造的な要因があり、他の日本企業にとってもまったく同じことが言える。それは、人は足りないのに、欲しい人材がいないという、いわゆる人材のミスマッチである。

Photo by GettyImages

社会の成熟化やIT化に伴って金融ビジネスのあり方が激変しているが、行員の大半は従来型の業務に慣れ親しんだ人ばかりで、時代の変化に対応できていない。

銀行としては、新しい試みを次々と実施したいところだが、新しいビジネスに対応できる人材は限定的だ。このため全体としては人手不足という状況でありながら、社内では人材が余るというミスマッチが生じている。

新規事業に対応するため中途採用も増やしているものの、旧態依然とした行員が多いと、せっかく外部から人材を登用しても新規事業はスムーズに進まない。この結果、新規に採用した分だけ人件費が増えるという困った事態が発生してしまう。

三菱東京UFJ銀行を例に取ると、同行の生産性(1人あたりの経常収益=一般企業の1人あたりの売上高に相当)は5年間で 2割以上落ち込んでいる。このままでは人件費が収益の足を引っ張るのは確実な状況であり、これが大規模なリストラを決断させた。

多くの日本企業が、売上高があまり伸びない中、従業員数だけが増えており、人件費の増大が経営の足かせとなりつつある。過去5年間で売上高があまり伸びておらず、その一方で従業員数が大幅に増えている企業は要注意である。人手不足であるにもかかわらず、人が余っているというのは、あらゆる業界に共通した課題なのである。

課題2:業務の自動化による余剰人員の発生

この状況に追い打ちをかけたのが業務の自動化である。世の中ではAI(人工知能)がブームとなっており、近い将来、AIによって多くの仕事が消滅すると言われている。だがこの話はあくまで将来の話であって、すぐにAIによって仕事がなくなるわけではない。

だが、AI化の前段階ともいうべき動きはすでに顕在化しており、ソフトウェアを使った定型業務の自動化が急速に普及しつつある。これはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれるもので、既存システム上での操作をソフトに覚えさせ、一連の業務を自動化していくという手法である。

操作の自動化によって、今まで数人で行ってきた事務作業を1人で実施出来るようになるので、ここでも人材が余る結果となる。RPAは定型業務の自動化にもっとも効果を発揮するが、銀行は定型業務比率が高く、真っ先に導入が進んだ。

しかし、銀行以外の一般企業でも、一部を除けば業務の大半は定型的なものといってよい。経営陣が本気で自動化を考えた場合、かなりの割合の社員が不要となる可能性がある。卸売業や販売業など、問題解決型ではなくルーチン型の仕事が多い業種においては、この動きが一気に進むかもしれない。

 

店舗網が縮小されていく

メガバンクは人員削減と平行して、店舗網の大幅な縮小も計画している。

メガバンク各行はこれまで多額のコストをかけて巨大な店舗網を維持してきたが、ネットバンキングの進展によって来店する顧客数は10年間で4割近くも減少した。つまり、店舗そのものがビジネスにおいて不要な存在となりつつあるのだ。

Photo by GettyImages

今年4月、三菱東京UFJ銀行は三菱UFJ銀行に行名変更を行っているが、それに伴って各支店における大形看板の扱いを全面的に見直している。

これまで銀行の店舗には、ビルから突き出す形で大形の看板が設置されていたが、同行では行名変更をきっかけにこうした看板の多くを撤去した。街中で支店への来店を促す必要がなくなったことが最大の要因であり、これは銀行のビジネスのあり方が根本的に変わった事を意味している。

他業種でも、各地域に支店や営業所をたくさん抱えているところは多いはずだが、業務のネット化が進めば、こうした店舗の多くが不要となる。マーケティングもネットで行われるようになるので、路上で不特定多数の人に認知してもらう必要もない。

かつては支店網を維持するため、定型業務に従事する社員を大量に配置する必要があったが、業務の自動化に伴ってこれも省力化できる。支店網、営業店網を抱える業種は、同じような状況に陥る可能性が高いだろう。

セカンドキャリアをどうするか

日本では原則として解雇ができないので、余った人材は何とか自主的に次の職場に移ってもらう必要がある。そこで重要視されるのが、社員のセカンドキャリア斡旋である。

今年1月、金融庁が公表した銀行向け監督指針の改正案に注目すべき条項が盛り込まれた。銀行が取引先企業に対して人材紹介業務を実施できるようになったのである。

 

よく知られているように銀行は一般企業に融資する業務であることから、独占禁止法における優越的地位の濫用について厳しい制限が課せられている。

だが、銀行が人材紹介業務を実施できるとなれば、銀行はその地位を利用して、自行の職員を取引先に斡旋することが理論上、可能となる。

もちろん銀行側は、表立って社員の引き取りを要請することは絶対にしないだろうが、銀行融資への依存度が高い取引先の場合、銀行の状況を忖度せざるを得ないところが出てくるかもしれない。実際、今回の金融庁の決定に対しては、一部から、余った人材を取引先に押しつける結果につながりかねないと懸念する声も聞かれる。

Photo by GettyImages

この話はそのまま一般企業に適用することができるだろう。一般企業の場合、銀行ほど厳しい制限が課せられているわけではなく、取引先に社員を斡旋することは不可能ではない。

余った人材をどこで吸収させるのかは実は大きな社会問題であり、現実には人材の押し付け合いが激化するだろう。仮に社内にとどまるにしても、グループ内の移籍などを通じて、大幅に年収をダウンさせるといった措置が講じられる可能性は高い。人員のボリュームが大きい世代に属している人は要注意である。

コメント

内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(29)に、永久追放に相当する「除名」処分

2018年05月29日 22時40分56秒 | 癒し・心身の指圧治療

宮川選手と日大は今年度終了まで出場停止処分 森ヘッドコーチは資格剥奪/アメフット

 日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟は29日、臨時理事会を開いて関係者への処分を協議した。問題を調査した同学連の規律委員会は反則が内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(29)の指示によるものと認定し、両氏に対して処分の中で最も重く永久追放に相当する「除名」処分とした。

 守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い「資格剥奪」、危険なタックルをした宮川泰介選手(20)とチームには条件付きで2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止処分が課された。

 この問題で、日大アメフット部選手一同は父母会の代理人を通じて声明文を発表し謝罪。監督やコーチの指示に「盲目的に従ってきた」ことが今回の事態を招いた一因と認め、宮川選手の復帰を願う内容も盛り込んだ。

 6日の定期戦で関学大の選手を負傷させた宮川選手は、内田前監督らの指示だったと説明。指導陣はけがをさせろという指示はしていないと否定しており、両者の主張が食い違っていた。日大は第三者委員会で事実を解明するとしている。

コメント

カラオケボックスでステーキが食べられる!

2018年05月29日 19時46分29秒 | 癒し・心身の指圧治療

カラオケボックスでステーキが食べられる!? 環七のステーキハウス「ペコペコ」に迫る

カラオケボックスでステーキが食べられる!? 環七のステーキハウス「ペコペコ」に迫る 

写真拡大 (全17枚)

はじめまして。郊外や路地裏の大衆的な食風景を記録している刈部山本です。

ライター紹介

刈部山本(かりべ やまもと)
自家製ケーキの通販や間借り営業をしながら、郊外や路地裏にある町中華・食堂・酒場といった大衆食を巡りつつ、その土地にならではの文化を紹介するブログやミニコミ誌を発行するライター。「町中華」「しっとりチャーハン」の発信者であり、既に閉店した店しか載ってないガイド本や、ギャンブル場めし愛好家としてメディア露出も。2018年5月に光文社より路地裏のメシ屋を巡った文庫『東京「裏町メシ屋」探訪記』を発売。 ブログ Twitter

この度Rettyグルメニュースで、その土地に行かなければ出会えない、住民から愛されているローカルチェーン店や大衆食堂などを紹介していくこととなりました。
 

とまぁ、堅苦しい挨拶はここまで。早速今回の目的地に急行することとしよう!
 

ロードサイドに浮かび上がるカウボーイ

 

 

夜な夜な環七こと環状七号線を走っていると、北区から足立区に入る鹿浜橋の袂に、なにやらカウボーイ坊やが、ウエルカムポーズを取っているイラストが描かれた看板が闇夜に浮かび上がっている。
 

 

 

どうやらステーキハウスのようだが、カウボーイ坊やの隣にはカラオケの文字。カウボーイの恰好をした店員がいるカラオケボックスなのか!?
 

こうしたステーキハウスは、環七など幹線道路沿いにときたま見かける。

都内にも70~80年代を中心に、ウエスタン調で木の車輪のオブジェを看板にしていたところが多く、「よく見かけた!」と記憶にある方もいることだろう。
 

子供時分にそうしたロードサイドの光景をみては憧れていたが、親に連れて行ってもらえなかったので、ペコペコに遂に足を踏み入れるというのは、ワクワクする以上に緊張を伴うのだった。
 

しかもこの鹿浜店は併設するカラオケボックスと同じ経営で、なんとカラオケボックスの中でステーキが食べられるのだ!!
 

とくれば、カラオケで食べない手はない!

いざ入店!

 

 

というわけで、改めて店の前に来たものの、店外にはカラオケの案内はあってもステーキが食える旨は書かれていない。
 

恐る恐るカラオケの受付に向かい、そこにいた店員さんに、
 

「あの~、カラオケの中でお隣のステーキメニューを注文することはできるでしょうかぁ・・・」と聞いてみると、
 

「あぁ、同じですから、大丈夫ですよ!」
 

とさも当たり前のように即答下さった。
 

カラオケをする時間などを用紙に記入し、マイクの入ったカゴを渡され、指名された部屋へ。
 

 

 

店内は都内のビル型店舗というより、郊外のロードサイドにあるようなカラオケボックスそのもの。既に地元の方らしき方々が盛り上がってる様子が伺える。
 

 

 

部屋に入って早速メニューを見ると、カラオケ用のドリンク&フードメニューの他に、先の外看板にいたカウボーイ坊やのイラストが描かれた、ペコペコのパウチされたメニューが別に存在していた。
 

 

 

おおっ、本当に肉食えるぞ! カウボーイ坊やの手のひらにカラオケのロゴ載ってるし!!
 

さらに壁にはランチメニューまで貼られているではないか!?
 

 

さっそくカラオケと同じ要領で、内線で注文。

カラオケ内で実食の瞬間がキタ!!

まずはアルコールでカンパーイ!
 

 

▲瓶ビール・カラオケのリモコン・裕次郎「嘆きのメロディ」と奇しくも貴乃花セットが揃ってしまった

アルコールで口を湿らし、枝豆をツマミつつカラオケなんぞに興じていると、おもむろに隣のステーキハウスとを結ぶ扉が放たれ、ジュージュー言わせた鉄板を持った店員が突入してきた!
 

 

 

おおっ、本当に焼き立てのハンバーグだよ!?
 

楕円形でやや俵型をしている厚みのあるハンバーグで、中身はミンチ肉でパンパンに詰まっているものの、ナイフを入れるとスッと容易く切れる。
 

 

 

頬張ると、粗挽きゴリゴリ系のハードな男子仕様。これはまさしくステーキ専門店のハンバーグだなと思わせるが、噛むとスグに口中で崩れて、飲み込んだ後は柔らかい印象が残る。
 

ソースもビターでショッパさもあるが、サラッとしているのでハンバーグに絡みすぎず、そして肉の食感を邪魔せずバクバク食わせてくれる。
 

やっぱりハンバーグは鉄板ジュージューに限る。付け合せはインゲンやコーンの他、大ぶりのジャガイモがついて超ボリューミー。
 

最後はロールパンに残ったソースを染み込ませ、大満足して完食。

肝心のステーキはどーなんだ?

と思われた方もいるだろう。
 

実は隣のステーキハウス店内でもちゃんとステーキを食べている。
 

 

 

ステーキ側入口には古ぼけた等身大のコック人形が親指を立ててお出迎え。
 

 

 

店内は天井が高くログハウス調で、車輪などのオブジェが掲げられたりしているが、テーブルや椅子は至ってフツー。4人席が10近くあるか。席間もユトリがある。
 

で、シングルステーキ(150g)ライス¥1100がこちら!
 

 

 

ジュージュー言ってる鉄板に乗ってやってきたソレは、この値段とは思えないシッカリした量。付け合せはコーンとインゲンで十分。
 

肉にはレモンとステーキバター(パセリ等の青い粒々の入ったヤツ…メートルドテルバターというらしい)が乗っており、これだけでもう一気に御馳走という感じになる。
 

バターを塗り塗りし、爆ぜが落ち着いたところでナイフを入れると、スッと簡単に切れた。
 

 

 

適度に中が赤く、ちゃんとミディアムに焼けており、噛むと肉々しい食感の後、スッと口中で溶けた。
 

おおっ、柔らかいのに旨み十分!!
 

端に脂身はあるし、卓上のステーキソースはやや醤油テイストが強く、風味とコクが抜群。もう立派に御馳走ステーキになっている。
 

ご飯はホックリして瑞々しささえ感じられる炊き具合。
 

所々焦げたコーンやインゲンを、油の混ざったソースに絡めてご飯に乗せて食べるとまた格別で、すっかり童心に戻って完食。
 

1000円程度で訳なくなってくるが、ガッツリ食べたければダブルステーキなど用意されている。この満足感は計り知れない!
 

ステーキやハンバーグなど、食事だけで利用するもよし、カラオケでワイワイやりながら、個室で好きなペースで食べるもよし、ステーキハウスとカラオケの融合は、我々に用途に合わせて利用できる、素敵な選択肢を与えてくれるものだった。
 

またペコペコはこの鹿浜1号店の他に、浦和・大宮・南越谷・蓮田と埼玉で展開している。
 

そちらはカラオケはないが、リーズナブルにしっかり肉を味わえる店となっているので、近くによったら是非訪れてほしい。
 

ペコペコ 住 所東京都足立区鹿浜1-6-14 電 話03-3853-0136 営業時間[月~金]
11:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
[土・日・祝]
11:00~翌1:30(L.O.翌1:00) 定休日無休 ペコペコ
東京都 足立区 鹿浜
ステーキ

 

新刊『東京「裏町メシ屋」探訪記』を発売中!

町の生活に根ざした文化の痕跡を路地裏から見て、そこにある店で食事をすると、単なる観光では味わえない、その土地ならではの空気を感じることができる。そんな空気を味わいに、東京とその近郊へ、明治から現在までの変遷を辿りながら、町の裏側とそこに根ざしたメシ屋を巡る探訪記。

購入はこちらから!

コメント

レオパレスのアパートに建築基準法違反

2018年05月29日 19時37分58秒 | 癒し・心身の指圧治療

レオパレスのアパートに建築基準法違反の疑い

レオパレス21は29日、1996~2009年に施工したアパートで、建築基準法違反の疑いがある物件を少なくとも38棟確認したと発表した。共同通信が報じた。

レオパレス物件に建築基準法違反の疑い(共同通信)
 
コメント

テレ朝「報道ステーション」 森友問題でねつ造に近い内容に改変

2018年05月28日 22時57分09秒 | 癒し・心身の指圧治療

テレ朝「報道ステーション」 森友問題でねつ造に近い内容に改変

テレビ朝日「報道ステーション」が財務省の文書を切り貼りし、ねつ造に近い内容に改変しました。

メディアとしてやってはいけないことであるとともに、断じて許せません。

検証結果を皆様に公表します。

5月23日のテレ朝「報道ステーション」。

森友問題に関する財務省の応対記録や本省相談メモの報道で、ねつ造に近い改変を行いました。

放送では、平成26年5月8日、9日の財務省の本省相談メモをもとに、以下のように映像とコメントが打っています。

『メモを検証するとある時期を境に、土地の貸付に後ろ向きだった財務局の姿勢は協力的なものに変わります。

当時、学園の小学校の計画にはまだ大阪府の認可がおりるかどうか、わからない状態。

資金調達のめども立っていませんでした。

財務省は当初、学園側にこう説明するつもりだったようです。

「これ以上審査を先延ばしできない。」「不適当の回答を行わせていただきます。」「本地についてはご縁がなかったということとなります。」

ところが半月後、「当局から豊中市に提出することが可能となりました。」』

しかし、これは事実とは全く違います。

「土地の貸付に後ろ向きだった」のは嘘で、平成25年9月2日に近畿財務局は森友学園との面会で、「協力できる方向で進めていく」と明確に伝えています。

そして、「財務省は当初、学園側にこう説明するつもりだったようです。」と報道ステーションは指摘しましたが、その文書を見ると、

「(平成26年)7月中に大阪府が設置計画書を正式受理しない場合」という留保がつけられており、

「これ以上審査を先延ばしできない。」「不適当の回答を行わせていただきます。」「本地についてはご縁がなかったということとなります。」というのは、いずれも受理されなかった場合の森友学園側への説明で、5月8日や9日の時点で確定的にそう説明すると決まっていたわけではないのです。

しかも、同一のページには、「売り払いを前提とした貸付けについては協力させていただきたいと考えております。」と明記されており、この部分を報道ステーションは全く報じていないのです。

報道ステーションは、総理夫人の写真が提示されたことで財務省の姿勢が前向きに変化したとどうしてもこじつけたいようで、このようにねつ造に近い切り貼りと改変を行いました。

これは放送局として、放送法4条に違反するような案件です。

『【報ステ】『本省相談メモ』見えてきた“変化”』(テレビ朝日)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000128002.html

財務省「本省相談メモ」

https://www.mof.go.jp/public_relations/statement/other/20180523q.pdf

コメント

昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

2018年05月28日 15時31分26秒 | 癒し・心身の指圧治療

昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

銀歯を割ると、その下で虫歯が広がっていた 

写真拡大

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。

 * * *
 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。

 大学の授業では「やってはいけない治療」と教えてきた悪例だが、このような銀歯は珍しくないという。

 歯科医が銀歯を真っ二つに割ってみると、中では虫歯が再発していた(画像参照)。患者に聞くと、特別な痛みは感じていなかったという。スキルの高い歯科医に、ズサンな銀歯を見抜いてもらっていなかったら、虫歯が深く進行して“抜歯”になっていた可能性が高い。

 歯科業界には、他の歯医者の手抜きを指摘しないという不文律がある。だから私たち患者は、手抜き銀歯が蔓延していることを知らなかったのだ。こうした手抜き銀歯は、歯を失う“負の連鎖”をスタートさせていた。東京医科歯科大学の田上順次副学長が指摘する。

「適合性が悪い(=歯の形状に合っていない)銀歯では、二次カリエスと呼ばれる虫歯の再発が起きます。銀歯と歯の隙間から、細菌が侵入してしまうのが原因で、銀歯の装着に使用したセメントが溶けて隙間ができている場合もあります。

 虫歯が再発すると、再び歯を削らなければなりません。そうすると、神経に感染が起きやすくなります。感染した神経は抜くしかありません(抜髄)。神経を抜いた歯は、寿命が短くなります」

 虫歯になったら歯を削り、銀歯を被せる──そこに「歯を失う連鎖」が隠されていたのだ。

◆健全な歯まで削る「100年前の基本原則」

 日本の歯科治療ではこの負の連鎖を加速させる“古い常識”が定着してしまっている。

 虫歯の治療中に痛みを感じるのは“健康な部分まで削っている”からだとご存じだろうか。虫歯菌に感染した部分は、神経がダメになってしまっているので削っても痛くない。痛いのは周囲の感染していない部分まで大きく削ってしまうためだ。長崎大学歯学部の久保至誠准教授に健全な歯を削る理由を解説してもらった。

「“予防拡大”という100年以上前に確立された、虫歯治療の基本原則があるからです。これは二次カリエスを予防するため、虫歯になりそうな健康な歯の溝などを、あらかじめ削って金属に替える考え方です。歯ブラシが届かず、プラークが溜まりやすそうな部分を削って、金属面にする。言うなれば、転ばぬ先の杖。

 でも、これは大きなお世話だったと近年になって分かりました。金属部分は虫歯になりませんが、大きく削ってしまうと、歯の寿命は短くなるからです」

 必要もないのに大きく削って、手抜きの銀歯がかぶせられ、虫歯が再発するとさらに削られる。患者は“歯医者で治療してもらった”と思っていても、その実は歯の寿命を縮めていた可能性が高いのだ。

※週刊ポスト2018年6月8日号

コメント

現場近くにいた人が車のナンバーを覚え。ひき逃げ逮捕

2018年05月27日 22時51分19秒 | 癒し・心身の指圧治療

ひき逃げ容疑で専門学校生を逮捕 桐生

 桐生署は25日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、桐生市新里町山上の専門学校生、今泉祐哉容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前9時25分ごろ、自宅近くの県道で乗用車を運転し、自転車を押して道路を横断していた同市のパート女性(66)をはね、両ひざに軽傷を負わせたが、救護措置を取らずに逃げたとしている。調べに対し、容疑を認めている。現場近くにいた人が車のナンバーを覚えていた。

コメント

「家は買うべきか借りるべきか」論争に一つの解決策!

2018年05月27日 20時41分02秒 | 癒し・心身の指圧治療

永遠の問題、「家は買うべきか借りるべきか」論争に一つの解決策!

KY / PIXTA(ピクスタ) 

写真拡大

 巷では、老後を安心して暮らすには3000万から、多ければ5000万も必要だと言われている。そのため、若い頃から「老後のために」と節約に励んで貯金をする人も多い。

 しかし、「小さな節約を積み上げる以上に大切なことがあります。それは住宅と生命保険の問題。人生の可処分所得のうち、多くの人は半分を住宅と保険に費やしています。住宅と保険で失敗すると、あくせくしても取り返しがつかなくなってしまうことが多いのです」と言うのは経済評論家の佐藤治彦氏だ。

 確かに、住宅は人生で最も大きい買い物だ。そして、「家は借りるべきか買うべきか」に頭を悩ませている人も多いだろう。

「私は、『住宅は買うべきか、借りるべきか』という質問を、25年くらいにわたって聞かれ続けてきました。『買いたければ買えばいいじゃないでしょうか』と答え続けてきましたが、これは本音です。スポーツカーを買うのが夢だったと言う人に、レンタカーでいいじゃないかとは言わないでしょう? 同様に、マイホームを手に入れるのが夢だ、という方は買えばいいと思います。

難しくなるのは、『どちらが得か』を考えたときでしょう。どちらが得か、で問うてくる方には、住宅を手に入れることによって背負うことになるリスクを考えていますか? と問い返したいのです」

 老後の問題について考えるときに大切なのが、「手元の資産構成」なのだとか。

◆「持ち家が売れない時代」はすぐに来る

 佐藤氏は、「資産が5500万円あるという人でも、そのうち4000万円は住宅、1000万円は亡くなったあとに支払われる生命保険、貯金は500万円」という人をたくさん見てきたという。

 老後資金が500万だと少ないような気がするが、家が持ち家なら、家賃がかからない分、生活費が抑えられるし、いざというときに家を売却すれば少なからぬ資産になるのではないだろうか?

「たいがいの人は、シニアになったとき、家は持っているけど現金はたくさん持っていません。上記の例のように、家はあってもカネがないという状況で、老後は安心でしょうか? いざとなったら家を売ればいい、と思っているかもしれませんが、今後、簡単に家は売れない時代を迎えます。2013年の空き家率は全住宅の13%、野村総研の調査では、2033年には2000万戸を超えると予測されています。

30代、40代でマイホームを手に入れ、終の棲家ができて安心だと思うかもしれませんが、一般的な住宅は30年経ったら建て替えです。その立て替え費用は考えているでしょうか? 30年前のキッチン、30年前のお風呂を、我慢して使い続けられるでしょうか? 今は『我慢できるだろう』と思っても、40年後は介護用のお風呂が必要になるかもしれません。思わぬ修繕費や固定資産税もかかってきます。

さらにマンションの場合、老朽化したら強制的に立て替え費用を出さなくてはいけなくなります。マイホームがあるから一生住宅については安心、ではないのです」

 そうはいっても、「家賃を払い続けるなら、いずれ自分のものになるマイホームのほうが安心なのでは……」と思ってしまう。

「日本人は『掛け捨て』を好まないですからね。でも、考えてみてほしいのですが、ローンを払い終わるまでは、家は銀行のものです。そして将来にわたって払い続けるローンは未来のお金を縛ってしまうことになります。お給料が減ったりリストラされたとき、生活をダウンサイジングしにくい。転職、転勤、夢を叶えられそうなチャンスがあったときに二の足を踏んでしまい、足かせとなる可能性もあります。そのほか、家族構成が変わったときに対応しにくい、相続争いの種になりやすい、住宅の価格が下落する可能性があるなど、家を手に入れることによるリスクはさまざまあります。地震も怖いですしね。
コメント

130年、麦と向かいあったキリンが本気をだした!麦茶が誕生

2018年05月27日 16時45分53秒 | 癒し・心身の指圧治療

130年、麦と向かいあったキリンが本気をだした!麦を楽しむ新しい麦茶が誕生

2018/5/17 12:23 satomin satomin
日に日に暑くなってきましたが、夏といえば麦茶!!

大人も子供も年配も、だれもがゴクゴク喉を潤わせる夏の定番ドリンクです。

ティーバッグで煮出すものもありますが、最近はペットボトル麦茶を飲んでいる方も多いのでは。

そんなペットボトル麦茶に新顔が登場!
麦を楽しむ新しい麦茶「キリン 麦茶」が5月15日に発売されました。


キリンビールの発売から130年、麦と向かいあってきたというキリンだけに、おのずと期待度もあがります。





麦をむいて引き出された、麦本来のあま香ばしさを味わえる「キリン 麦茶」。
もちろんカフェインゼロ、カロリーゼロ。


デザインも従来の「キリン 香ばし麦茶」と比べるとずいぶん洗練された印象です。


▲「キリン 香ばし麦茶」従来の家庭的で素朴な麦茶のイメージのデザイン



◆実際に飲んでみました




まず特筆すべきは水色(お茶水の色)です。従来の麦茶に比べて淡い茶色、ビールのような黄金色にも見えます。クリアで透度は高いです。




口に含むとあま香ばしい味わいが広がりますが、後味はすっきりとしています。
従来の麦茶より香ばしさは抑え目になりますが、やさしい甘みがあり、渋みや雑みが少なく感じます。
上品な麦茶という感じです。常温で飲むとより甘みや麦本来の味わいが感じられます。

これまでの麦茶が切れ味のよいパキっとした印象だとすると、「キリン 麦茶」はじんわりとやさしい余韻があり、雑味のないすっきりした印象です。



◆具体的にその中身を見ていくと…

素材として、甘みを引き出すため、殻をむいた麦(はだか麦とむき麦)が一部使用されています。

収穫したときに自然と殻がこぼれ落ちる「はだか麦」。精麦機でていねいに殻をむいたのが「むき麦」。どちらも、麦茶ではあまり使われることがない原料です。
麦を「まるはだか」にすることで、麦のあまみが引き出されています。



▲ベースの白色は麦をむいた無垢なおいしさを、健康に育ってほしいという意味で古くからある「麻の葉」文様を採用


素材の良さを活かすために、麦ごとに焙煎を使い分けるこだわりも!

焙煎といっても、ふくれ焼きや爆ぜ焼き、熱風焙煎、堅煎り熱風焙煎、堅煎り砂焙煎など様々。
はだか麦は砂で焼いてポップコーンのように爆ぜさせ、六条大麦は芯までふっくら蒸してからフクれるように焼き上げるなど、それぞれの麦の実に最適な焙煎方法により、あま香ばしさや雑味のない澄んだおいしさを実現しています。



▲パッケージの背面には麦茶への想いが綴られている。エネルギー0kcal.とカフェイン0gの記載も


コーヒーやお茶でも焙煎(火入れ)という工程は重要ですが、何気なく飲んでいる麦茶も焙煎の違いで味や香りが変わるというのを改めて認識しました。


シングルオリジンのお茶やコーヒー、クラフトビールやチョコレートと同じように、麦茶も、麦の種類、焙煎方法、焙煎度、抽出方法の組み合わせで多種多様な世界が広がっていることを、「キリン 麦茶」を飲むと感じます。


【麦の種類】
麦:大麦、小麦、ハト麦
大麦:二条大麦、六条大麦/皮麦、はだか麦、むき麦

【麦の加工方法】
焙煎方法:砂焙煎、熱風焙煎、直火焙煎
焼き方:堅焼き、ふくれ焼き、爆ぜ焼き
焙煎度:浅煎り、中煎り、深煎り、極限煎り


二条大麦はビール、麦焼酎など、六条大麦は押麦(主食用)、麦茶など、六条はだか麦は押麦(主食用)、味噌などに使われています。
大麦、小麦、ハト麦、はだか麦などにもそれぞれ品種があり…

麦の世界もなかなか奥深そうです。

従来の麦茶と新しい麦茶、ぜひ飲み比べて、水色、香り、味わいなどの違いを楽しんでみては。


(satomin@お茶ライター Teawriter)
コメント

「明らかに反則しろと受け取れる指示が監督からあった」

2018年05月27日 07時27分19秒 | 癒し・心身の指圧治療

現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々

現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々 

写真拡大

関西学院大学側への文書提出にさきがけ、2018年5月23日夜に急遽開かれた日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチの記者会見は、より批判を集める結果となった。

会見から一夜明けると、会見を見ていた現役のアメフト部員の声が複数のメディアで報じられ、監督らの発言に対する追及の手が強まっている。

宮川選手、監督・コーチ 主張は平行線

質疑応答を含めて2時間以上に渡って行われた会見では、監督・コーチともに22日の日大・宮川泰介選手の会見内容への反論を繰り返した。日大側はタックルの指示は無かったという姿勢を貫いているが、そうした対応に対し、メディアで報じられる現役部員の声は批判的だ。

18日の「羽鳥慎一のモーニングショー」(テレビ朝日系)では、

「明らかに反則しろと受け取れる指示が監督からあった」

という証言が取り上げられており、宮川選手も同様に23日の会見で、監督・コーチから相手選手にけがをさせるようなプレーを促す指示があったと明言している。

会見後に放送された23日の報道ステーション(テレビ朝日系)では、監督らが話した内容がすべて嘘だったという現役部員の声を紹介しており、同様に24日の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)でも、

「ありえない」
「すべてのことがうそ」

といった部員のコメントが報じられ、他にも

「明らかにケガをさせる意味を持っていたと思う」(デイリースポーツ、24日)
「宮川選手やOBが証言していても何も変わっていない。声を上げても何も変わらない無力感があります」(NHK、24日)

など、様々なメディアが現役部員の声を伝えている。

現役部員の会見望む声高まる

宮川選手と内田前監督・井上コーチの主張は平行線をたどる中、ネットでは

「パワハラもセクハラもいじめも、被害者が声をあげるだけでは解決しない。周囲にいる人が大事だと思う」
「現役部員たちが立ち上がって真実を語って欲しい」
「日大アメフト現役部員の真実の声も聴きたい」

と、現場に居た現役部員たちの会見を望む声は多く、日大出身の落語家・立川志らくさんも24日の「ひるおび」(TBS系)で

「彼らはスポーツマンなら全員公の場に出てきて、何があったか言うべきです。何があの時指示されていたのか、みんな選手たちは知っているはずなんだから」

と、コメントした。

コメント