「アクア通信」

指圧室市営地下鉄『東山田駅』

我慢は美徳ではなく自分にご褒美・・・

2007年12月24日 12時06分30秒 | 癒し・心身の指圧治療

 世間はクリスマスではしゃいでいます。イルミネーションもダイオウドでより鮮やかさを増しているようです。なにか、世間の喧騒は他人事。静かな日々を過ごしたい気分です。

 身体メインテナンス心がけていますか・・・自覚症状がないまま、無理を重ねて生活している方がとても多いのではないでしょうか。不定愁訴は、持病とあきらめている様子です。これが徐々に筋肉硬縮が始まり関節の変形に発展してしまいます。

現代病と言われれば、その通りです。我慢は禁物・・・全身が柔軟性を保つように身体スッキリで生活しましょう。アクアは、そのお手伝いを致します。

 アクア癒し治療室通信 

 【中川の秋】

 「市沢歯科」

 〒241-0014横浜市旭区市沢町677番地2

 アクア・市沢歯科通信

電話番号 アクア歯科045-911-6515

     市沢歯科045-371-8228

お待ち申し上げます。 

コメント

不思議な蝶を冬に発見・・・

2007年12月18日 11時36分35秒 | 癒し・心身の指圧治療

 すっかり冬が到来しました。寒さは、筋肉を酷使します。緑道の朝は、酸素が一杯です。CO2を緑が全部酸素に変換してくれています。なんと自然のすばらしいことか・・・そのような緑道で見つけた「三景」を紹介します。不思議な蝶を発見しました。この季節に何をしているのでしょうか。蝶に詳しい方教えてください。名前も分かりません。12月18日火曜日午前9時撮影しました。

   

 

  

『市沢歯科クリニック』は、地域密着で融通の利く歯科医院を目指しています。どのような相談でも遠慮なくしてください。

  「市沢歯科」

 〒2410014横浜市旭区市沢町677番地2

 ℡045-371-8228です。

 【市沢歯科】

アクア・市沢歯科通信

相談・予約電話  【アクア】045-911-6515

         【市沢】045-371-8228

院長共々お待ち申し上げます。 

コメント

悪酔いしないように・・・

2007年12月12日 12時52分03秒 | 癒し・心身の指圧治療

 お酒は、メタボの原因になるのでしょうか。やはりお摘みの食べすぎがカロリー過多となるようです。美味しくのんで楽しい会話がしたいものですね。お酒癖の悪い人は居るもんですね。悪酔いしないためには、まずは楽しい酒席が一番です。

アクア癒し通信  

悪酔いを防ぐつまみはこれ

 悪酔いしないためには、量だけでなく飲み方にも注意が必要です。「一気飲み」や「駆けつけ3杯」は論外。1時間に分解できるアルコール量は、普通に飲める人でもビールならコップ1杯程度なので、いきなり3杯も飲んだら肝臓での分解が追いつきません。最悪の場合、急性アルコール中毒を起こし命にかかわることもあります。

  ほとんどつまみを食べずに飲む人がいますが、これも改めましょう。食べながら飲むことで胃腸の粘膜が保護され、アルコールの吸収が穏やかになるだけでなく、飲み方のペースを抑えることもできます。
 アルコールはエネルギー源にはなりますが、それ以外にとくに栄養はないので、飲むときはつまみが食事と考え、栄養バランスにも気を配りましょう。良質のたんぱく質、ビタミン・ミネラル、食物繊維が十分にとれるよう、豆腐などの大豆食品や魚、野菜、海藻などのメニューを選ぶとよいでしょう。良質のたんぱく質は肝臓の働きを助けてくれ、食物繊維はアルコールの吸収を抑えてくれるのでとくにおすすめです。

  お酒に合うからと脂っこいものや塩辛いものばかり食べていると、エネルギーや塩分のとりすぎに。また、つまみをたっぷり食べたうえにラーメンで締めくくるのは食べすぎです。習慣にしていると、肥満や脂肪肝の原因になるので注意しましょう。

コメント

忘年会の季節到来・・・

2007年12月12日 12時46分53秒 | 癒し・心身の指圧治療

 治療中のお話で、患者様が来週は、忘年会と送別会があるとのこと。それまでに肩こりを取ってほしいとの要望でした。知らない間にそんな季節になっていたのかとつくづく思いました。

アクア癒し治療室通信 

健康的なお酒の飲み方のポイント 

 楽しいお酒も量がすぎれば害になります。アルコールの分解のほとんどは肝臓で行われるため、飲みすぎは肝臓にとって大きな負担となりますが、すい臓も深刻なダメージを受けます。連日のように大量に飲むと、アルコール性肝炎や脂肪肝、肝硬変、慢性すい炎を起こしたり、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高め、アルコール依存症になることも。また、強いお酒をストレートで飲むと胃腸に負担がかかり、胃かいようの原因になります。

  お酒を健康的に楽しむために、飲むなら次のことを守りましょう。

(1)適量を守ってマイペースで飲み、早めに切り上げよう
(2)週に2日はお酒を飲まない休肝日をつくり、定期健診を欠かさずに
(3)つまみは栄養バランスを考え、エネルギーオーバーにならないように
(4)強いお酒はそのまま飲まず、氷や水で薄めて
(5)飲んだあとには水分補給を忘れずに

(「ジャストヘルス」法研より)

コメント   トラックバック (1)

ゲルマ温浴の季節です・・・

2007年12月05日 17時58分39秒 | 癒し・心身の指圧治療

結構女性の方の冷え性は、たくさんいらっしゃるようです。腰痛や膝痛にも繋がりかねません。暖かくして就寝することと昼間も下肢を冷やさない工夫が大切になります。ゲルマニウム温浴は、冷え性改善に効果があります。急に冷え込みが強くなったように感じます・・・ご注意ください。

 アクア癒し治療室通信

  【中川の秋】

  「市沢歯科」

 横浜市旭区市沢町677番地2

 ℡045-371-8228です。

 日曜日も営業、是非、お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。駐車場も3台分あります。待合室をサロンとして自由に御利用戴けますように考えています。

 【市沢歯科】

アクア・市沢歯科通信

電話番号 アクア歯科045-911-6515

     市沢歯科045-371-8228

待ち申し上げます。 

コメント

治療でお手伝い「快適生活」・・・

2007年12月04日 16時39分03秒 | 癒し・心身の指圧治療

自覚症状がないまま、無理を重ねて生活している方がとても多いのではないでしょうか。不定愁訴は、持病とあきらめている様子です。これが徐々に筋肉硬縮が始まり関節の変形に発展してしまいます。

現代病と言われれば、その通りです。我慢は禁物・・・全身が柔軟性を保つように身体スッキリで生活しましょう。アクアは、そのお手伝いを致します。

 アクア癒し治療室通信 

 【中川の秋】

 「市沢歯科」

 〒241-0014横浜市旭区市沢町677番地2

 アクア・市沢歯科通信

電話番号 アクア歯科045-911-6515

     市沢歯科045-371-8228

院長共々お待ち申し上げます。 

コメント

身体の不思議・・・

2007年12月04日 10時08分39秒 | 癒し・心身の指圧治療

木枯らしは、本当に寒いものですね。この風が夏に吹けばいいのですが。冷房もしなくて済みます。それにしても人間の身体は、大変よく出来ているものです。悪いところを補完する能力があるんです。先般右腰に痛みが走るとおっしゃる患者様がいらっしゃいました。どうも膝と股関節に問題があるようです。治療しまして二日後に再来院いただいたところ左足の股関節部分に異常が移っていました。痛みが走るほうをかばった結果なんです。腰椎の痛みはほとんど消失しているようです。歯も同じなんです。従って片噛みが続くことになります。治療しないと身体全体が歪み始めます。ご注意ください。

 アクア歯科・市沢歯科通信 

  【市沢歯科】

相談・予約電話番号 アクア045-911-6515

            市沢045-371-8228

松田 さくら院長がお待ちしています。 

コメント (1)

自然療法が一番・・・

2007年12月03日 00時56分07秒 | 癒し・心身の指圧治療

何といっても自然療法が一番です。兎も角歩きましょう。腰痛やら肩こりもスッキリするはずです。現代病は、運動不足からと思う今日この頃です。

アクア癒し治療室 

漢方で、気・血・水をととのえよう

漢方で月経異常や子宮、卵巣などの病気を予防しましょう。
漢方では、気・血・水が滞って病気になるといわれています。自分の体調をチェックしてみましょう。

【取材協力】
天野恵子
千葉県衛生研究所所長/千葉県立東金病院副院長


 

その人の体質、症状で診断する

 漢方は、6世紀頃、中国医学が日本に伝えられ、それが日本で独自に発達した、伝統医学です。
 西洋医学では、臓器や組織の異常のある部分を見つけ、病名を決定し、治療を行います。ところが、漢方では、その人の体質や症状などから診断を下し、処方を決定します。ですから、病名は同じでも、処方が西洋医学と異なることがあるのです。

 女性の身体は、男性に比べて筋肉が少ないため、熱やエネルギーを作り出すことが苦手です。また、微妙な女性ホルモンバランスを保っているため、自律神経が狂いやすく、気温の変化や冷房、飲食物でも身体に影響が出てしまいます。このようなことから女性は血行不良になりやすく、冷え症や月経痛をはじめとするさまざまな体調不良がおきます。
 漢方では、体内のエネルギーのバランスが整った状態を「健康」と考えます。ですから、女性の抱える体調不良はエネルギーのバランスが崩れている状態ととらえ、バランスを取り戻せるようトータルで治療していきます。その際使われる漢方薬は、月経痛や冷え症といったひとつの症状を消し去るための薬ではなく、体調不良が起こらないよう体質改善するための薬といえるのです。
 漢方薬の原料は、薬草の茎や根、葉を乾燥させたものや、動物、鉱物など。一般には、漢方薬は副作用がないと思われがちですが、これは間違いです。薬である以上、体調になんらかの作用を及ぼします。素人判断で安易に利用せずに、必ず、医師や薬剤師の指示を受けるようにしましょう。

婦人科系疾患の原因になる「淤血(おけつ)」

 漢方では、人間の体内をめぐる「気・血・水」に着目します。「気」は全身をめぐるエネルギー。同時に、精神的なはたらきも意味しています。「血」は血液そのものや、その循環。そして「水」は血液以外の水分代謝のことを指します。これらの3要素が、順調に体内を循環している状態が、漢方で考える健康です。

 「気・血・水」のどれかが、異常を起こすと、体に不調が起こり、ひどくなると病気の症状が現われます。血液の流れが悪くなることを「淤血(おけつ)」と呼び、女性の場合は、婦人科系疾患の原因の一つになりやすいのです。

  「淤血」は、血液のとどこおりです。腹診で、へそのまわりや下腹部を手で押して、抵抗感やひびくような痛みがあるときは、淤血のサインです。
 淤血によって起こりやすい婦人科系の症状は、月経異常や卵巣炎、子宮内膜症など。それを改善するために、漢方ではどのような処方が行われるのでしょうか。

さまざまな漢方薬を知っておこう

 生理前に、イライラ、頭痛、むくみなどが起こる月経前緊張症は、淤血以外にも、気・血・水のバランスが乱れていることが多いのです。その原因は、主に冷えと考えられています。また、夏場に冷たい飲食物をとり過ぎたり、無理なダイエットで体温が低下した場合には、冷えによって無月経になることもあります。

 これらのケースでは、体力がある人には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を、体力がない人には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。桂枝茯苓丸は、月経異常だけでなく、卵巣炎、卵管炎、子宮内膜症、更年期障害などにも効果があるといわれています。

 また、子宮筋腫のようなはれものやできものも、血流の異常が原因と考えられています。淤血を解消するために、桂枝茯苓丸や当帰芍薬散、加味逍遥散(かみしょうようさん)などが用いられます。また、骨盤内のうっ血に対しては、温経湯(うんけいとう)が効果を示すことがあります。

 さらに、漢方薬は精神状態の不調にも効き目を持っています。最近、うつ傾向の人が増えているようですが、漢方ではうつは「気」と「水」の流れが滞ることととらえます。体力のある人には柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつばれいとう)、体力のない人には香蘇散(こうそさん)などを処方します。

 月経によってホルモンバランスが変化する、女性のからだは、不安定になりがち。体をトータルにとらえ、体液やエネルギーの循環をととのえる、漢方医学の知恵を参考にしたいものですね。

(「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子監修、法研より)

コメント

患者様優先主義の考えは・・・

2007年12月01日 12時15分02秒 | 癒し・心身の指圧治療

いよいよと言いますか。もうと言いますか。今年も師走となりました。マイペースでと何時も思うのですが・・・中々そうは言っていられません。市沢歯科とアクア歯科それに指圧室の患者様が来院されます。従業員を配置したいのですが思うように人が集まりません。先般アクアの職員が退職しました。活気のある笑顔が提供できる方を随時募集しているのですが・・・

  

どうも2007年は「謝罪」ばやりのようである。朝青龍・亀田家それに防衛事務次官・食でもマックやら吉兆やら等々どうやら日本は、ポリシーを失ったようである。各種ある介護施設へのお手伝いを躊躇するのもこの辺が不安なのである。「患者様の利益のため」にのみと言う思想でアクアは運営しているのですが。・・・・・・

 アクア歯科・市沢歯科通信 

コメント