懲役12年が下された愛知県の男性 

写真拡大

 今月10日と14日、中国にて日本人男性2人に有罪判決が下された。罪状はずばり“スパイ罪”である。

 10日に判決を受けたのは54歳の愛知県の男性で、懲役12年。もう一人は57歳の神奈川県の男性で、こちらは懲役5年。共に2015年より中国当局に拘束されていた。

 いずれも公安調査庁の協力者と見られるが、なぜ彼らは中国で怪しい行動を繰り返したのか。週刊新潮は当時、2人の素性について以下のように報じている。(以下、データは15年10月15日号掲載のもの)

 ***

 スパイ扱いされている2人は、日本在住の50代男性である。もっとも、彼らの人生を辿ると、所々で中国と交叉しているものの、本格的なスパイとしての殺気は全く感じられない。まず、中国東北部の遼寧省丹東市で拘束されたのは、神奈川県在住の脱北者である。脱北者支援団体の幹部が言う。

懲役12年が下された愛知県の男性

「父親が在日朝鮮人、母親は日本人。3歳の頃、両親と共に北朝鮮に渡った。向こうで在日の子は差別され、苦労する人が少なくない。でも、彼の父親は金日成主席の記念事業の工事の仕事をしていた際、事故死した。それが“殉職”扱いされ、残された家族は一定の生活を保障された。彼自身は、軍の宣伝部隊の隊長として、音楽隊でトランペットを吹いていた」

 軍人としては将校の階級だったというから、少なくとも食うに困るという生活ではなかったはずである。

「ところが、90年代後半に200万~300万人の餓死者が出た。彼は、多くの人が亡くなっていくのを目の当りにし、北で生活することが耐えられなくなったそうです」(同)

 母親、妻、息子、弟と計5人で脱北したのは90年代末。ラオス、韓国などを経て、01年6月に日本に入国し、その後、日本国籍を取得したという。

「本人の性格は、明るく真面目。お酒は、ウイスキーが好きでしたね。当初は日本語も分からず苦労した。しかし、息子と一緒に3年間みっちり勉強し、みるみるうちに上達した。自宅近くのパチンコ屋で景品交換の仕事をしていましたが、この1~2年は知人の中国人実業家の仕事を手伝っているとかで、中国に長期滞在することが多かった」(知人)

 では、なぜ、中朝国境の街でスパイ容疑をかけられたのか。

「北朝鮮国内に親族がいるため、元々は彼らに連絡を取ったり、送金したりするために行っていた。彼は、よく“日本人は、北の本当の姿を知らな過ぎる”と話していた。元将校でプライドも高く、人の役に立ちたいという気持ちもあったようです。それで、現地で見聞きしたことをマスコミや公安関係者に教えるようになったのです」(先の支援団体幹部)

カード会社から督促状

 脱北者が激増し、丹東の中朝国境を流れる鴨緑江沿いに人民解放軍がフェンスを設置したのは9年前。

「あれ以降、中朝国境沿いでの当局の監視も厳しくなった。同じ外国人が何度も来たら、確実に行動確認の対象になる。ただし、今回拘束された男性は、行動は慎重でしたからね。一般旅行者に毛が生えた程度の情報能力で、スパイとかエージェントというレベルの人ではありません」(マスコミ関係者)

 山梨学院大学教授の宮塚利雄氏は、3年前、中朝国境の吉林省集安市で橋を撮影中、拘束されたが、

「突然、パトカーが5~6台現れ、20人程の警官に囲まれた。警察では、日本政府の指示で来たのか。政府から金をもらっているのか。政府の関係者か。この3つを聞かれました。私はいずれも否定し、罰金を払って、釈放されましたがね」

 つまり、日本政府との関係が明らかになれば、一発でアウトというわけである。

 一方、愛知県に住む男性は、浙江省温州市平陽県沖の南ジ列島にある軍事施設周辺で拘束された。この施設は、尖閣諸島周辺を管轄しているとされる。記念撮影のレベルを超える枚数の写真を撮影していたという。

 男性は、三重県の私立大学を卒業後、愛知県内の不動産会社へ入社。古くからの知人は、

「その会社は2年くらいで辞め、別の不動産会社へ転職しています。アメリカに不動産に関する勉強に行き、そのまま向こうでコンサルタント会社を設立したこともあった。しかし、それもうまくいかず、15年くらい前から中国で仕事をするようになった」

 家族は妻と息子2人。現在は、主に中国相手に人材派遣や貿易を行う会社の役員を務めている。が、一緒に役員を務める女性に聞くと、

「7年前に彼から出資しないかと言われ、少なくない額のお金を出しました。その際、書類にサインはしましたが、知らぬ間にこの会社の役員にされていて……。本当に迷惑しています」

 お金に困っていたとの証言もある。別の知人が言う。

「ベンツやBMWに乗ったりしていて、一見かなり羽振りがよさそうでした。しかし、今年の1月くらいまで借りていた事務所の電気代を滞納していたし、カード会社から200万~300万円もの支払いの督促状も来ていた。会社の経営は、決してうまくいっている感じではありませんでした」

 そんな折、公安調査庁から彼のもとに、中国の軍事施設の写真を撮って来てほしい、との依頼が舞い込んだのかもしれない。

「週刊新潮」2015年7月13日神無月増大号 掲載