ザギトワ選手に「秋田犬」?露で人気のワケ 

写真拡大

平昌オリンピック・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手が欲しがったことで注目される「秋田犬」。ロシアなど海外での人気の背景は?果たして本当に贈られるのか?

     ◇

圧巻の演技で金メダルを獲得した、フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手。ロシアで勲章と高級車のBMWを贈られたが…

ザギトワ選手「秋田犬には何が必要なのか、どう世話するのかインターネットで調べた」

ザギトワ選手が欲しがっているのは、秋田犬。それを知った秋田県などは、先月28日、ザギトワ選手に秋田犬のグッズを発送。さらに秋田犬をプレゼントすることも検討されている。果たして本当に贈られるのか?

◆ザギトワ選手の目にとまった「秋田犬」、いきさつは?

ザギトワ選手は平昌オリンピック前に新潟で合宿を行っていて、その時に雑誌で秋田犬の写真を見て、気に入ったという。お母さんに「欲しい!」と頼んだところ、「オリンピックでいい成績をあげれば考える」と言われたそうだ。

これを受けて、秋田犬発祥の地とされる大館市の「秋田犬保存会」が「そういうことなら犬をプレゼントします」と申し出た。

これを聞いたザギトワ選手、会見での反応は…

ザギトワ選手「とてもうれしいニュースです。両親は反対していませんが、祖母はまだ考え中です」

なぜ祖母なのかというと、ザギトワ選手は親元を離れて練習拠点のモスクワでおばあちゃんと暮らしているので、おばあちゃんの許可が必要なのだ。

調べてみると、今は、猫1匹とネズミの仲間であるチンチラ2匹、こうした小さい動物は飼っているそう。だから、「秋田犬みたいな大きくて自分を守ってくれる犬が欲しい」「散歩もしたい」と言っているそうだ。

◆秋田犬とロシアの縁は他にも…

一気に注目度が高まった秋田犬だが、実は以前、同じロシアのある人にも贈られている。プーチン大統領に、東日本大震災での支援へのお礼として、2012年に秋田県から贈られた。メスで名前は「ゆめ」。

その後、日本テレビが2年前にプーチン大統領にインタビューした際に、その「ゆめ」が登場した。これはプーチン大統領が会場にサプライズで連れてきたもので、現場でもビックリだったそうだ。そして、プーチン大統領と並んでみてもわかるように、秋田犬は大きい。

◆ロシア人は秋田犬がお好き?

ロシアでも人気が出てきている「秋田犬」。日本と海外で飼われている秋田犬の登録数を見ると、10年前はほとんど海外にはいなかったのに、2012年頃から徐々に増えて海外が日本を上回っている。

きっかけの1つは2009年。日本の忠犬ハチ公を題材にした映画「HACHI」が公開され、海外でも秋田犬の人気が出たそうだ。

そしてロシアでは、プーチン大統領が飼ってから特に人気に火がついてきた。モスクワ支局長に聞くと、元々、ロシア人は大きくて忠実な犬が好きなのだそうだ。さらに家も大きく、秋田犬は寒さに強いので、需要がある。

◆本当にザギトワ選手のもとに?

秋田犬保存会の会長によると、プレゼントすることは「ほぼ確定」していて、スケートリンクの横に小屋をたてて飼うのか、もしくは自宅で飼うのか、などの調整がされているそうだ。また、贈るとしたら、性格が穏やかなメスの子犬で検討しているそうだ。

天然記念物でもある秋田犬を広く知ってもらって、観光産業にもつなげていきたいと話していた

ザギトワ選手、エキシビションで全身虎柄の衣装がインパクトあった。発信力はプーチン大統領よりも高そうだということで、もし秋田犬の贈呈が実現すれば、かなりの効果が期待されそうだ。