台湾に船で逃れようとしていた香港の民主活動家ら12人が23日、不法に出国した疑いで南シナ海の海上で中国海警局に拘束された。香港メディアなどが27日報じた。拘束されたのは香港国家安全維持法(国安法)違反(外国勢力との結託)の疑いで逮捕され、保釈中だった民主活動家の李宇軒氏ら。国安法で逮捕された香港の民主活動家が、密航で逃れようとして拘束されたのは初めて。

 12人は中国海警局で取り調べを受けており、中国の法律に基づいて密航案件として刑事責任が問われるとみられる。李氏は今月10日、外国勢力と結託し国家の安全に危害を加える行為を禁止する国安法の規定に違反した疑いで逮捕された。ほかの11人は香港で反政府デモに参加していた若者とされる。