『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

「それでもボクはやってない」 赤トレーナーの人

2007年01月30日 | 映画
ジョージ・ルーカスとか、テレンス・マリックとか、ブランクのあいた監督の作品を見るにつけ、期待してもあかんやろな~と思う間もなく、すぐに2件の痴漢が始まり、間違われて、取調べされて、勢い流されるままに留置場泊まりになり、自分は悪いことしてないからすぐに出られれるやろと思ったらずるずる留置場生活を送るはめになり~って、ま~素晴らしいテンポで、この映画の面白さにのめりこみました。

構想何年とか大げさに言うて、その間なにしてんのって映画がようありますが、周防正行監督に限っては、本当に丹念に調べ上げてるんだな~と思いますわ。
留置場生活が『刑務所の中』で描かれた刑務所生活とは、また違ってて、
腰紐でヤケドとか、あかんもんだらけの差し入れとか、勉強になるな~。
世話になりたくないけど。
歯磨き中に我に帰って涙が込み上げてくところは、いいシーンでした。

それに、俳優がみんなよかったですわ~!
通行人や、満員電車の中の人、傍聴人といったエキストラ扱いの役者達にもちゃんと監督の目が行き届いてる感じがしたわ。
主演の加瀬亮はもちろん、
ひたすら信じてくれるお母んのもたいまさことか、
ヅラっぽいヘアースタイルの大森南朋の刑事とか、
竹中直人の日和見主義な管理人とか、
出た瞬間、安心感のある周防映画の役所広司とか、
顔つきがエロい上、胸元を開けたりするもんだから、いくら“女”を出さないようにしようとしても逆にそれがエロイねん!と、女性と男性はそもそも違う、女性にエロDVDとかエロ本の存在意義なんて到底わかりっこないということを認識させてくれる瀬戸朝香とか、
不思議ちゃんだったのが、いつの間にかエ~女と化してた鈴木蘭々とか、
ニート仲間の山本耕史が、法律に明るくなっていくとことか、
正名僕蔵と小日向文世の好対照な裁判官とか、
辻本清美に似てるから、最後までワイルドカードたりえた同乗者の唯野未歩子とか、
ま~、みんなよかったですけど、特によかったんは、赤トレーナーの本田博太郎!!
「いつの時代の着とんねん!」というダサ加減が、留置場常連者を醸し出してると思ったら、背中に留マークがついてて留置場の備品なんかって!ウマすぎます!
ウマイといえば、ラストのセリフ「控訴します!」という声も、ものすご~く後味がよくなってました。
コレ、「それでもボクはやってない」と呟かれてたら、同じ冤罪仲間の光石研並に最悪でしたもん。

この映画もアメリカでリメイクされたりするんかな~。
ん!?アメリカに満員電車ってあるんかな?
男性専用車の実現も熱望します!


★★★★

コメント (18)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 「手紙」 気まずい1位、気... | トップ | 「幸せのちから」 スミス主人 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャスティング (kossy)
2007-01-30 19:34:58
おお!高い評価ですね~
普通ならキャスティングするとき、正名僕蔵と小日向文世は逆にするだろうところを見事な変化球できましたね。
あれはビックリしますわ。

それにしても瀬戸朝香の修飾語がやたら長いですね(笑)
俺はあの唇だけでもエロいと思います・・・
本間博太郎 (メビウス)
2007-01-30 23:37:40
aq99さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

そいえば『愛の流刑地』でも本間博太郎、『仮面ライダーカブト』でも本間博太郎、そして本作でも本間博太郎と、最近自分やけに本間博太郎尽くしですwこうまで本間博太郎拝まされると、本間博太郎好きになってしまいそうです。

あの低音ボイスはイイですね♪
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-30 23:59:33
瀬戸朝香って男性には人気なんですね~。
どうもいまひとつ魅力が分かりません。
あの唇もなんだかめくれてて・・・・(汗)
俳優さんでは彼女だけが心配だったんです。
「デスノート」の時もいまひとつだったから。
でも、ハセキョーの検事に比べたらすごく上手かった!(笑)
「刑務所の中」も大好きな作品ですが、やっぱり思い出しましたよね?
本田さんは大好きな俳優さんです。
OJ君のライフカードのCMでも上司役でいい味出してますよ!
aq99さん☆ (mig)
2007-01-31 00:36:41
こんばんはー

さすがの出来でしたよね。
長いけれど時間も気にならないくらい濃厚でした!
キャストもみなさんハマっていました。
瀬戸朝香の唇、わたしもスキです(笑)
くちびる (シャーロット)
2007-01-31 13:55:24
こんにちはー。
スカーレット・ヨハンソンの唇はイヤだけど、瀬戸朝香の唇はなぜか許せる。爆
単なるやっかみかな。うー。
らんらんがキレイになってて私も驚きでした。
私は別れたら元彼の裁判は見に行けないなっ…
そうそう、本田さんは怪演でしたね~
リメイクありかな? (なぎさ)
2007-01-31 17:25:35
aq99さん こんにちは!
TBありがとうございました。

そうそう!
「留」って書かれてた服着てましたよね!
刑務所の中って結構、映画とかドラマで見ますけど、拘置所って少し未知の世界だったので新鮮でしたね。
も、この映画は色んな意味で衝撃的でした!
kossy さんへ (aq99)
2007-01-31 21:49:12
ホントは、赤い人のところに力が入ってるんですが、写真がみつからなくって、瀬戸朝香の写真を採用したら、本文のほうにまで力が入ってしましました~。
私は唇より口許のホクロのほうにキます~。
メビウス さんへ (aq99)
2007-01-31 21:54:19
本田ね、本田。
「セーラー服と機関銃」では、長澤まさみに「脱ぐの?脱がないの!」と迫ってみたり、「我輩は主婦である」では、夏目漱石と化した博太郎がお菓子を食べる度「うまいっ!」を連発したり、たしか「カブト」ではタップダンスしたなかったっけ?
今年もようさん出てね!
ミチ さんへ (aq99)
2007-01-31 21:59:15
男は基本的に肉厚な唇の女性に、エロを感じます。
たぶん。

ハセキョーは、「華麗なる一族」の中でも、あきません。あの家族の中で、一人ヘタクソが混じってる感じがします。
mig さんへ (aq99)
2007-01-31 22:04:26
瀬戸朝香の気の強そうなところ、でもツンデレなんでしょってところも、たぶんポイント高しなんじゃないでしょうか?
「デスノート」と時はあんまり萌えなかったけど、香椎さんと、戸田さんのほうに監督の気持ちが向いてたからかな~。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

それでもボクはやってない (ネタバレ映画館)
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。
それでもボクはやってない(映画館) (ひるめし。)
これが、裁判。
それでもボクはやってない (八ちゃんの日常空間)
びっくりしたのは、(きっと誰もがそうでしょうが…)「裁判」それも「冤罪事件」をまとに絞った映画と言う事で、決して皮肉たっぷりに描いたエンタメ性の作品ではなく、全篇を通してかなり真面目、それもリアリティにこだわった作品だと言うことです。前半、拘置所内での...
『それでもボクはやってない』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----“全世界衝撃のとことん社会派ムービー”? これって周防正行監督の作品だよね。 彼ってコメディの人ってイメージがあるけど…。 「...
それでもボクはやってない(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/他 【公開日】2007/1.20 【製作】日本 【コメント】 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車の中で女子中学生から痴漢をした言わ
映画「それでもボクはやってない」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「それでもボクはやってない」 11年ぶりの周防正行監督作品。 いつも周防監督の扱う題材は新鮮で、「こんな世界があるのね」ということをエンタメ性たっぷりに描いてくれる。今回も馴染みの無い裁判の世界を面白おかしく描いてくれるのだと想像していたら、こ...
それでもボクはやってない (我想一個人映画美的女人blog)
最近、電車に乗って何か後ろに手がある!って思って振り返るとそれは女性。 男性はすごく気を遣って、なるべく女性の体に密着しないようにしてるんだな。 ってこの頃感じてた。 車中でも、「痴漢行為があった場合は、、、、」などのアナウンスも流れるし そういう痴漢行為...
それでもボクはやってない:ストレートなメッセージ性で押し切る力作 (犬儒学派的牧歌)
★監督:周防正行(2007年 日本作品) 新京極シネラリーベにて鑑賞。 ★あらすじ(Yahoo!ムー...
「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い (オールマイティにコメンテート)
「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ!
それでもボクはやってない (シャーロットの涙)
大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。 連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴...
「それでもボクはやってない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「それでもボクはやってない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、もたいまさこ、山本耕史、他 *脚本・監督:周防正行 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。...
それでもボクはやってない (UkiUkiれいんぼーデイ)
これを観た男性諸氏は 満員電車に乗るとき 両手を上げていたくなる・・・にちがいない! 観たかった!待っていた!周防監督の最新作♪ しかもテーマが「裁判」 これね、劇場予告とかCMとか観てる限りでは、コメディー風味なのかしら、な~んて気軽に思...
それでもボクはやってない (Akira's VOICE)
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
それでもボクはやっていない (メルブロ)
それでもボクはやっていない 上映時間 2時間23分 監督 周防正行 出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司 評価 7点(10点満点) 会場 東商ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 電車の中で痴漢に間違えられ、それからなんだかんだで...
「それでもボクはやっていない」を観た・・・・。 (銅版画制作の日々)
 最近、富山で○○罪で実刑判決を受けた男の人が二年9ヶ月服役後、無罪だという事が判明した。それは昨年8月に別件で逮捕された男が「自分がやった」という自白からだ。警察の取調べもかなり不十分だったようである。しかし無罪であることを主張することも出来なかった...
【2007-9】それでもボクはやってない (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
それでもボクはやってない(2007/日本/周防正行) (CINEMANIAX!)
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて行かれた...
それでもボクはやってない (Thanksgiving Day)
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控え...
『それでもボクはやってない』 (ねこのひたい~絵日記室)
あなたの「冤罪被害者」度をチェック。 1.電車の扉に上着の裾を挟みがちだ。 2.猥褻な雑誌やビデオ、DVDの類を自宅に所持している。 3.バイト先の未亡人から盗んだ私物を自宅に所持している。 4.上司の命令とは
映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる (株で儲けて温泉だ)
昨日見て来た映画の一つが「Shall We ダンス?」以来11年ぶり になるとか
『それでもボクはやってない』 (京の昼寝~♪)
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』...
それでもボクはやっていない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  全編のほとんどが、痴漢冤罪の裁判シーンという重いテーマにも拘らず、全く退屈することなく、最後まで息を呑んで見入ってしまった。それほど周防監督の力量が秀逸なのだろう。        痴漢冤罪というテーマにも興味があったが、それよりも何よりも、...
それでもボクはやってない(2007) その1 (berabo's blog)
批評No.47-1 てなわけで、それでもボクはやってない(Theater) 久々の劇場鑑賞。でもって鑑賞してからもだいぶ過ぎてます (^^;) 今の日本の裁判制度の実態を丹念に積み上げ、エンターテイメントの衣を着せて鋭く斬る 監督の“シンシなる問題提起 ダンコ...
それでもボクはやってない (明け方シネマ)
 主人公が警察の取調べを受ける場面、コワいな~と思いました。容疑が痴漢の場合、別の犯人が自白する場面が描かれていたように、「私人による逮捕」→「自白あるべし」の図式がまかり通っているんですね。そこにはもう冤罪の可能性の入り込む余地なしといった具合。 ...
それでもボクはやってない [監督:周防正行] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
全てがQ&Aな脚本。色んな意味で血も涙もないマシーンのような薄気味悪い映画。
それでもボクはやってない (銀の森のゴブリン)
2007年 日本 2007年1月公開 評価:★★★★★ 監督:周防正行 脚本: