『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

(500)日のサマー 恥ずかしいけどガマンして見た

2010年01月15日 | 映画
ヨメはんに不満があったり、現状にイライラしてる時、あの娘と結婚してたら今頃は~とか、うじうじ考えてたことがようありました。
過去形です。
子供が生まれてからは、この子は、このヨメさんなしには存在しないんやからと、あんまり考えようになりました。
特に、子供がヨメはんに似てるとか言われた時には。
見てる間中、私のそう多くない恋愛経験であったイヤなこととか、思い出したくもないこととか、赤面しそうなこととか、もうチクチク責められ通しで見るのが辛いとこもあったけど、見ててよかったです。
全てを全肯定に至らしめる素晴らしいラストシーン!
珍しい趣味の一致っていうんは、恋の入り口としては最適やけど、そっからの発展が大事です。
将来の行く道を同じ方向見て歩めるか。
サマーは建築の本、ぽーいってほっとったもんな~。
いや、マジで、よかった、よかったよ。
でも、仕事やめて夢をあきらめないのも、新しい出会い(広場でペニスと叫ばせる羞恥ゲームの場に“秋”嬢もおったと推測)も、ある意味サマーのおかげさま~。
で、時折おもいだすんやろなぁ~。
メグ・ライアン似のタヌキ顔を。
そういえば、『恋人たちの予感』のその後的な話の『ストーリー・オブ・ラブ』ってあんまり面白くない映画があったんやけど、『()日のオータム』は、ありなんかなぁ~。
それより今度は徹底的に女性側から描いたやつを見たいなぁ~。
さだまさしの「検察側の証人」みたいに、両方の言い分を聞いてみたいね~。

あと小ネタがいっぱい散りばめられてましたね。
ザ・スミス、卒業、ハン・ソロって、おい!明らかにアラフォー前後の趣味でしょうが。
イチローの構えから走り出すという一連の仕種を一瞬見せたと思うんですが、真偽のほどは向井万起男先生の朝日新聞夕刊コラムにお任せしましょう。


★★★1/2

コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 00年代映画ベスト10 | トップ | 『おとうと』 寅さんの皮を... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2010-01-15 23:38:05
aq99さん

こんばんは♪
コメありがとです!

これは本当に男性ウケがめちゃいい映画ですね~ぇ。

わたしはそこまでじゃなかったけど
まあまあ楽しめました

わたしは逆にラストがフツウっぽくてあんまり好きじゃなかったんです、
オータムっていう名前もコントみたいなオチで(笑)
でもキャスト皆ハマってたし、音楽もすごく良かったです♪♪
ぼくも大好きです。 (えい)
2010-01-16 10:37:38
こんにちは。

おおっ。なかなかの告白から始まりましたね。
程度の差こそあれ、
おおむね、男なら思い当たる節がある映画ですよね。

あの広場に、オータムがいたとしたら、
それは、また一つの運命ですね。
mig さんへ (aq99)
2010-02-12 22:48:03
男受け映画なのに、客層が全然それっぽくなかったです。まぁ平日の午前だから当たり前か!
ズーイみたいな子は、結婚したくないタイプです。
えい さんへ (aq99)
2010-02-12 22:55:34
いいエピソードが、ようけありましたよね~。
私も、見終わってあれこれ喋りたいと思いましたが、ヨメと喋るわけにはいかず、こうしてブログでぶちまけて、せいせいしてます。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

(500)日のサマー/(500) DAYS OF SUMMER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え~?そうくるの? ラストはとても意...
「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・ (はらやんの映画徒然草)
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある