『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

こどもが二人とも小学生になったけど、「パパだ~いスキ!」と言われてる間は、タイトルを変えません!

「アメリカン・ギャングスター」 僕の好きなリドリー

2008年02月03日 | 映画
この映画、評判も上々やのに、なんか、もひとつやった。
リドリー・スコット監督好きやねんけど、「好きやった」と過去形になるということが自分の中で確定しました。
『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。
あの頃の、リドリー・スコット監督の作品は、だいたい2年に1本、時には5年も間が空く事もあったんで、公開を待ち遠しく、楽しみに、そんで待たされた期待にも答えてくれとったもんでした。
『テルマ』以降の10年間は迷走期でしたが、ここで登場したのが『グラディエーター』。
見事、復活を遂げ、アカデミー賞も受賞したこの映画が、全然楽しめなかったのが、私と世間の評価の分岐点やったんやろ。
その後の『ハンニバル』『マッチスティック・メン』も普通に面白いだけの映画でしたわ。
この頃になると監督は1~2年に1本。
製作作品も積極的にやってますわ。
好きやった頃のリドリーと、そうでない頃のリドリーは、なにが違うんか。
スモークの量はもちろんやけど、『エイリアン』『ブレードランナー』と、続編・ぱっちもんが山ほど作られたり、また映画界のみならずものすごく影響力のある映画を撮ってた才気溢れるリドリーと、
史劇ブームを作ったとはいえリメイクといっていいような映画(『テルマ&ルイーズ』もアメリカン・ニューシネマを甦らせた映画であるが)とか、他の人が作ったシリーズの続編とかを作る職業監督的なリドリー。

そんなリドリーのこの作品は黒人・マフィア・刑事・麻薬・70年代ディテール映画。
他のイタリア系映画監督のようにマフイアを描きたいわけでもなく、
黒人監督のように、虐げられた黒人社会を描きたいわけでもなく、
オリバー・ストーンのようにベトナム戦争と社会を描きたいわけでもなく、
また、悪徳警官を許さない正義のこだわりはシドニー・ルメットほどでもないし、
ニューヨークのこだわりも、マーティン・スコセッシほどもない、
半裸のご婦人をしつこく映す変態映像(『デスパレートな妻たち』のド変態、薬剤師ジョージを見つけました)も、パーホーヴェンほどではない。
でも、普通にうまいこと作れてしまうんよね。
で、なにが描きたかったのかというとふたりの漢なんやろね。
このふたりが、『ヒート』のようにほんまに共演しとったんか?って言えるほど絡まないんだが、そこから後はさすがに面白かった。
まぁ、その前の一斉捜査から面白かったんやけど、ここにいくまでが長すぎた。
麻薬を商売道具に使って金持ちになる男が簡単に人殺しをするところに、『アットホーム・ダッド』の再放送をうんうんうなずきながら見てるパパとしてはどうにもひっかかってしまいました。


★★

コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 「28週後...」 10億分... | トップ | 「歓喜の歌」 成美と章子の... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
aq99パパ☆ (mig)
2008-02-03 23:10:10
こんばんは~♪

もうひとつ、、、、ん~
わたしも期待値高かったからそうでした
リドリースコット作品、初期のは面白かったですよね
わたしも過去になっちゃうなぁ。
それでも『マッチスティックメン』(リドリーでしたっけ、、、)
とか『グラディエーター』までは好きでした、
去年の(ラッセル主演ぶどう畑の。)は、、、、リドリー映画らしくなかったですね
同じだ・・・ (しん)
2008-02-03 23:12:35
「アメギャン」はまだ観ていないんですが

***
『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。
あの頃の、リドリー・スコット監督の作品は、だいたい2年に1本、時には5年も間が空く事もあったんで、公開を待ち遠しく、楽しみに、そんで待たされた期待にも答えてくれとったもんでした。
『テルマ』以降の10年間は迷走期でしたが、ここで登場したのが『グラディエーター』。
見事、復活を遂げ、アカデミー賞も受賞したこの映画が、全然楽しめなかったのが、私と世間の評価の分岐点やったんやろ。
***

この部分、私のリドリー観と全く同じです。
ハンニバルやマッチスティックに関しては普通に面白いどころか全然つまんなくて、もうリドリーファンやめようかと思ったほどでしたが、やはり往時の栄光が強すぎて今も気になることは気になる監督です。
どんどんつまらない作家になっていく兄貴に対し、弟(トニー)は、もともとみんなで楽しめる普通に面白い映画を作っていたのに、いつの間にやら異常に面白いゆえに一般受けしない作家へと変貌していって、かつてと立場が逆転しているのが面白いです。

またダメに決まってると思いつつ観に行っちゃうんだろうなあ「アメギャン」
ガチンコのような (メビウス)
2008-02-04 23:36:51
aq99さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分は実話モノが好きっていう部分も入れて結構な評価にしたのですが、こういう渋い男2人のガチンコ対決のような映画ももしかしたら好きなのかも?
監督は違いますが、『ブロークン・アロー』や『フェイス・オフ』、『インファナル・アフェア』に『ヒート』などは個人的に凄く面白かったので、この映画もそんな良作ガチンコムービーの中に入れたいですねw
こんばんは♪ (ミチ)
2008-02-05 20:08:17
「好きだった」って過去形になってしまったんですね~。
私は相変わらずポツポツと好きなのが出てきますよ(笑)
いろんな監督の思い入れを書いた部分、すっごく納得できました。
こういう風にまとめて書けるっていいなぁ~。
見習いたいです☆
こんばんわー (ななな)
2008-02-06 20:44:01
もともとリドリー・スコットは苦手ではありますが、今回も・・・でした。
後半は結構面白く観れたんですけど、全体を救うまでにはいきませんでしたー。

あら、ジョージでていましたか!?気づかなかった。
そういえは最近「デスパ」はブリーが出てこないなー。入院中だから?
今夜も出てくる気配はなさそうー。
mig さんへ (aq99)
2008-02-07 21:54:57
最初の10年がすごすぎただけにねぇ~。
もう、ええ加減期待すんのは止めよと思いつつ、評判のええのんは見てしまってます。
ワインの映画は見なくてよかった~。
しん さんへ (aq99)
2008-02-07 22:04:18
ですよね。

トニー・Sが、そんなに面白い事になってるとは、知りませんでした。
「ザ・ファン」までは全部見てたけど、次の映画には注目してみます。
思えば、兄の真似っ子で「ハンガー」撮ったけど、すぐに「トップ・ガン」でキャラ・チェンジしたんがトニーの賢いとこですな。
「トゥルー・ロマンス」がタランティーノ効果のまぐれ当たりやと思ってる評価も改めなあかんかな~。
メビウス さんへ (aq99)
2008-02-07 22:09:42
そこに挙がってる「インファナル」以外は、見事に微妙な映画でした。
どれも期待値が高い上で見て、「コレはどう評価するもんか・・・」と思った映画ばっかり。
私は、そういうのんが苦手やったんやと、つくずく思い知らされましたよ。
ミチ さんへ (aq99)
2008-02-07 22:16:30
見切ってしまえばいいんですが、微妙に触手の湧く映画をネタにしよるんですよね~。
製作でも「イン・ハー・シューズ」なんて洒落た映画も製作しよるし。
去年のワインは見ませんでしたが、なんやかんや言うてまた見てしまいますわ。
ななな さんへ (aq99)
2008-02-07 22:23:06
「グラディエーター」以後のリドリーだけ見たら、なんでこんな人が巨匠扱いされてんのって感じです。
ただの娯楽職人とどう違うか理解に苦しむと思います。

変態ジョージは、最後の方のベトナム便が着陸する空港捜査のシーンで、ラッセル・クロウにやいやい言うおっさんで、そのまんまの顔でしたよ~。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

アメリカン・ギャングスター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼ...
アメリカンギャングスター/AMERICAN GANGSTER (我想一個人映画美的女人blog)
最近、一人で十分に主役をはれる二大スターの共演が多い気がするけど、 カリスマギャングのボス{/v/}刑事って聞いて何となく逆かな?とも思ってた。 ま、ラッセル・クロウはカリスマなギャングには見えないんだけど。 デンゼル・ワシントンも初の悪役? 元々優しそう...
「アメリカン・ギャングスター』 (ラムの大通り)
(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
アメリカン・ギャングスター (ネタバレ映画館)
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
アメリカンギャングスター(映画館) (ひるめし。)
暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事 その道を進むのなら、俺を倒してから行け
映画「アメリカン・ギャングスター」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  「プロヴァンスの贈りもの」(2006年、米)のRidley Scott監督と Russell Croweのコンビに、 Denzel Washington が加わっての実録ギャングもの。  ベトナム戦争が激しくなったジョンソン政権下の1970年代。 ニューヨークの黒人ボスの跡を...
「アメリカン・ギャングスター」 (クマの巣)
デンゼル・ワシントンVSラッセル・クロウの「アメリカン・ギャングスター」観ました。 リドリー・スコットが1970年代のニューヨークを舞台に黒人ギャングのボスのデンゼル・ワシントンと、刑事のラッセル・クロ
アメリカン・ギャングスター(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キューバ・グッディングJr/カーラ・グギーノ/ジョン・オーテ...
アメリカン・ギャングスター (Akira's VOICE)
悪い事をすると必ず捕まります。
映画 【アメリカン・ギャングスター】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
アメリカン・ギャングスター 【称号:凡作+】 (映画細胞~CinemaCell)
1970年代のNY。ギャングの運転手だったフランクは、ボスの死後、ベトナムからの
アメリカン・ギャングスター (映画を観たよ)
苦手克服ならず。
『アメリカン・ギャングスター』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマ...
己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター (Prism Viewpoints)
“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。 “家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。 『American Gangster』 アメリカン・ギ...
【劇場映画】 アメリカン・ギャングスター (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる...
アメリカン・ギャングスター (スーパーヅカン)
原題: AMERICAN GANGSTER 製作年度: 2007年 監督: リドリー・スコット 上映時間: 157分 キャスト:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)、ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)、キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)、キューバ・グッディン...
「アメリカン・ギャングスター」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「アメリカン・ギャングスター」 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、カーラ・グギーノ、RZA、ジョン・オーティス 1968年、ニューヨーク。...
アメリカン・ギャングスター を観ました。 (My Favorite Things)
ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
真・映画日記『アメリカン・ギャングスター』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月8日(金)◆709日目◆ 午後7時に終業。 この時間では金券屋も閉まっている。 手持ちのチケットでは…『アメリカン・ギャングスター』がある。 これなら8時半からレイトショーがある。 有楽町マリオン9階の「日劇Plexe2」へ。 客は50...
「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
「アメリカン・ギャングスター」 (シネマ・ワンダーランド)
「エイリアン」や「ブレードランナー」などの作品で知られる英国出身の米監督、リドリー・スコットが2007年、実話をもとに映画化したクライム・サスペンス「アメリカン・ギャングスター」(米、157分)。卓越したビジネス・センスを武器に麻薬王に這い上がった黒人...
【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
『アメリカン・ギャングスター』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...