自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

ピルロたのんだぞ◇イタリア近代化やっとされてたと解説者のぶとし氏は言うんだが◇

2012-06-14 22:57:42 | これはしんそこいけません


どうか

ピルロにたのんだ

背中に
ぜんぶ託した



ピルロのコーナー

このシーン多かったなあ

このシーンはダメだったが
フリーキックだっけ?

あれ?
ピルロ起点で決めた

たしか?



ピルロさすが
和泉式部の夫の笛の音と
同じなだけの事はある



イタリアサッカー

近代化

いや現代化

を望んだ私だが

クロアチア戦

金田のぶとし解説者によると
ようやく

現監督に
なってから

現代化
努力始めたと云う事だ



相手コートに

人が多い
人が多い

とやたら
金田解説者が
感心している



今まで
イタリアの攻めは

カウンターアタックのみで

一人だけの切り込み

もしくは
補助プラス一人

と言う
攻撃だったそうで

頑なな
かたくなな

姿勢だったと



決して点は取らないぞ

という
固い決意の
攻撃だったんだ



ジャパン

みたい



それで
いまはね

新監督により

それを捨てて

ぞっくり
敵コートに人が
出てくると

金田氏が
感嘆している



ため息もん

らしいです
イタリア思い入れ
解説者としては



アナウンサによると

いままでの
ワントップ以外

全員自分コート内で守る

『カテナチオ』

鍵でしたっけ

ああ
『かんぬき』でしたです

カテナチオ



ゴールにカンヌキを掛けた
守りはそのまま保持されて

その上での

『ぞっくり敵コートひと沢山』
作戦だという



だが
そんな都合のいい事が
この世に
あるだろうか



これは
失点増えるぞ

失点湧くが如し



3対6での負け

みたいな事に
なりそうだ



しかし

現代化

古代キープ

どちらの態勢を
取るにしても

バロテッリの
いるウチじゃないの?

いま21才で
精神がポワのままの

ヤツが
充実して健在の

10数年

それがイタリアの
最後のチャンスでは?

ワールドカップ
あと2回

6度優勝の



こないだの
ドイツ大会の

フィニフィニフィニ

感極まった
イタリアアナウンサーの

あの優勝が
奇跡だったなあ

あれが
最後なもんかなあ



きょうの
クロアチア戦も

ナショナルチーム戦

18年も

クロアチアチームに
勝てないでいるんだって

じゃあ

ガットゥーゾ

カンナバーロ

マルディーニ

カンビアッソ

のいた
全ての期間

ダメだったんじゃん

ダメじゃん



3敗2分け

18年勝ってないとは



いやいや

超人だ



クロアチア

もともと

イタリアに
劣るという
意識のない

国柄だし

ていうか
あそこイタリアだし

つまり
ローマ帝国だし



そっかー
ワールドカップ
世界3位

だからなあ



案の定

ピルロで取った
点を

取り返されて
入れられて



アアッ
たまが見えない!

ブッホン

お前でもダメなのか

入れられた!



また引き分けだ



クロアチアに
国家生涯勝てない



そんなんじゃ

デツボウだ
ぜつぼう



バロテッリが
いる間にねえ





この体反転
キック力の強さ

速さ

反転に使う
面積の少なさ!

190センチの
巨人なのに

タタミ半畳の4分の1
ぐらいの
占有面積で

反転するんだよなあ



マンC優勝の
ロスタイムでマンUのディフェンス

4人引き付けて

アグエロの決勝ゴールを
お膳立てした

あれを14年
やってもらうしかない



そのすきに
カッサーノとか
何とか言うイタリア人の
中型フォワードが

得点する
以外に道はないです



エトォのいたシーズンに
インテルが
やってた
優勝出来てた

戦法



そのエトォがいなくなれば
あのインテルの転落も

当たり前です

ナガトモ
のせいじゃないです



エトォの代わりに来たのが

一時
ナガトモと並んで
ベンチにすわってた

仕様もない
フォルラン
だからなあ



まーあ

ともかく

イタリアは
現代化
試行途中だそうです

チームの士気も高いって

試行
手ごたえ持ってるって

選手たちの様子



それが頼りです



たのんだよ

ほんとに
ピルロ

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての焼きたてメレンゲと... | トップ | そーそーそー肝心な事を書き... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

これはしんそこいけません」カテゴリの最新記事