自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

コブシの木の下でスターウォーズの森の熊民族ぐらいのサイズになってその人を待つ

2012-04-23 22:46:16 | ああ出来ることなら選びたかった!


  ≪4月21日≫


コブシの

花の下で

姉を

待つ



こぶしの木が
まだ小さいので

その下に
体裁よく

収まるには

スターウォーズの

あの森のイウォークの熊

ぐらいに
なる

これ





手で幹につかまって

じっと待っている



しょんぼり

じゃないけど

据わってみる



案外こない



むかし

自分の伯母さん、叔母さん

というのは

父方と母方と

両方
数が決まっていた



そうそう
増えるとか

しないものだった



それが

少し大人になって

冠婚葬祭に

出るようになると

例えば
一代前の親類

股イトコの
家の人たちと

初めて逢うと

顔も体型も

声まで

例えば母親や叔母さんと

まったく
同じおばさんが

ぞっくり

ごっそり

出現する



増えた増えた増えた



増えるもんなんだ!



この時において

親類とは
増えるものだと
言うのを
知りました





そしてやがて

時は過ぎ



その増えた

叔母たちも

退場して

すっかり
少なくなっちゃって



でもまだ

姉の世代は

周りから
居なくなる

年頃じゃない



だから

増えて来たど!



血縁あるなし

縁故
あるなし

年令上下
かまわず



私に

姉は増える




私は

こぶしの花の下で

待っている



大人の

対応を
しなくっちゃな



スピルバーグが

いつか

私のこの家に来て

『君の兄はわたしダ』

と例の得意なセリフを言っても



イウォークの
モデルは君だよ

と言っても

少しも
驚かない





そんなような
気はしてたんだ



ところで

このこぶしの
花は

鳥が食うんですかね?



なんだか

明らかに
へんです



美味しいのかなあ

食われない
花のが
多いでしょう?

薔薇先生に
いただいた

大事な
木なんですけど



コメント   この記事についてブログを書く
« サッカー都市伝説◇トゥーレー... | トップ | 『ちょっといいモルトウィス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ああ出来ることなら選びたかった!」カテゴリの最新記事