自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

ポールもう充分一緒に走ってもらった◇もう願う事は生きていてと云うことだけ

2015-04-25 03:21:08 | ああ出来ることなら選びたかった!








この飛行機
ちょっと小さく
ないですか?

66年当時
乗ってきたやつくらい?



自家用機か






ポール

去年の

腸炎のときは
心配した



もう

治って
こないのじゃ

ないのかって





よかった

その後
治って







ポール

もう
充分

人生

伴走してもらったよ



地球
数億年?の中で

ポールに重なる
人生



幸運だったです




楽器を弾く時の

楽しそうな様子



キーボードを弾いて

一節の終わりの
低音部を弾く時

体を傾ける
あれね



ポールが
先生だったなあ

(楽器を持ってる時の)生き方まで





ほら

宇宙に

神様と浮かんで

遠く目の下に
古代から現代までの
時間の帯があって

もう一度
生き直す時期を

選べると云うとき



親切な神様

もう一度
生まれなおす時間を
選ばせてくれるんだ



モーツァルトと
一緒の

人生もいいなあ



魅力的



うんでもやっぱり



ポールと一緒の
とこがいい



少し時代が違っても

ギターと

マンドリンと
粗末なピアノフォルテ?



数種の楽器と

ロビン・フッドの
衣裳の

緑の服で

森の入り口の
丸太小屋で

どうぞ
一緒の家族に

生まれたい
ものだ



ピアノを弾いて
歌ってくれる兄さん



早く
ギターを練習して
自分も一緒に

歌うんだ





隣の家でも
よいよ

5軒
隣でもいい

遊びに行くから





従兄弟だといいね

たまには
泊まれるから





ポール


神様に

そう
注文?

しました



あっ

ヘフナー・ベースの
ある時代がいいなあ

やっぱり



ないとしたら

ヴァイオリンですね

あの感じ
出すには





今世

間に合わなかったが

ライセ

一緒に
歌おう

兄さん





********

コメント   この記事についてブログを書く
« なんかワイン畑苗植えって1... | トップ | 今日ガテン・ワイナリー(ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ああ出来ることなら選びたかった!」カテゴリの最新記事