自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

さあそう言うことならブログを更新しよう◇キーウェストのヘミングウェイのねこ

2014-02-27 21:55:23 | ああ出来ることなら選びたかった!





この南の家の
窓の外



この感じに

もしかしたら
行けるかな?


思った瞬間が

私にもあり



あれ

そこへ踏み出してたら
どうだったかなあ



なんかね

草の
雑草のにおいのする

風は
そこそこ吹いて

そんな
土地、場所、季節だったです





そこへ
手で開けて
入って行くチャンスだったんだ



それ
江ノ島

なんですけどね



六合?とか
藤行?とかそういう駅名
ありませんでしたっけ



ウキペデ



そうそう

六会
善行
長後





あの辺りに
小田急江ノ島線で

乗っていくと

光が
どんどん明るく

なって行く気が
したもんだ


いい夏だったなあ

あそこへ
入っちゃえば

よかった




まあその

キーウェスト

おなじみ岩合写真家の
ねこ写真



兄弟のように
思っているのに

さっぱり
行き来も
連絡もない

イワゴー写真家





この

耳の後ろのあたりに

入っていって

一緒に
窓の外を

みたいもんだ



今から
入って行けるだろうか

悲しいことを
くそ我慢して

歯をくいしばって
いるなら

どこでも
同じだろうか



それでも
暖かな空気の
吹いてゆく

キーウェスト

室内と
外界の厳しい差は

余りないのでは?



窓も
トアーも

開け放ってあって

同じ空気の中に
皆いるでしょう?



ああ

キーラーゴ
キーウェストは
優しい



空気とねこは
きっとそうだ

人間が
ひとを脅し騙し
殺すだけで

◇◇



さて

ヘミングウェイ家のねこは

記念館
展示ケースの上で

寝ていて

観光客が来ても
起きない





怒らない



触られても

あの
ぼったりした手を

肉球されても
起きない





夜遊び
してるからだな





おお

パパ・ヘミの
タイプライター

と書斎まわり



うん
さすがキリマンジャロ

肩に野性の
風格ありますね







緊張の
出会いだ



さすが
彩りが好い





私も
実際にパパ・ヘミングウェイの
家に観光に行けば

この
入り口切符もぎ?
ハウスを

通るのだろうな



あ~

マーゴも

誰も

みんな自殺
しちゃったけど

みんなと言っても
7人だけど

ヘミング家



どうしたもんだ

楽しい事も
あったんだから

マーゴ

マーゴに生まれて
なにがあったんだか



マーゴに
生まれなくても

ここで
こうして

生きているのになあ



コメント   この記事についてブログを書く
« ねこを飼いなさいとってもイ... | トップ | ありゃ?別のねえさんに聞い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ああ出来ることなら選びたかった!」カテゴリの最新記事