自宅からワイナリーまで電車を通す/ヴィラデストへの道

はるかに仰ぎ見る丘の上のワイナリーに心の中で鉄道敷設をする話

畑に5トンの石が落ちて来て50分。まだ言葉を発せないわたくし。

2007-03-15 20:29:09 | 突如世界が消えたよう

 なんということでしょう。ヴィラデスト開店から、というより「玉ご夫妻家ファーム」創成期からいらっしゃられた「MIUねえさん」がお辞めになられたということです。えっ!えっ!えっ!聴いた瞬間、自分が立っている地面がなくなったようなショック!☆☆☆!衝撃が大きすぎていろいろもう言えませんが、そうですか、そうなんですね。

 ねえさんは「2月で」お辞めになられたという事でした。聞かないでいても事情は思い当たるような気もします。まあそれにしてもため息の出ますことで、ねえさんはヴィラデスト・ファームの「ヌシ」のようであられ、ガーデン中の草花の子供たちが皆、ねえさんが声をかければ「ハイ、ハーイ」と集まってくるようでしたのに。

 すみません、ちょっとこれから深く沈思しますので文章はこれまでで終わりにいたします。

 なお、ブログ記事の分類の「カテゴリー」ですが今回、本来は「びっくりすることばかりで」に該当するところ「創世期」からいらしたミウねえさんに敬意を表して、ジョン・レノンがいなくなった時のポールの言葉「突如世界が消えたよう」を新設させていただきました。よしなに。ウーム。
コメント

一般には「エミールと探偵たち」を思い出してもらえば。

2007-03-15 01:53:54 | ああ出来ることなら選びたかった!

 ひとつ前の記事の画像を見て思いましたが、それ夏の画像なんですけど、夏の光線って影が直下でいいですよね。夏の少年時代とか思い出します。とくに左の木立ち、こういう濃い葉陰にウッドの2階テラスがあって小学6年生で過ごした夏休みとか思い出しませんか?そうですか。一般には有名な「エミールと探偵たち」を思い出していただけると近いです。すんなりした手足の夏休みを思い出します。

 でも現実には、正直に言って夏休みとは、板橋区成増の谷の底のような道を歩いて、よっこらしょと坂を上がったところの中華料理屋の赤い狭い縁取りの中で冷やし中華を食った思い出が強烈にしみついてしまっていて、あー暑かったなあ、焼けるほどと言うがチリチリに暑かった。夏ってそれでしみ付いてしまって、思い出すたびに脳がグラグラ揺れる感じします。なんか人生「冷やし中華」と「ウッドテラス」の川が同時に流れているのかな?ふかく沈思。あー出来ることなら選びたかったなあ、エミールと探偵たちの夏休み。

 それで画像はいかにも夏のヴィラデストを探してみました。ここはアプローチからカフェーレストランへ曲がる角。第2駐車場を望む場所で、青空と白い雲が安定して出現するスポットです。
コメント

再開☆間近いヴィラデストに通うには身辺をきれいにして。

2007-03-15 00:48:13 | 妹様のゴーン!ゴマ様のゾーン!インプレ

 あのう、このブログの記事を完成してですね、それでその瞬間、ちょっとボタンを押し間違えてですね一瞬にしてパーというのを昨日もやりましたが、4回目くらいですが、あれほんとに気力がくじけますね。もう気持ちが破砕されるみたい。あーあこまめに保存しないものだから、完成同時に「草稿非公開投稿」しておかないものだから。

 それで、ない記憶力振り絞って!脳の底ふりしぼって復元しましたが、やればできるもんですね89%くらいとはいえ。

 さてところで、いよいよヴィラデストは再開あと5日ですか。もーくるところまで来ましたねえ。カフェやショップの皆様もすっかり用意が出来て「来るならキナサイ!」という体勢になられていることでしょう。そこでやや久々にスタッフ日記も更新あり「妹のフーン」様もとうとう韓国の彼氏???画像公開となりました。??。
 http://www.villadest.com/miscellanea/shimai/newest.html
 画像ご確認ください。
 おおそれは遠目に見て村上弘明のようであり、むかしの中じょきよしのようであり?☆きしべいっとく?☆☆☆△×%のようではなく、スーツのビシッと似合いそうな方でありました。
 ああサンチュ氏の奥さんきれいですねー。ご飯つくってくれるんですねえ。それ、とてもいい人生。

 画像をよく見ればご友人のあのたおやかなお二人も無事「漢江に浮かぶこともなく」ご一緒のようでとてもよかったです。心配してました。

 さてはて、そんなことで私も身辺をきれいにしてヴィラデストへ通う準備を仕始めたところです。
コメント