京都楽蜂庵日記

ミニ里山の観察記録

コメツブツメクサ(米粒詰草):ふる里やかくも小さき野草あり

2018年05月10日 | ミニ里山記録


ふる里やかくも小さき野草あり 楽蜂


コメツブツメクサ(米粒詰草)学名: Trifolium dubium。シャジクソウ属の1年草。

一つの花は3mm程度、総状花序で球状になるが集合しても1cm以下。

都市の裸地にはびこっているが、ほとんどの人はその名を知らない。ヨーロッパ - 西アジア原産で、

日本では1930年代に入った帰化植物。世界各地で野性化している。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ササグモ(笹蜘蛛) | トップ | ツタ(蔦)とタヌキ(狸) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミニ里山記録」カテゴリの最新記事