宗教法人 鈴川キリスト教会

わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018年3月11日礼拝メッセージ要旨

2018年03月11日 | 礼拝メッセージ
ヨハネ15:1-17

愛のうちに建てられる(1)

鈴川キリスト教会顧問牧師 川崎 廣


 イエス様と私たちの関係は、いろいろなことにたとえられていますが、ここでは、ブドウの木と枝の関係にたとえられています。イエス様の弟子として生きる人生は、多くの実を実らせる生き方です。それには、ブドウの木であるイエス様に、私たちがしっかりとつながっていなければなりません。また、農夫である父なる神様は、よく実るために手入れをして下さると、書かれています。それは、私たちの生活の中で実を結ぶために、余分なものを取り除き、良い実を結ぶようにしてくださるのです。
 私たちが結ぶ実のなかで最も素晴らしい実は、互いに愛し合うことです。これをイエス様は、新しい戒めと言われました。そして、この愛を実践する人々を、イエス様は僕ではなく友と呼んでくださると約束しておられるのです。
 互いに愛し合う生活はどうして実現できるでしょうか。
1.まず、イエス様の愛にとどまることから始まります。イエス様の愛を十分に体験することにより、互いに愛し合うことができるようになります。
2.次に、イエス様の言われたことを守ることです。愛することは、互いのことばを大切に守ることです。
3.愛は、喜びの共有です。
4.愛は、自己犠牲の精神です。
 そしてこれらのすべては、まずイエス様が私たちに模範を示してくださっています。そしてこのことを実行する人々を、神様と大変近い関係に入れて下さると約束しておられます。

分かち合いのために
1.互いに愛し合うと言われたときに、最初に思い浮かんだ人は誰ですか。
2.その人との関係を良い関係にするには、どうしたらよいでしょうか。
互いに分かち合いましょう。


今週の聖句
 わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。(ヨハネ 15:12,13)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2018年2月18日礼拝メッセ... | トップ | 2018年3月11日礼拝メッセ... »