青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。

北川村温泉に“初詣”に行ってきたよ

2019-01-06 | プライベート
 議員任期を前にして、昨年10月には無事、結婚50周年も迎えたことから、昨日の夕方から北川村小島に新築された「北川村温泉・ゆずの里」に夫婦二人で行ってきて、今日10時からの室戸市消防出初式に間に合うように、朝9時に帰宅しました。

 北川村温泉のホームページから  ←(クリック)

 昨日は夕方の4時半に温泉宿に到着。6時からは2000円の別料金を支払う貸切り風呂に入りましたが、十数年ぶりの温泉もいいものですねえ。

 上のHPから温泉宿の内容について見ていただきたいが、陶器で作られた丸くて大きな温泉風呂に入ると、私の軽い体が湯舟でふわふわと浮き上がり、正に“夢心地”。温泉風呂の湯もまさに「温泉」で、病後からカサカサになっていた肌もすべすべになっちゃって、10歳ぐらいは若返りました。(いや、ほんまやっちゃ)

 妻はその風呂に入るなり「これは面白いっちゃ」と喜び両手を広げて泳いでいましたが、私は普段からあまり長風呂に入らない習慣だから、そうして少し楽しんだ後に風呂から出て、7時には一階のレストランへ。

 真新しい、前の温泉宿と比べれば段違いに良い洋風の部屋でした。しかも壁は、木造住宅の廊下に使う4寸幅の板を縦に使って和風の雰囲気も醸し出し、なかなかのいい感じでした。

 出てきた食事は、以前と比べればちょっと少な目かなとは思いましたが、料理の味はなかなかよろしく、妻と二人でこれからの人生を語り合いながら、美味しくいただいた。

 そうして食後は二階の「桜の間」に戻りましたが、エアコンで暖房を効かすと、寒い冬の夜もすぐにあったかに。

 二人は「前の北川温泉と比べれば本当に良くなったね」と話しながら、今年からの二人の再出発を話し合いました。

 翌朝、6日の10時からは室戸市の防災公園で「消防出初め式」が行われますので、6時過ぎに起きて7時からの朝食を済ませ、今帰ってきたばかりです。お宿の宿泊料金は、一人14000円ぐらいでした。なかなかいい温泉宿ですので、皆さんも是非、ご訪問下さい。
 
 さて、これから、防災公園に行って参ります。開催場所はヘリコプターが発着できる公園だから風邪を妨害するものはなくてちょっと寒いですが、雲が出てきたらニュース報道にあった「部分日食」がみられるだろうから、それも楽しみにしています。

 市民の皆さん、全国の地方政治に関わっておられる皆さん、今年こそは良い年にしましょうね。今年こそは!

 私たち夫婦にとっても、皆さんにとっても、ね。

 (追記)

 出初め式の直前には3月で定年退職する消防長とお互いのこれまでの健闘を称え合い、しばし語り合いました。

 「部分日食」が偶然見えたのは、防災公園での消防出初め式の最中。太陽が少し雲に隠れた時にそのまま左上の部分が欠けた形(太陽の中心から丁度北東の部分が欠けた形)が目の前の空にはっきりと見え、隣に座っている町田議員と脇本議員に教えてあげました。

 次に示した「部分日食」の事例のニュースでいえば、室戸市内で見えたのは、大阪の「部分日食」のような形をした太陽で、欠けた部分がもう少し小さくて左にずれていましたね。

 部分日食のニュースから  ←(クリック)

 尚、次回の「部分日食」は今年の12月に見えるそうです。


電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、1月6日のGooブログランキング(2851568ブログ)中、1580位でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 室戸市の仕事始めで行う「万... | トップ | 「他の人がやれんことをせえ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

プライベート」カテゴリの最新記事