青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。

「安倍1強政治」で何が悪い

2017-10-16 | 国のあり方
 テレビを見ていても、新聞を見ても、よく「安倍1強政治」という言葉や文字がよく出てきます。

 又、衆院選の街頭演説でも、野党の代表らが「安倍1強政治に反対」なんてことを叫んでいます。

 それらを見て、私は「あなた方は物事の正しい見方が間違ってますよ。東京の有名大学などを出て国会議員の選挙に出たりメディアに関わっている身なのに、こんなことも理解できないの?」と思います。

 ほんの一年ぐらい前まで自民党にいた小池百合子氏も街頭に立ち、自分も関わっていた「1強」の政党に向かって「安倍1強政治に反対!」、「アベノミクスにノー!」と叫ぶが、私は「ほんとにあなたは何んにもわかっちゃいないが、その1強にはこの間まであなたも関わっていたんだよね。そういうのを“自分に向かって唾を吐く”というんだよ」と教えてあげたくなる。

 「カイロ大学はおろか、小さな田舎町の高校しか出てないこんな粗野な人間でも理解できることなのに」と。

 「誰か代わりに教えてあげて」。


 この「安倍1強政治」の言葉を聞いたり見たりするたびに思うのは、「安倍1強で悪いんだろうか」、そして、「安倍1強となったのは安倍首相など自民党が行ってきた政治が悪いからだろうか」、と思う。

 「安倍1強政治」と、まるで安倍首相が行ってきた国政運営が「1強」になったことが悪いかのように、野党の議員ら、テレビ・新聞、コメンテーターたちは言うが、それは本当にそうなんだろうか?

 国民の皆さん、本当はそうではないんですよね。

 真実は、こうでしょう。

 国の政治を俯瞰して見てみると、事実は、自民党と公明党の与党は除き、国政に野党の政党がいくつあるか知りませんが例えば野党政党が8つあると仮定すると、その8政党に国民の支持が得られないという現実から、

 「安倍真っ当政治」と「野党8弱政治」の構図

 になっているのは疑いなかろう。

 自民党の安倍政権がしっかりと地に根を張って政治を進めてきて、野党の政党がただ政府の足を引っ張るだけの政治活動を進めてきたからこその、今の状況がある。そして、野党や左翼メディアが与党政権を批判すればするほど、この状況は深化していく。

 国民は野党政党のそれらの未熟さや知恵の無さ、足を引っ張るだけの発言力の非公正さ、判断力の悪さ、「良いことには与党の案にも賛成する」という理解度も無いことなどをトータル的に見て、「野党の政党は全部だめだ」と判断を下し、「自民党じゃないとこの国は守れない」と結論を出したからこそ、その結果、「安倍1強」になったもの。

 だから、野党がだらしなく、野党の方からこけているんだから、何も安倍政権を悪く言う理由など無い。「オイ、おかしいぞ」と指を指されるのは、むしろ野党と左翼メディアの方である。

 蓮舫さんが言ったじゃないか。「一番じゃないといけないんですか? 二番じゃダメなんですか?」。あれですよ、あれ。あのような考え方だから、野党はいつまで経ってもダメなんですよ。二番でいいなんて思ってるから、一番になんかなれないんだ。

 何事も一番になろうとする思いが大事で、たとえ一番になれなくても「一番になろう」と頑張る。だから一番にもなれるし、「1強」にもなれるんです。そこには「不断の努力」というものが必要になる。その「努力」を自民党は積み重ねてきたということになり、野党の各政党はその「努力」が足らないということになる。

 野党の議員や左翼メディアの働く人たちはそういう「地道な努力」も無しに、保守中道の政党を嫌い、なんとかその足を引っ張って努力しないで一番になろうとしているということです。そんな下劣な考えで以って賢明な国民から賛同が得られるわけがなかろう。

 こういう精神を改めない限り、そして国民から広く支持を得られるよう、「良いことはよい、悪いことは悪い」と正しく判断できるようになり、地道な政策論を党内で戦わせない限り、例えあの民主党のように一度政権についたとしても、長く政権が続くなんてことはどだい無理な話である。


 現状は、安倍政権が憲法改正を目指しているからと、憲法9条にすがり続ける共産党や社民党や民進党を支援する左翼メディアが躍起になってテレビや新聞で安倍首相批判を強め、それを見た国民が“洗脳”され、世論調査の電話に「自民党は支持できない」のボタンを押す。 ・・という流れになっているだけのこと。

 だから、安倍政権が悪いのではない。

 むしろ野党と左翼メディアの方が、非常に質が悪い。

 現在はそういう「政治に狂ったメディアの時代」になってしまっていて、間違いなくメディアが上から目線で政治を左右させてやろうとしている、非常に不条理な時代になった。

 今の国政の状況を見て「自民党政権1強」とするならそうかもしれないが、それはある一面でしか物事を見ていないと言っておきたい。

 その「1強」の構図は自民党と公明党の自・公与党だけの力で為しえたものではなく、多くの国民の支持に支えられていることも忘れてはならない。加えて、野党各党それぞれが政党としてしっかりしてなかったこと、まとまりの無さ、つまり野党自らのエラーによるもの。

 だから、安倍政権が悪いのではない。

 「安倍1強政治」という評し方は、間違いなく正しくない。それもいうなら、むしろ「野党全弱政治」か「野党混乱政治」と評価する方が的を得ている。

 私はいつもそう思いながら、この言葉「安倍1強政治」を新聞で見ているし、テレビで聞いている。

 ま、「安倍1強政治」と言えば誰もがその一言で国政の状況を片づけることができるが、「そういうものの見方は的確ではない」と指摘しておきたい。 

 一つお教えしておこう。

 偏向放送と虚偽情報を垂れ流す左翼のテレビ・新聞・週刊誌から正しい政治は何一つ学べないから、見てはならない。

若者よ、青空エクスプレスで学んで投票に行こう!


電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、10月16日(月)Gooブログランキング(2774886ブログ)中、2263位でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 地方政治人材論 | トップ | 「民進党」から「希望の党」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国のあり方」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事