青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。

勝っても負けても悔いが無きよう、懸命に働きたい

2018-07-06 | 人間のあり方
 FIFAワールドカップに出場した日本代表の試合を見ていて思いました。

 「勝つか負けるか解らないが、一分一秒を後で悔い無きよう、動こう!」。

 試合に出た選手たちも出ずにベンチでいた選手たちも、勿論、監督やコーチ陣もみんな、そう考えながら行動していたでしょう。だから、みんな負けたことに悔いは無いと私は思っています。

 「働かなきゃ悔いは残り、精いっぱい働けば、負けた悔しさは残っても、自分たちの働きに悔いはない」。

 これは、どういうスポーツに関わっていても、どういう仕事に関わっていても、どういう地方政治に関わっていても同じだろう。

 「自分の知恵を使い、行動力を精一杯発揮し、働く」。

 時には失敗する時もありますが、こうすれば勝っても負けても必ず、悔いは残りません。例え負けたとしても、きっと納得できる敗北となる。笑顔で母国に帰ることができましょう。

 地方議員としても、W杯に出場した日本代表が懸命に行動していることから学び、休まず働かなければならないと思っています。なぜならば、住民から「報酬」という賃金をいただいているから。

 すべては、住民に降りかかる明日への公正な政治のためです。


電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、7月6日のGooブログランキング(2831620ブログ)中、1797位でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 病状報告について書いた文章... | トップ | NTTのインターネット回線不全... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人間のあり方」カテゴリの最新記事