青空エクスプ レス

日本ではオンリーワンの手書き地域雑誌『あおぞら』の編集発行人を経て、室戸市の政治を監視する改革派議員三期目。

今日は室戸市議会の議案審議の日

2017-12-13 | 議員活動
 昨日までの二日間で一般質問は終わり、今日は大綱質疑の日。

 この「大綱質疑」とは、議会に提案された議案一つ一つに対し議員が質疑(自分の意見を含めずに行う質問)を行うことをいいます。

 今議会に提案された議案は条例改正関係が7件、予算関係が4件、人事関係が1件、その他3件の、合計15件。

 以下、全ての議案をご紹介する。

 1、平成29年度室戸市一般会計第3回補正予算の専決処分の承認について・・・これは旧椎名小学校改修工事関係の予算を、先の9月議会において可決した予算の一部(455万3280円)を専決処分したことに対し、承認を得ようとするもの。

 2、室戸市防災コミュニティセンター設置及び管理条例の一部改正について・・・これは、先ごろ新しく開設された三津消防屯所の名称に新しく「三津防災コミュニティセンター」という位置づけを加えるもの。(唯、この名称のプレートは施設完成時にすでにこれを見越して取り付けてありましたが)

 3、室戸市山村留学支援住宅設置及び管理条例の制定について・・・これは室戸市の人口対策の一環で、羽根町中川内の中川内小学校近くのこれまで中川内教職員住宅として使っていた住宅を山村留学支援住宅として開設するもの。

 4、室戸市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について・・・これは、非常勤職員の育児休業期間を延長する規定を追加するなどの改正。

 5、室戸市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について・・・これは、国の人事院勧告に従う県人事委員会勧告を受け、国家公務員の給与改正が行われたことに準じて、都道府県職員や市区町村職員の給与を改正するもの。初任給を1000円引き上げ、若年層の給料も同程度の改定。その他は400円の引き上げを基本に改定するもの。これにより、再任用職員以外の職員(252人)に再任用職員(6名)を含めた252人が、給料として179.5万円増、期末手当として584.7万円増となる。

 6、室戸市税条例の一部改正について・・・これは、昭和34年に市が誕生し昭和35年にこの条例を制定して以来、一部改正を重ねてきたことにより、複雑化している条文を総務省準則に準じて再整理するとともに、表現や文言などの統一を図るために改正するもの。

 7、室戸市福祉医療費助成に関する条例の一部改正について・・・これは、条例の中の条項の数字を改めるだけのもの。

 8、室戸市立保育所設置及び管理条例の一部改正について・・・これは、今年度末の平成30年3月末を以って室戸岬町の「三津保育所」を閉鎖するための条例改正。

 9、平成29年度室戸市一般会計第4回補正予算について・・・この中には私が問題視してきた事業に係る予算もいくつかあり、質疑を予定しています。

 10、平成29年度室戸市介護保険事業特別会計第3回補正予算について・・・これは、介護保険システム改修委託料292.2万円や、介護予防住宅改修費負担金200万円など、介護支援事業関係の予算を審査するもの。

 11、平成29年度室戸市後期高齢者医療事業特別会計第1回補正予算について・・・これは、後期高齢者医療保険料の還付金50万円を支出するもの。

 12、高知市及び室戸市における れんけいこうち広域都市圏形成に係る 連携協約の締結について・・・これは議案資料をご覧いただきます。
  

 この構想の趣旨は、資料に記載してある通りです。尚、この「連携協約締結議案」は県内の市町村のこの12月議会に上程され、可決を目指す。その後、「広域ビジョン」を策定し、公表されるのが平成30年3月の予定。そして、30年4月から実施される。

 網掛の黒い部分が、高知市周辺の21市町村が「国要綱が適用される範囲」で、県内の西と東の白い部分が、「れんけいこうち広域都市圏の範囲」。室戸市は後者になる。

 下の「財政支援」について、今日、私は確認のために少し質疑を用意しています。室戸市は「国要綱の適用以外の市町村」であり、「高知県より特別交付税相当額を支援する」とあるので、「県から上限1500万円の支援を受ける」ものと私は解釈しています。

 13、財産の取得について・・・これは、室戸岬小学校の西にある廃校となっている旧室戸岬中学校の校舎とそのグラウンドの用地全体を市が取得し、そこを室戸岬消防分団の屯所とヘリポートにしようとする計画。取得総額は、7984.5万円で、地権者は10名。これにより、新しい消防屯所は「室戸岬防災コミュニティセンター」となる。

 14、室戸市海洋生物飼育展示施設における指定管理者の指定について・・・これは、旧椎名小学校改修工事が終了した後、この新施設でウミガメなど海洋生物を飼育する事業を行う事業者を公募した結果、市は大阪府のNPO法人・日本ウミガメ協議会を指定管理者に選定したので、その団体を指定管理者にするための議決を受けようとするもの。

 改修事業を目的にしたこの事業に私は最初から反対しており、質疑を用意している。

 15、名誉市民の選定について・・・室戸市吉良川町出身の山川稔夫氏を、誘致企業である富士鍛工(株)と(株)山崎機械製作所の重役として市政発展、産業振興、雇用促進に寄与し、室戸市に多大な貢献をもたらしたその功績を称え、名誉市民に選定しようとするもの。

 審議される議案は以上です。

 そして明日14日(木)は、私たちが所属する産業厚生委員会において、この中の、議案第7号、第10号、第11号、第14号の、計4件について審査を行います。


電子情報誌「青空エクスプレス」のアクセス数は、12月13日(水)Gooブログランキング(2789432ブログ)中、1949位でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 室戸市議会12月定例会、開会... | トップ | 議会報『青空新聞』の配布活... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

議員活動」カテゴリの最新記事