幸せを育てる教育まんが

お子様から お年寄りまで読んでいただきたいものとして仏教書及び仏教まんがを刊行いたしております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「幸せを育てる教育まんが」

2010年12月22日 | 日記
"幸せを育てる教育まんが"というタイトルで思いおこせる本が
ある人もいると思うのであるが、そのスターターが《お釈迦さま》で、
昭和28年が初版の年度だから、約60年にもなるシリーズのタイトルで
ある。

このシリーズの開発に当った、弊社の先代に生前、このタイトルの
いわれを確認したことがあった。

それは、"仏教"を子供達につなぐことが"幸せを育てる"ことであり、
それをまんがという近づきやすいメディアでするから"幸せを育てる
教育まんが"にしたのである。

その"まんが"に、"教育"をつけたのも単なるかざり・・・ではない。というのは、
このシリーズには本文のまんがにあわせて必ず"お母さまと一しょに"
というタイトルの解説が色紙に刷って巻末につけるしきたりになって
いる。とのことである。

その"幸せを育てる教育まんが"の、のれんを伸ばして私が着想し、
さらに力をそそいだ、寺院縁起、宗祖伝記マンガにした第一陳の
《道成寺のお話》から、この解説附きの仕様を受け継ぐことにした。
そして解説(タイトルを"みんなで読みましょう"に替えた)を親しま
れるように、さらに読みやすくしたのである。

そしてその解説はただの解説ではなく、マンガでは伝えることが出来
ない心の奥へのガイドのために附けたものである。

ともかく、私は先代に感謝の心を持ちつつ又、読者に親しんでいただ
けるよう、"教育まんが"づくりそして仏教書づくりにチャレンジをつづ
けている。

仏教まんが・仏教専門出版社 青山書院
コメント