健康長寿 の 心とからだ 初めての 「自然治癒力」養成講座

今日も元気に・・「自分の身体は自分で治す」 本来の自然治癒力と潜在自己治癒力を高めて 健康で明るい人生を楽しもう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

健康長寿の心と身体 初めての「自然治癒力」養成講座

2016-01-20 22:51:54 | 日記
今日も元気(70) ★難病、生活習慣病、ケガを治す 深層潜在自己治癒力★

世界中の人が知らなかった「深層潜在自己治癒力」とは?パート10

人間の持っている 自然治癒力

心(気)と身体のメカニズム(連鎖反応)

平成28年 正月 気が付けば なんと一年もお休み。
充電期間も終わり 再開 (^_^)

過去68回までは日常生活の体験を主体に、自然治癒力の概要と具体的には肉体面で話してきましたが、
いよいよ心と身体の密接な関連に入ります。

昔から病は気から・・と言われているように心の状態が身体に変化を起こし、反対に身体が心に変化を起
こすことは、皆さんは体験していることでしょう。

人が、病気や怪我の時に気が滅入る、落ち込んでしまう。
反対に気が滅入ったり、落ち込んでしまうと体調が悪くなる。

このように、心と身体の関係は健康にとって重大、重要な問題で有り、自然治癒力治癒力と切り離せない、
必要不可欠なことなんですよ。

では、心と身体の連鎖的に反応する関係を大まかにお話を進めましょう。

その前に質問・・?

心って何に?
どこにあるのか!
カタチは・・重さは・??

身体は見えて、触れるので具体的に分かる
だが心は見えないし触れない・・・けど有る

この見えない、触れない・・・物質では無い「心」がどのように物質としての身体(肉体)と繋がって
作用するのか? 

ここが一番重要なところなんですねえ

心ってなんだ?

大まかには

心=感情・・思考・・感性・・人間性と言ったところでしょうか

皆さんの考えは?

<<人間は感情の動物>>

喜、怒、哀、楽、怨の全ての感情が肉体に作用していることは、私たちが日々の生活の中で経験してい
る現象ですね。

具体的に幾つか挙げてみよう

A・心の状態と身体の反応

     悲しい、辛い時・・
              食欲が無くなる、食事が美味しくない
              俯くことが多い、表情が暗い
          
     楽しいとき・・
              食欲がある、食事が美味しい
              正面を見る、表情が明るい

B・身体の状態と心の反応

     病気、怪我の時・・
              楽しくない、落ち込む
              食欲が無くなる、食事がまずい
      頭が働かない、気が回らない 

     体調良好の時・・
              食欲有り、食事が美味しい
              行動的、表情が明るい
              頭が働く、気が回る

C・身体を動かすと

     背伸び・深呼吸・・・・気持ちがよくなる
     疲労・過労・・・・・・思考力が低下する
   
とまあ、切りが無い

皆さん・・自分の体験を思い出して補足してね。

心と体の関係、連鎖的反応は考えて見ると

・・どうして・・どうなってんの!?

なのだ

続く

(案内)即身術自強法はホームページをご覧下さい  http://jikyoho.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日も元気(69) 病 は... | トップ | 今日も元気(71) ★難病、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事