兵庫県加東市の青山医院の日記です!

日常のこと 診療のこと 医療レーザー治療のこと その他お知らせを書いていきたいと思います

レーザー予約枠状況 10月4日現在

2022年10月04日 | お知らせ
おはようございます。
レーザー予約を開始し、たくさんメール連絡とお電話予約がありました。ありがとうございます。

現在の状況です。
予約日時の確認の際に参考にしてください。

土曜日は人気で現在最短で11月26日以降が予約可能です。
平日は10月31日以降の予約が可能です。

レーザー希望の方はお早めにご連絡いただきたく思います。
よろしくお願いします。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ陽性の方の届出方法が変わっています

2022年10月01日 | お知らせ

コロナ陽性の方はこれまで 全例、加東健康福祉事務所に報告し、全員に福祉事務所からの電話連絡がありました。

しかし、9月26日から大きく変更され、届出に関しては

①65歳以上の方

②入院を要する方

③重症化リスクがあり、かつ、新型コロナの治療薬や酸素投与の必要性があると医師が判断する方

④妊婦の方

のみの届出になっています。

 

今週も数名のコロナ感染の方がいらっしゃいましたが、届出対象外の方も多く、これまでと対応が変わっています。

その都度、パンフレットで説明はさせていただいていますが、届出対象外の方で、自宅療養でのフォローアップを希望される方は自身で『陽性者登録支援センター』への登録をお願いします。

療養の解除に関しては現在は発症日翌日から7日間経過しており、なおかつ症状改善後24時間以上経過していること となっています。

 

県のHPも参考にしてください。

 

兵庫県陽性者登録支援センターについて

9月26日から陽性者登録支援センターを設置します

兵庫県

 

 

陽性者の皆さんに今までは保健所から全員電話やメールでの連絡がありましたが、そちらがなくなります。

自宅療養中の体調悪化はかかりつけ医もしくは 『自宅療養者等相談支援センター』に電話をお願いします。

 


 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レーザー治療再開とご予約について

2022年09月30日 | レーザー治療 脱毛 シミ
びっくりするくらい暑いですね。
お外でのコロナ検査も汗だくですし、子供のお迎えも暑くて倒れそうです。

さて、レーザー治療はそろそろ再開時期です。
日差しが強いので悩むのですが。


10月12日の水曜日から再開いたします。
都合により、レーザー枠設定がない日にちもあります。10月15日はなし

施術日は月水金の午前中
および 土曜のお昼前後です。

予約は10月1日から問い合わせメールおよびお電話で可能です。
予約電話の受付時間は月水金の午後診療のある日の14-16時のみです。
それ以外の時間帯は予約を取ることはできませんのでおかけ直しを案内させていただきます。


メールでご予約いただく場合は必ずご連絡が取れるメールアドレスを記載してください。時々、メールエラーで返信ができない場合があります。

問い合わせメール経由以外でご連絡の際は必ずお名前が分かるように記載をしてください。
ニックネームやメールアドレスだけで、ご本人の名前が記載されていない場合があります。

1-2日以内に返信がない場合はお電話でお問い合わせください。希望日を記載いただき、こちらで時間を決める形でお願いしたいと思います。



予約に関してはできるだけ多くの人にご利用いただくために前月施術をされた方は翌月になってから予約可能になります。よろしくお願いします。


なお、一般診察も混み合っておりますので、お時間に余裕を持って来院してください。場合によってはご予約時間から大きく施術時間がずれる場合があります。

よろしくお願いします。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今度はマンジャロ

2022年09月30日 | 病気

新しい糖尿病薬が毎年何かしら承認をうけ、世に出てきて使用できるようになっているなと思うのですが、

今度はGIP/GLP1受動態作動薬で お名前 マンジャロ

変わった名前 ちょっと面白い

子供たちが笑ってくれそうな 薬の名前だな と思います。

 

SURPASS-2試験という臨床試験がこのマンジャロとオゼンピックを比較した試験でありますが、

オゼンピックも体重減少効果がありますが、HbA1C、体重ともにマンジャロはオゼンピックを上回っていますね。

さらに、アテオスのデバイスは今のトルリシティのデバイスと同じ。

1回使い切りタイプで週に1回の投与で利便性も高いです。

週に1回だと注射製剤でも継続が容易で受け入れもよいように思います。

 

今現在、当院では注射製剤のトルリシティ 内服薬のリベルサスの二本立てでGLP1受動態作用薬を使用しています。

オゼンピックは一時的に出荷調整がはいり、以後 皆さん切り替えてしまったので、現在使用されている方はいません。

ビクトーザなどの毎日打つ製剤も以前は使用していましたが、やはり週に1回のほうが楽なので、今は使用している方はいません。

 

名前の面白いマンジャロですが、週に1回でかなり体重減少効果がある様子。

発売承認後は試してみたい と思います。やはり、体重減量は糖尿病患者さんにとって(そうでない人にとっても肥満は健康上大変問題があると思いますが)一番の基本だと思います。

ただ、薬に頼るだけではなかなか維持は難しいですよね。

 

リベルサスで食欲低下してきても、慣れました~ 普通に食べられるようになりました なんて言って、戻ってしまう人もちらほら・・

体重を減らした状態で維持するのが大事なんですが・・・

 

ご自身の身体は口から入れたもので作られています。

必要なカロリーを必要な量だけ。食事は楽しく おいしく 気持ちがよくなるものだけ。

日々の積み重ねや習慣は薬の力だけではどうしようもないものでもあるな そう感じながら日々診療しています。

 

今日もよろしくお願いします。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022-2023年インフルエンザワクチンのお知らせ

2022年09月29日 | お知らせ

インフルエンザワクチン・レーザー施術などお問い合わせが大変増えています。

遅くなって申し訳ありません。

 

今シーズンのインフルエンザワクチンのお値段や日程などに関して、ホームページの更新をしましたので、必要な方はご確認ください。

ワクチン接種に関してもWHO・CDCにならって9歳以下でも昨年は1回接種にしていただいた方もいましたが、今年はワクチン供給量が十分に見込めることや2年ほどインフルエンザの流行が全くなかったため、今年は日本式の13歳区切りで接種回数を考えたいと思っています。

おうちの方のご希望などがあれば、13歳未満でも1回でよいと思います。

 

インフルエンザワクチン 2020-2021 青山医院

 

今年のインフルエンザの流行はどうなるのでしょうね。

全く予測がつかないのですが、コロナとインフルエンザのダブル流行だけは避けてほしいな と願うばかりです。

 


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

液体窒素が入りました

2022年09月28日 | お知らせ

2022年9月28日液体窒素入りました!

液体窒素は-196度の低温で幹部を凍結することで病変部を脱落させる治療です。

ウイルス性疣贅(イボ)、首のイボ、脂漏性角化症(老人性イボ)などが保険適応で治療が可能です。9月28日に入りましたので、1週間(10月5日ごろまで)ほど治療必要な方はご利用可能です。お問い合わせください。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

彼岸花の季節

2022年09月23日 | Weblog
日々バタバタしていて車の中から見る風景で季節の移り変わりを感じます。
久しぶりに子供と田んぼの畦を散歩したら、彼岸花が満開に。




ちょうど秋のお彼岸ですよね。
今日はちょうど秋分の日
あいにくのお天気ではありますが、ゆっくり過ごしたいと思います。

レーザーと今シーズンのインフルエンザワクチンのお知らせですが、連休明けにお知らせしたいと思います。
しばらくお待ちください。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花オクラ

2022年09月19日 | 旬の食材

台風の被害が大きいようですね。

こちら加東市では風が強いかな というくらいで(それも土曜日に少し強かったくらい)昨日も本当に台風来るのかなというような比較的穏やかなお天気でした。けれど、ニュースを見ると九州を中心に甚大な被害があるようですし、線状降水帯に注意と報道されているし・・・

進路を見ると今日の午後からは影響があるようなので、見守りながら過ごしています。

 

庭の鉢植えなどは土曜日のうちに移動させたり、寄せたりと対処しているつもりですが・・・

今まさにきれいに咲いているハイビスカスや百日草、花壇の花たちはとてもかわいそうです。一部は切って家の花瓶にさしましたが、全部は避難ができません。

 

 

そんな中、畑の野菜もオクラが全盛期?です。とはいえ、少し前からたくさん収穫できています。

オクラと言えばお花もとてもきれいですよね。

最近は花オクラというものもあるようで、今年は花オクラも植えています。

 

 




優しい黄色の見事な大輪の花です。

午前中に咲きますが、午後にはしぼんでしまいます。

ここ数日、連日収穫できるので、昨日は生のままサラダに その前は数日おひたしにしていただきました。

加熱をするとオクラのように粘り気が出て、不思議な食感です。食料花として品種改良されたものだそうですが、きれいな色合いがサラダにすると気分をあげてくれます。おいしいかどうかは・・・・

目で楽しむ それだけかもしれません。オクラのような歯ごたえ、味わいが強いものではないので、サラダに散らして楽しむ そんな感じです。

 

オクラは栄養価の高い食品ですが、花オクラも同様に栄養があるようですね。

ネバネバの元となるガラクタンやアラバン、ペクチンといった食物繊維は、腸の働きを整え、余分なコレステロールを体の外に出す働きがあります。また、根や花を漢方薬として中国では利用しているようです。黄蜀葵根(オウショッキコン)と呼ばれ、胃炎や胃潰瘍の治療に用いられてきました。咳止めにもなるようですよ。

 

一日でしぼんでしまうので、市場には出ていないそうです。

連日食卓に上がるのでとても贅沢だなと思いながら過ごしています。

まだまだ知らない植物や食品が世の中にはたくさんあるのだろうな と思います。

 

 

台風、気を付けてお過ごしください。どちらも被害が最小限でありますように。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

インフルエンザとコロナワクチンの同時接種

2022年09月18日 | お知らせ

そろそろインフルエンザワクチンの準備時期になってきました。

まだ、ワクチンを実際に入荷したり というわけではないのですが、今年はどのくらい用意するか とか 接種の込み具合がどうかな と気になる季節です。

 

現在もコロナワクチンを継続して接種しています。

昨年まではコロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種はまだ推奨されていませんでした。

今年からは新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種については、単独で接種した場合と比較して、有効性及び安全性が劣らないとの報告があることを踏まえ、実施が可能となりました。

インフルエンザ以外のワクチンに関しては今までどおり、前後2週間あけることになっています。

新型コロナワクチンと他のワクチンとの間隔

(厚労省のホームページより)

 

当院では大人の方のコロナワクチン接種しかしていないので、そこまで問題にならないと思いますが、(肺炎球菌や水痘ワクチンを検討されている方は時期の調節をお願いします)お子さんのワクチン接種が重なりそう などの場合はスケジュールの確認をお願いします。

 

アメリカCDC・カナダNACI は他ワクチンとの同時接種も認めているようですし、イギリスでも帯状疱疹ワクチン以外は同時接種可能になっています。ドイツは不活化ワクチンに関しては同時接種可能と。

他国の方針も様々ですが、もう少し状況が変わってくれば、また他国データがそろってくればインフルエンザ以外のワクチンも同時接種が可能になるかもしれませんね。


コロナの10月ワクチン枠ですが、9月22日9時からオープンの予定だそうです。


 

今年のワクチン接種の参考になれば幸いです。

連休、台風に気を付けてお過ごしください。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

多嚢胞性卵巣にメトグルコ

2022年09月17日 | 病気

私の専門は糖尿病・内分泌代謝です。なかなか婦人科疾患を見ることは少ない環境ではありましたが、若い方の糖尿病を見る機会もあり、多嚢胞性卵巣という疾患が割と多いのだな と大病院に勤めていた時には感じたことがあります。もうだいぶ前から多嚢胞性卵巣に対してはメトホルミンがよい というのは大学時代の知識だったか・・・それよりも後の研修医時代の知識だったか・・・

もういつごろから知っている知識であるのかは忘れましたが、とにかく多嚢胞性卵巣のインスリン抵抗性や排卵障害には効果があると言われていました。そのため、自身で婦人科を受診し、多嚢胞性卵巣と言われた という方や肥満傾向がある若年女性の糖尿病にはメトホルミンはよいであろうと思い、できるだけ処方に組み込むようにしていたと思います。

 

そんな古い知識であったのではありますが、多嚢胞性卵巣の排卵障害に新たにメトホルミンが適応になりました。とお薬屋さんからの連絡を受けて、えええ!今まで適応じゃなかったの?周知の事実だったのではないの?!と驚きました。

 

糖尿病があれば、ちゃんと適応になるので間違った処方ではありませんし、肥満やインスリン抵抗性があれば、きちんとした適応をもって処方をしていることになりますが・・・

多嚢胞性卵巣の排卵障害に対して、今回初めて適応になったことに驚きました。

メトグルコはそれこそ1960年ごろから使用されているもので、かなり歴史あるお薬です。

上手に使えば大きな副作用もないように思いますし(シックデーの時の調節や投与できるかどうかの見極めが大事)安価でありながら、とても優秀なお薬です。

適応が広がることで、不妊に悩む多嚢胞性卵巣の方の治療が進むとよいなと思います。

もしかすると、2022年4月から不妊治療が保険適応になった部分もあり、適応が広がったのかもしれませんね。

 

驚きと同時に、当たり前のように感じていることでも日々医療は変わっていくのだなと感じたニュースでした。

 

週末、台風が直撃しそうですね。周りの田んぼは大慌てで稲刈りなど大変そうです。

台風の前後は怪我での来院も毎年数件ありますので、無理せず気を付けて備えてくださいね。

本日は午前診療です。よろしくお願いします。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする