シュガークイン日録3

吉川宏志のブログです。おもに短歌について書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンポジウムお知らせ(確定版)

2015年08月05日 | 日記

下記のシンポジウムを行います。ご都合がよろしければ、ご参加よろしくお願いいたします。

 

緊急シンポジウム

「時代の危機に抵抗する短歌」

日時:2015年9月27日(日曜) 午後2時~5時(開場1時30分)

場所:京都教育文化センター(京阪電車 神宮丸太町駅 5番口より東へ徒歩5分)

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-WAonha7QfQI/?utm_source=dd_spot

参加費:1500円

(定員 約100名)

 

安保法制など、憲法を揺るがす事態が起こっている現在、

私たちは何をどのように歌っていくのか。

近現代の短歌史を踏まえつつ、言葉の危機に抵抗する表現について考えます。

 

講演  三枝昂之  演題「時鳥啼くなと申す人もあり」

提言  永田和宏  「言葉の危機的状況を巡って」

鼎談   中津昌子・澤村斉美・黒瀬珂瀾 「戦後七十年の軋みのなかで」

 

 

★当日参加可能ですが、準備の都合上、なるべくお申込みください。

searain1969●gmail.com (●を@に置き換えてください)  吉川宏志

会場の関係で、机付きの席の数が限られております(50席)。机付きの席をご希望の方は、早めに予約お願いします。

 

主催:緊急シンポジウム「時代の危機に抵抗する短歌」実行委員会

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 第5回 クロストーク短歌 案内 | トップ | 第6回 クロストーク短歌の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事