青ペンのIT事情

我が家の、PC関連の事件を紹介していきます

東芝IH炊飯ジャー「RC-18PH」  時計のバックアップ電池を交換

2014年11月30日 18時57分38秒 | ハードウェア
毎朝ご飯を炊いてくれていた炊飯ジャーの時計が、表示されなくなりました。

カミさん曰く、「タイマーをセットするのに、時計をいちいち合わせてからじゃないとやれなくなった」そうです。
ACコンセントに差し込んでいるうちは大丈夫なんですが、コンセントを引っこ抜くと液晶が表示されなくなります。
時計の表示だけのためにコンセントに突っ込んでおくのももったいないので、お腹を開けることにしました。

2008年製なので、たぶん時計のバックアップ電池が消耗したものと思われます。 6年間・・・よく持った方だと思います。
一応IH炊飯ジャーも「デジ物」と言うことで、ここにアップしときます。

調べてみると、似たような症例がアップされているのを見つけました。
何も分からずにトライするよりも、ある程度の知識を入れておいた方が不要なトラブルに合わなくてすみますよね~

では、手術開始!!(笑)


炊飯ジャーを裏返しにして、ビス4本を外します




底蓋を外すと、コイルが見えてきました。
画像の左側(ファンのある方)を引っこ抜き、ビスを3本外すと基盤が出てきます。




問題のリチウム電池(CR2354)です。


御多分に漏れず、基板にハンダ付けされています。




リチウム電池を取り外して、代わりにリード線を出します。


100均で買ってきたCR2032のボタン電池をハンダ付けすると、液晶が全て表示されました。
下調べなしで液晶が全部表示されたら、壊したと思い込んでこの時点で諦めるかもしれません。(笑)




周りに接触して悪さをしないように、テープで覆います。 ついでに基板にも くっつけときます。



逆の工程で組み上げます。
ACコンセントに差し込んで時計を設定すると、普通の表示になりました。



家電製品は、大体10年を寿命と考えて購入されると思います。
リチウム電池の寿命は4~5年とされているので、時計表示が消えた時点で「壊れるの、早くない?」と思いながらも買い替えを考えざるをえません。
これは、「10年も使わせないぞ!!」と言うメーカーの企みでしょうか?(笑)
ウチの炊飯ジャーは、まだまだ働いてもらいます。




後日、液晶が全部表示してしまい また時計の設定をしなければならなくなりました。
中で電池のハンダ付けが外れて、また接触したんでしょう。

再度分解して、電池のハンダ付けを試みました。 今回はなかなかくっつかず、熱を与えすぎたのか破裂しました。
強烈な匂いです・・・・ 暫く、鼻から匂いが消えませんでした。(笑)

やはりラグ端子がついたリチウム電池にしよう思い、ネットで取り寄せました。


パナソニック コイン電池 CR2032 横型ラグ端子付き
クリエーター情報なし
パナソニック


端子にハンダは普通にくっつき、その後液晶表示に何の問題も起きなくなりました。

これでやっと、修理完了です。







コメント (3)   この記事についてブログを書く
« E5830のファームウェアをアッ... | トップ | 国際ブランド付きプリペイド... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考にやってみました。 (吊るし雲)
2019-04-28 12:13:24
大いに参考になりました。3合炊きのRC-6PGSです。電池が取り付けてある場所が違い、そこに電池用器具がありましたが、それにはハンダで直付けでした。次回の交換が簡単にできるように、リード線を出して、裏蓋をはずせば、すぐに電池が交換できるようにしました。リード線は電池に直付けにしましたが、小さなビニール袋をかぶせて置きました。
電池の半田付け、気を付けてくださいね (青ペン)
2019-04-28 17:11:57
ボタン電池に直接半田付けして熱を加えすぎると、私のように破裂しますから気を付けてくださいね。(笑)
リード線を長く出して、裏蓋を外せばすぐに電池交換できるようにしたのは良いアイデアですね。
今度ウチの電池が消耗したら、そうしようと思います。 その時にスペースが許せば、電池ソケットを使おうと思います。 そうすれば、破裂の危険は避けられますね。
追記 (吊るし雲)
2019-05-06 05:23:43
5.5合炊きのRC-10VSAでもやってみました。手順は同じですが、内部は別物でした。裏蓋をはずしたら、すぐに電池が見えました。非常に取りにくかったです。外観、内釜は3合炊きと同じようなのに、内部は非常に違っていました。別部署で担当、または別会社で製造されているのかと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハードウェア」カテゴリの最新記事