青ペンのIT事情

我が家の、PC関連の事件を紹介していきます

LL550/K をWindows10へアップグレード

2015年10月04日 19時09分19秒 | ソフトウェア
先日諦めたLL550/KのWin10へのアップグレードに成功したので、アップしときます。

前回引っかかっていたのはグラフィックドライバでしたので、AMDのサイトからRadeon X1200シリーズの一番新しいドライバをダウンロードしてきました。


Vistaの32bit用です



ここをクリックしてダウンロードします


そうすると、一番上の画像の 10-2_legacy_vista32-64_dd_ccc と言うファイルがダウンロードできます。


次に、LL550/KのWin7を先に作っておいたWin10のメディアでアップグレードします。


グラフィックドライバが充たる前のデバイスマネージャ


解像度は変更不可の1024×768です


10-2_legacy_vista32-64_dd_cccを実行すると







特にWindowsのバージョンに引っかかることなく、インストールすることができます。
デバイスマネージャのドライバの更新で、C:\ATI フォルダを指定してやると・・・・・


グラフィックドライバが充たりました


解像度も1280×800になっています。



felicaのドライバもサイトからダウンロードしてきます。



実行すると、ちゃと認識されます。




ちなみに、システムのプロパティ



以上、LL550/KをWindows10にアップグレードした経緯でした。

特に問題なく使用できていますが、もう1台のLL550/Gについては まだNICのドライバに四苦八苦しています。




<追記>

Windows10にアップグレードした当初、ブートの途中で「黒い画面にマウスポインタ」で止まってしまう症状が出ました。
電源ボタンを押してスリープ状態にしてから、もう1回電源ボタンを押してサインインすると普通に使えると言う状態です。

これは、電源オプションの「高速スタートアップ」を無効にすることで解決しました。


「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」で「電源ボタンの動作の選択」をクリック




「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック




「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して「変更の保存」をクリック



これで普通にブートするようになりましたが、コールドブートで 電源ボタンを押してからブートサウンドまで3分ほどかかります。
この3分は環境によって左右されると思いますので、参考までに・・・。

コメント (24)   この記事についてブログを書く
« Windows10にしてから、DVDド... | トップ | メインマシンをWindows10にし... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
LL550/K 32ビット→64ビットに変更は可能ですか? (森内)
2015-11-15 16:22:53
こんにちは!青ペン先生教えてください。このタイプのPCは32ビットですがHDDを1テラにして64ビットに変更することはできますか?CPUはTL60に換装済みです。できるなら64ビットにして使いたいと思っています。ただAMDのCPUはVmwareに対応していませんが
どうにかなるのでしょうか?少し情報があちこちで申し訳ございません。ぜひともお教えください
今度やってみます (青ペン)
2015-11-17 22:33:38
何も考えずに、当たり前のように32ビットをインストールしました。(笑)
64ビットでも、いけそうな気がしますね。
今度やってみます。
宿題を頂きました。 ありがとうございます。
LL550/Kウインドウズ10 (私も)
2016-02-24 15:30:09
こんにちは ウインドウズ10 32ビットやりました
しかしながら 起動してこんにちは~クルクルまではOK
そこからはマウスのやじるしのまま バックの画面が真っ暗です
スリープにして再起動で正常化しますね
青ペン先生は正常に起動してますでしょうか?
追記しておきます (青ペン)
2016-02-28 09:20:02
私も「黒い画面にマウスポインタ」、ありました。

電源オプションの「高速スタートアップ」を無効にして、解決しました。
後で、ここに追記しておきますね。
LL850/G XP→8.1 (森内良子)
2016-05-07 18:58:17
こんにちは1青ペン先生ご無沙汰しています。NECのLL850/G(XP)をWin8.1にしました。がしかしディスプレーがAMDRadeon X1200シリーズがインストールできません。何か良い方法があれば教えてください
再度確認してもらえますか? (青ペン)
2016-05-07 23:17:31
LL850/Gのチップセットは、調べてみるとATI社製 Radeon(R) Xpress 1250 / IXP460ですね。

ダウンロードしたドライバが

Radeon X12xx Series
   ↓
Radeon X1250

を選択してますか?

また、Win8.1のbit数(32bit 64bit)は合っていますか?

もう一度、確認してみてください。
ダウンロードしたドライバー (森内良子)
2016-05-08 10:04:54
お世話になります。Win8.1のbit数(64bit)ですが(32bit 64bit)対応ドライバーをインストールしようとしても駄目ですね。ファイヤーウォールを無効にしてもインストールできないです。ちなみに9-11_legacy_vista32-64_dd_ccc.exeです
どれかでも日かからないかと思い他も試しましたが駄目でした。CPUはT7200に換装しましてメモリは4GB突っ込みましたが3.25しか認識はされませんでしたSSD250です
ファイル名が違いますね・・・・ (青ペン)
2016-05-08 11:03:21
森内さんの条件で実際にダウンロードしてみると、10-2_legacy_vista32-64_dd_ccc が落ちてきますが・・・・。
WDM Integrated Driverの、10-2_legacy_vista32-64_wdmも使えませんかね?

当該サイトのAutomatically Detect and Install Your Driverと言うところで実機に合ったドライバが探せるツールautodetectutility.exe がダウンロードできるので、それを使ってみるのはどうでしょう?
インストール可能なコンポーネントが見つかりませんでした (森内良子)
2016-05-08 14:48:25
お世話になります。10-2_legacy_vista32-64_wdmもダメですね。最終的に”インストール可能なコンポーネントが見つかりませんでした”がWin10にアップグレードしましたがやはりだめですね。機種によっていろいろあるようですね。青ペン先生もし差支えなかったらメールいただけませんか?ほかにもいろいろ情報交換させてほしいこともあります。よろしくお願いいたします
インストールできました (森内良子)
2016-05-08 16:24:24
お世話になります。たぶんインストールできると思います。互換性のトラブルシューティングから入りましたら修正プログラムが出てコンポーネントがインストールできましたから大丈夫だと思われます。ところで青ペン先生はDynabookVistaの分解はしたことがありますか?私は趣味でやっているのですが3枚おろしは本当に難しいと思いますおかげで2台DynabookVistaシングルコアを壊しました。マザーボードを取り出すのは難しいと感じました。Vistaが来年サポート切れますので早めにアップグレードする人も出てくると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ソフトウェア」カテゴリの最新記事